クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

体力テストで己を知る

『自分がどこを強みにしているのかを知るのが大事』

Another weekend of spring Skiing

非常に暑い5月に








12 Leading Artists Come Together to Celebrate Lindsey Vonn



LINDSEY VONN
12 Leading Artists Come Together to Celebrate Lindsey Vonn
Lindsey Vonn needs no introduction. After a remarkable career that spanned 433 races, 82 world cup wins and 3 Olympic medals, she retired as one of the greatest skiers of all time earlier this year.
12人の一流の芸術家がリンジー・フォンを祝うために集まる
Lindsey Vonnに紹介は必要ありません。 433のレース、82のワールドカップ優勝、そして3つのオリンピックメダルを獲得した素晴らしいキャリアを経て、彼女は今年初めの史上最高のスキーヤーの一人として引退しました。

When paying tribute, sometimes words aren’t enough. To honor Lindsey’s 14-year partnership with the company, Red Bull decided to enlist the help of 12 unique artists, each with their own story of perseverance, set-backs and success, to highlight her accomplishments through a variety of creative expressions, spanning illustration, graphic design, collage, poetry and lettering.
賛辞を払うとき、時々言葉は十分ではありません。 Lindseyと14年間のパートナーシップを尊重するために、Red Bullは12人のユニークなアーティストの助けを借りて、それぞれが忍耐力、挫折、そして成功のストーリーを描き、さまざまな創造的表現を通して彼女の業績を浮き彫りにしました。 、グラフィックデザイン、コラージュ、詩、レタリング。

(Google翻訳)

夏を待つ、尾瀬

冬と夏の間・・・

ゴンドラも設置、中国の大型屋内スキー場が来月オープン



A massive new indoor snow centre in China, due to officially open next month, has had its ‘soft opening’.

Located in the Southern city of Guangzhou, population around 15 million, the centre originally named ‘The Cultural Tourism City’ was initiated by the Wanda Group, the same company that built the world’s largest indoor snow centre (by snow area) in Harbin, Northeast China, which opened in 2017.

The centre has four separate ski runs with a combined length of nearly 900 metres and what’s believed to be the world’s first indoor gondola lift.

The centre has four separate ski runs of 328m, 230m, 243m and 78 metres in length, however, in an unusual design feature, it is reported that the 328m and 78-metre slopes can be combined in one run via a flat 50-metre link area to create a 460-metre long descent.

The longest indoor ski slope of the 90 or so currently open indoor snow centres is in Germany at the Alpincentre with a 640-metre slope, but a longer slope is being built within the new Meydan One complex in Dubai, which has been variously reported as aiming to be between 750 and 1.2m in length.



Guangzhou is currently fifth in the world for slope length and due to drop to seventh when several other ‘under construction’ slopes open, but it is unlikely to lose its current second in the world for size, with 56,000sqm of snow-covered fun, behind Harbin, very soon.

The Guangzhou centre is expected to attract 20 million visitors per year, a big chunk of the Chinese president’s stated aim of getting 300 million Chinese people to try winter sports before the country hosts the Beijing Winter Olympics in 2022.

One of the challenges with this aim is that although China famously has a huge population, the vast majority live in the warm, flat, southern part of the country with no snow. This complex helps resolve that conundrum.

Besides skiing the indoor snow playground, described as a ‘4th generation indoor snow centre’ offers around 30 snow entertainment activities such as snow slides, skate park, ice bumper cars, ski rotator and Santa sleigh, which doesn’t require any special sport skills, providing fun and recreation for the whole family.

The facility uses an S6 snowmaking system from Italian company TechnoAlpin. The Italian-based company says the system is ideal for indoor snow conditions as the system means a new layer of snow can be created daily, ensuring optimum snow conditions even for large numbers of visitors.

今回はインドアゴンドラリフト付きの2番目の巨大インドアスノーセンターが中国でオープン

来月正式にオープンする予定である、中国の大規模な新しい屋内スノーセンターは、その「ソフトオープン」を持っています。

広州の南部の都市、人口約1500万人に位置する、もともと '文化観光都市'と名付けられたセンターは、北東部のハルビンに世界最大の屋内スノーセンターを(スノーエリアで)建設したWandaグループによって始められました。 2017年にオープンした中国。

センターには合計900メートルの長さを持つ4つの独立したスキーコースがあり、世界初の屋内ゴンドラリフトと考えられています。

センターには長さ328メートル、230メートル、243メートル、78メートルの4つの別々のスキーコースがありますが、珍しいデザインの特徴として、328メートルと78メートルのスロープをフラットな50メートルで1つのコースに組み合わせることができると報告されています460メートルの長い降下を作成するためのリンク領域。

現在90余りのオープンスノーセンターのうち最長の屋内スキー場は640メートルの斜面を持つAlpincentreのドイツにありますが、より長い斜面はドバイの新しいMeydan One複合施設内に建設されています。長さは750〜1.2mです。



広州は現在、斜面の長さが世界で5番目、建設中の斜面がいくつか開いているときには7番目に減少していますが、56,000平方メートルの雪に覆われた楽しみで現在の2番目の規模を失うことは考えにくいです。ハルビンの後ろで、すぐに。

広州センターには年間20,000万人の来場者が訪れると予想されており、2022年に北京冬季オリンピックが開催される前に、中国の大統領が述べた3億人の中国人にウィンタースポーツをやらせるという大きな目標があります。

この目的を達成するための課題の1つは、中国の人口が非常に多いにもかかわらず、大多数が雪の降らない暖かい平らな南部の国に住んでいるということです。この複合体はその難問を解決するのに役立ちます。

「第4世代屋内スノーセンター」と呼ばれる屋内スノープレイグラウンドのスキー以外に、スノースライド、スケートパーク、アイスバンパーカー、スキーローテーター、サンタそりなど、約30のスノーエンターテイメントアクティビティがあります。特別なスポーツスキルは必要ありません。家族全員に楽しさとレクリエーションを提供する。

この施設では、イタリアのTechnoAlpin社製のS6製雪システムを使用しています。このシステムは毎日新しい雪の層を作り出すことができるので、イタリアを拠点とする同社は、屋内の雪の状態に最適であると言っています。

(Google翻訳)

528292

シーズン終わり、身体を鍛えなおす

屋内ゲレンデでの基本練習

オーストリア女子高速系チーム、陸トレ合宿

過酷なSUPER Slalom

ペトラ・ブルホバ、今週末 Half Ironman RACEに参戦

片脚トレーニング

横手山・渋峠スキー場、ベストエフォートでコースを用意

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報