クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

Val d'Isere Giant Slalom, Behind Trainings and Competition

長野も大雪で交通乱れ 長野市内では真冬日に

 上空に非常に強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続く県内は10日も全域で雪が降った。北部や西側の地域を中心に大雪になり、交通機関にも影響が出た。長野地方気象台は中野飯山地域や北部山沿いを中心に11日明け方にかけて大雪になり、その後も雪の降りやすい状態が続くとして、同地域の一部に大雪警報を出して注意を呼びかけている。
 11日午前1時の積雪量は、小谷63センチ、白馬47センチ、野沢温泉、信濃町、飯山46センチ、大町25センチ、木曽郡木曽町開田高原20センチ、上田市菅平15センチ、長野13センチ。長野の10日の最高気温は氷点下0・7度、この冬初めて最高気温が0度未満の真冬日となった。
 JR東日本長野支社によると、大糸線は早朝に回送列車に電気系統の故障が発生したり、除雪に時間がかかったりし、始発から午後5時すぎまで信濃大町―南小谷間の運転を見合わせた。上下の普通8本が運休、特急など8本が部分運休した。また、午後7時15分ごろには同線信濃森上―白馬大池間で、雪で線路上に倒れていた木に下り普通列車が衝突。けが人はなかったが、上下の普通4本が運休、3本が部分運休した。
 県内は11日も上空に残る強い寒気の影響を受け、北部は明け方まで、山沿いは終日、雪の見込み。中部も昼前から夕方にかけて雪が降る所がある。
(信濃毎日新聞)

群馬県北部 今冬一番の積雪

img 群馬県内は10日、冬型の気圧配置で強い寒気が流れ込んだ影響で、沼田市など北部でこの冬一番の積雪となった。前橋地方気象台によると、午後7時時点での積雪量は藤原(みなかみ)が98センチとなった。藤原は同時点での24時間の降雪量が79センチで全国1位。前橋でも今季の初雪を観測した。
 その他の地域の積雪量はみなかみ57センチ、草津18センチなど。寒さも強まり、草津では氷点下8・3度、館林で同2・1度を記録するなど厳しい冷え込みとなった。
(上毛新聞)

魚沼182センチ 平年の8.6倍 (新潟)

0005085100022016s 強い寒気が流れ込んでいる新潟県内は、11日午前も中越の山沿いを中心にまとまった雪が降った。新潟地方気象台によると、午前11時現在の積雪は魚沼市(入広瀬)で平年の8・6倍の182センチ、十日町市で104センチに達した。大雪のピークは過ぎたものの、13日夜までは冬型の気圧配置が続き、雪の降りやすい状態が続く見込み。
 12日午前9時までの24時間降雪量は最大で下越の平地20センチ、山沿い40センチ、中越の平地40センチ、山沿い70センチ、上越の平地20センチ、山沿い50センチ、佐渡は5センチと予想される。
 東北電力新潟支店によると11日正午前、雪で倒れた樹木が電線を切断したことなどが原因で、加茂市、十日町市、南魚沼市などで延べ6067戸が一時停電した。
 県教育委員会によると11日午前、小千谷市の小学校1校が臨時休校。同市の高校2校が始業を遅らせた。
(新潟日報)


祝 向川桜子選手(R-Team) W杯出場へ

 12月4日〜7日に行われたファー・イーストカップ(中国・万龍スキー場)で好成績の結果を出した向川桜子選手(早稲田大学、Team ROSSIGNOL)がワールドカップへの出場権を獲得。
 次回、12月16日フランス・クーシュベル(Courchevel)で行われるGiant Slalomに出場する。


桜子選手のFEC中国での成績
<GS>
第1戦 1位 P 8.39
第2戦 2位 P 12.69
トータルポイント 10.54

<SL>
第1戦 2位 P 15.71
第2戦 2位 P 15.26
トータルポイント 15.48


皆さんも彼女の滑りを参考にイメージしていってください。

FEC中国GS一日目1本目


FEC中国GS一日目2本目


FEC中国SL一日目1本目


FEC中国SL一日目2本目


FEC中国SL二日目1本目


FEC中国SL二日目2本目



向川桜子ブログ さくらsmile
早稲田大学スキー部 オフィシャルサイト

クーシュベルスキー場Website
logo



新たな次元へと飛び込み、彼女に試練が待ち受けているかもしれないですが、頑張ってほしいですね。
さらに世界選手権、五輪へと、世界の大舞台をねらって活躍してくことを応援しています!

日本海側中心に大雪続く 平年積雪量の8倍を超す

 冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に大雪や高波の恐れがあるとして、気象庁は11日、大雪による交通障害や雪崩に注意を呼び掛けた。
 日本付近の冬型の気圧配置は、次第に緩みながら12日にかけて続く見込み。

201212110900-00
 気象庁によると、北日本から西日本の日本海側を中心に広い範囲で大雪となっている。ピークは越えたものの断続的に雪が降り大雪となる所がある。大阪では11日、平年より6日遅く初霜を観測した。
 11日午前9時現在の積雪は、新潟県魚沼市の入広瀬で180センチと平年の8・6倍。前日からの24時間で新たに約70センチ積もった。福島県只見町でも135センチ(平年の7・5倍)、北海道下川町131センチ(同4・4倍)を記録した。
 12日午前6時までの予想降雪量は、いずれも多い所で北陸70センチ、東北50センチ、北海道40センチ、関東甲信、東海、近畿、中国で30センチ。
(共同)

各スキー場で安全祈願 (長野・飯山)

3スキー場が安全祈願祭 野沢温泉・斑尾高原・木島平

 飯山地方にある野沢温泉スキー場(下高井郡野沢温泉村)、斑尾高原スキー場(飯山市、新潟県妙高市)、北信州木島平スキー場(同郡木島平村)で、8、9日に今季の安全祈願祭があった。近年は12月前半に雪が少ない年が続いていたが、ことしは降雪が早く、野沢温泉では4季ぶりに滑走できる状態で安全祈願祭を迎えた。

12121001 9日の野沢温泉スキー場。標高約1400メートルの祈願祭会場は約1メートルの積雪があり、県や村の観光関係者が見守る中、神事が行われた。ゲレンデは、全30コース中7コースが滑れる状態で、スキーやスノーボードの客でにぎわった。河野智春総支配人は「暖冬といわれていたが、ここへきて雪が多い予報となった」と喜んだ。

 斑尾高原は15日の本オープンを前に8、9日にリフト1本を動かした。今シーズンで50年目を迎える北信州木島平は、スキー場の営業期間中、小学生以下のリフト代を無料とすると発表した。

今冬一番の寒さ

 日本列島は10日、冬型の気圧配置が強まり、北日本から西日本の日本海側を中心に広い範囲で大雪となった。大雪は10日夜まで続く見込みで、気象庁は交通障害などへの警戒を呼びかけた。関東地方でも今冬一番の寒さとなった。
201212100600-00

 気象庁によると、本州付近の上空に非常に強い寒気が流れ込んだ影響で、北陸や東北地方の日本海側を中心に大荒れの天気となった。11日午前6時までの24時間に予想される降雪量は多いところで東北・北陸100センチ、関東甲信(長野)・近畿60センチ、北海道・中国50センチ、東海(岐阜)40センチ。
201212101215-00
201212101250-00
12121009

 10日に予想される最大風速は北海道23メートル、東北20メートル、北陸22メートル。最大瞬間風速は30〜35メートルに達する場所もあるという。
 一方、関東地方でも朝の冷え込みが厳しく、10日朝の最低気温は東京・八王子がマイナス3.8度、さいたま同3.9度、神奈川・小田原同0.3度、千葉・成田同5.3度など各地で氷点下を観測。いずれもこの冬の最低気温となった。
(日経新聞)

W杯 9日結果 (女子)

マゼが大回転3連勝

Maze

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は9日、スイスのサンモリッツで女子大回転第3戦が行われ、ティナ・マゼ(スロベニア)が2回の合計タイム2分11秒07で制し、この種目で開幕3連勝とした。今季4勝目でW杯通算15勝目。
 2位にビクトリア・レーベンスブルク(ドイツ)、3位にテサ・ウォルレイ(フランス)が入った。星瑞枝(湯之谷ク)は2回目に進めなかった。
(共同)

Maze1

Two Meters of Fresh Powder -Behind the Scenes of the Val d'Isere AUDI FIS Alpine Ski World Cup 2012

W杯 8日、9日結果 (男子)

ヒルシャーが今季初優勝 スキーW杯大回転第3戦

565 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は9日、フランスのバルディゼールで男子大回転第3戦を行い、昨季総合優勝した23歳のマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が合計1分54秒10で今季初勝利となる通算13勝目を挙げた。
 20歳の新鋭シュテファン・ルイツ(ドイツ)が1秒16差の2位で初めて表彰台に立ち、大回転で開幕2連勝していたテッド・リゲティ(米国)が3位で続いた。

222


アルペン、湯浅は2回目途中棄権 佐々木は2回目進めず

1212091

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は8日、フランスのバルディゼールで男子回転第2戦を行い、1回目に首位から2秒16遅れの28位だった湯浅直樹(スポーツアルペンク)は2回目に途中棄権した。
 全日本スキー連盟の強化指定から外れ、今季初のW杯を迎えた佐々木明(ICI石井スポーツ)は1回目に51秒54の49位に終わり、上位30人による2回目に進めなかった。
 21歳のアレクシス・パンテュロー(フランス)が合計1分36秒55で、ことし2月以来の通算2勝目を挙げた。フェリックス・ノイロイター(ドイツ)が2位、マルセル・ヒルシャー(オーストリア)が3位だった。

9日 練習会

1cd719a3.jpg

8cd491db.jpg

今日は時折、吹雪く天候で、寒さが身体に凍みる状況でしたが、最後まで頑張りました。
今日一日で滑りのイメージは出来上がりましたね!
長いコースを滑れたので、効率が良かったです。

9日 練習会

e8ded73e.jpg

1d1c7c92.jpg

0d3679e1.jpg

小海リエックスに来ています。
まわりは雪景色です。
ゲレンデも文句なしですね!

ジョギングクラブ

今月から、毎週末にスポ少サッカークラブ代表の発案で、子どもやご父兄の方たちとジョギングクラブを始めました。
ジョギングの部(6キロコース)とウォーキングの部(4キロコース)に別れて行っています。
毎回、20名弱のメンバーが集まって楽しく取り組んでいます。

efeeb996.jpg

今日は風が強く、向かい風のときは、大変でした!

週末 日本海側中心に大雪に

 強い冬型の気圧配置で大気の状態が非常に不安定となるため、週末の北陸と東北、北海道では暴風や吹雪、高波の恐れがあるとして、気象庁は8日、警戒を呼び掛けた。西日本から東北地方の日本海側を中心に広い範囲で大雪となる見込み。
 気象庁によると、日本海に前線を伴う低気圧があり、急速に発達しながら北東に進み、8日夜には北海道太平洋側に達する見込み。
 9日にかけて予想される最大風速は、北陸、東北、北海道で25メートル。波の高さは、北陸7メートル、近畿と東北、北海道で5メートル。
 9日6時までの24時間予想降雪量は、東北、北陸70センチ、東海50センチ、近畿30センチで、その後も降雪量はさらに増える見込み。(共同)
第56回全国中学校 スキー大会
『無限の力ここに 越後の舞台で光輝け』

poster

大会ホームページ

2019年2月4日(月)〜7日(木)
アルペン競技 苗場スキー場
第68回全国高等学校スキー大会
poster

『躍動 雪の華たち咲き誇れ 鹿角の風を切って』

アルペン会場:花輪スキー場ジャイアントコース
2019年2月8日(金) 〜 2月12日(火)

大会ホームページ
第74回国民体育大会冬季大会スキー競技会
『北国の 雪と氷に 刻む夢』

logo


会場:サッポロテイネ
日程:2019年2月14日(木)〜17日(日)


第74回 国民体育大会冬季大会スキー競技会ホームページ
第43回全日本マスターズスキー選手権
iwakura1

第43回全日本マスターズスキー選手権尾瀬片品大会公式サイト

https://oze-katashina.info/mastersski/

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報