クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

『マックアース30』 2014-2015スーパーシーズン券

スーパーシーズン券「マックアース30」が発売決定!


マックアースの全スキー場(30ヶ所近く)が滑走可能なシーズン券が、6月1日より登場。(一部オプション扱い)

マックアースグループのスキー場
 滑走可能コース 300コース以上!
 乗車可能リフト 150基以上!
 滑走可能日数 180日以上!(11月〜5月)
 これ1枚あれば、冬は完璧!


超お得!!驚きの早割り料金!!
■6月1日〜7月31日販売の超早割料金
 大人 55,555円
 子供 25,250円
 詳しくは、6月1日以降にスキー場ホームページをチェックしてください。


乗れるリフト日本一。
滑れるコース日本一。
滑走期間日本一。

リフト一本あたり
コース一キロあたりのコストパフォーマンス
日本一。

リフト一本あたり\400切るシーズン券。

アレックス・パンテュロー (VIDEO2)

黒岳リフト 夏山用に切り替え

黒岳ペアリフトは5月7日より、夏用に高さを替える切り替え工事中。
夏山リフトとしての運行再開は、5月30日を予定。



シーズン中の黒岳スキー場

オーストリア女子チーム合宿

いろいろなアクティビティにチャレンジしています。

AUT140525001
AUT140525002

高校生、4割がスマホで睡眠時間減る

 総務省が行ったインターネットへの依存傾向に関する調査を行い、高校生の6割が、1日に4時間以上インターネットを利用していることがわかった。依存度が高い生徒の場合、睡眠や勉強の時間が減ったり、学校に遅刻したりするケースも多かった。

 総務省情報通信政策研究所と橋元良明東大教授の研究室が共同で、都立高校154校を対象に今年1月調査を実施。約1万5000人から回答を得た。調査はネットの利用に関する20項目の設問を用意。回答を点数化し、依存度を「高」「中」「低」に分類した。

【ネット依存度】
 高いが生徒全体の4・6%(男子3・9%、女子5・2%)
 中が55・2%だった。
 ネット依存度「高」「中」を合わせると、約6割が1日4時間以上ネットを利用。

【ネット依存度「高」】
 スマートフォンを含む携帯電話の利用時間が1日4時間以上
 パソコンが約1時間半
 タブレット端末が約25分
 複数の端末を同時に使っているケースもあり、全体では6時間を超える。

【ネット依存度「中」】
 ネット利用時間は約4時間
 
【スマホの利用による影響】
 睡眠時間が減った・・・全体40・7% (依存度「高」の生徒は74・6%)
 勉強時間が減った・・・全体34・1% (依存度「高」の生徒は67・7%)

【依存度 「高」の生徒の特長】
 ネットのし過ぎで「ひきこもり気味になっている」・・・49%
 「学校に遅刻したり欠席したりしがちになっている」・・・35・8%

【1日あたりのネット依存時間】
 スマホはLINE(ライン)などの「ソーシャルメディア」・・・57・2分
 パソコンやタブレットは「動画投稿サイト」・・・22・9分

かぐら、渋峠 シーズン納め

本日(25日)をもって、かぐらスキー場、渋峠スキー場は営業終了です。

かぐら140525011

渋峠140525010

カレンダーの関係で例年より少し早目のクローズ。
残雪量を見ると、まだ、もう少しはハイクアップでの滑走も可能な気がします。

残るは、
月山(山形)、黒岳(北海道)ですかね・・・
マニアには残雪を利用したスキー場やマチガ沢なども・・・
あとは、
乗鞍、立山、御嶽・・・

御岳ロープウェイ、営業開始

title-logo

ropetoppage0521

 御岳山麓と七合目を結ぶ御岳ロープウェイが24日から今季の営業を始めた。
 標高2500メートルの飯森高原駅までは、ゴンドラで約15分。七合目より上は雪が多く残り、スキーを持った人たちはさらに先を目指し、散策目的の観光客は残雪の山々や眼下に広がる新緑を眺めた。
140524201
140524202

 御嶽山は例年に比べ積雪が多く、現在7合目飯森高原駅からの登山道は全て雪の下になっている。天候状況により真冬並みの寒さになる時があり、雪質もアイスバーン状態の場合もある。遭難事故も今シーズンすでに4件発生しており、滑落2件(2件とも死亡)、道迷い2件。(平成26年5月23日現在)
 登山初心者、バックカントリーの場合スキー技術の未熟な方は登山を遠慮するよう訴えている。

スティーブ・ミシリエ フィッシャーと2年契約

Steve Missillier 140525001

ソチ五輪大回転で銀メダルを獲得したフランスのスティーブ・ミシリエ選手がサロモンからマティリアルチェンジをしてフィッシャーと2年契約をした。
「これまでに入念なマティリアルテストを繰り返し、その結果からマティリアルチェンジを行った」とのことで、彼は今回のフィッシャーとの信頼関係は厚いとみられる。
フランスチームからは、ファナラ、グランジェ、リゼルーと今回のミシリエがフィッシャーチームに加わることになった。

Steve Missillier 140525002
Steve Missillier 140525003

Q: You have just signed a two-year contract with the Austrian family-owned company Fischer Sports.What motivated you to do this?
A: The main motivation is obviously to find the best ski. I tested the Fischer skis out of curiosity and then I discovered a different feeling, which is very important to me. Team Fischer is very professional. The French team has great skiers to work on development.

Q: At the Olympic Games in Sochi you won the silver medal in GS – how did this feel and were you expecting it?
A: It was a great feeling and a great surprise. My chance was there for the taking, even though I had never made the podium in giant slalom (my best place was four at Soelden). I took this chance and it worked. This is a great reward for all those years of work.

Q: Alpine skiing fans can look forward to Ski World Championships again in the upcoming season in Vail/Beaver Creek (USA).What are your goals for 14/15?
A: My goals for next season are to (move) up on the classification World Cup, regularly making the podium in slalom and giant slalom. My goal for the World Championship is to try to win a medal — but I also want to have fun skiing.

Q: When one season ends, another begins.What are your plans for the coming months?
A: I have a few vacation days and then some fitness training. I will be skiing in Val d’Isere in June and then something unusual: we will be flying to Qatar for the physical preparation once everything is confirmed. To sum up, things will get serious again pretty soon.

Q: Fischer Sports celebrates its 90th anniversary this year. Is there anything you would like to say to your new ski company?
A: I hope they sell as much equipment as possible and continue to make very good quality skis. I also wish them lots of success and thank you for accepting me as part of the Fischer Racing Family.

アレックス・パンテュロー (VIDEO)

パンテュローを中心にフランスチームのオフシーズンでのトレーニングを追った映像です。

I・コステリッチ選手、ご結婚

おめでとうございます

image



ちなみに
コステリッチ選手の氷河トレーニング(5月)での滑りです。
セッターは、もちろんパパ(アンテさん)?



トレーニングだからでしょうか・・・
ポールインパクトの音を聞いているだけで、
変わったリズム変化のポールセットなのが、
わかります。

「なるほど・・・弱勝戦法」

土曜ドラマ「弱くても勝てます」を何気なく、見てみていた・・・


このドラマの原作は、あの有名進学校「開成高校・野球部」をモデルにしたもの。
野球部の監督、青木秀憲氏の発想が、実にユニーク。
「普通にやっていたら勝てるわけがない。弱者はギャンブルを仕掛けるしかない」
練習時間、グランドや施設、すべてが不十分。
守備より打撃。サインプレーなし。送りバントなし。
どさくさで大量得点取って、打ち勝つ!
東大進学率1位の秀才たちが辿りついた結論は、高校野球の常識を覆す大胆なセオリーだった。

高校野球の激戦区である東東京でベスト16、32などに進むまでに育てた監督の手腕とは?

青木秀憲氏は1971年生まれ。
学歴は群馬県立太田高校卒業後、東大教育学部・体育学健康教育学科スポーツ科学専攻。
高校、大学時代とも野球部に在籍。
1999年〜開成中学高校の保健体育教諭となり、野球部監督に就任。

開成高校は、32年連続で東大合格者数No.1を誇る中高一貫のエリート校。
勉強一筋ではなく、部活動も普通に行わていて、
生徒たちは受験勉強に専念する3年生の5月までは部活動をしている。
ただし、学校のグランドが狭く、他部活動と共用するために全体練習ができるのが週1回の2時間のみ。
そんな開成野球部の選手は、「守備が異常に弱く、体つきも一般高校球児より小柄」なため、
普通の練習では、他の競合校に太刀打ちできないレベルの弱さだった。
当時の選手たちは、内野手より打者から遠い外野手がよく、キャッチボールでも球が取れないレベル。

青木監督が取り入れた野球とは・・・
 ・全体練習ではバッティングのみ
 ・その他の練習は、自習性を重んじる校風を取り入れ、監督の練習メモを参考に自主練
 ・勝利戦法は、どさくさに紛れて勝つ
 ・野球をしようとするな
 ・ピッチャーしようとするな
 ・送りバントはしない
 ・野球をたのしむ
 ・(勝つために)理論的に考えて練習をする

一か八か、10点まで取られる前提で、
それ以上の点数を相手チームから取りコールド勝ちへ持っていく。
したがって、開成高校の結果はコールド勝ちか、コールド負け。
 【2005年度 東東京都大会のスコア】(この年は、対戦 くじ運も良く、コールド勝ち)
  1回戦 開成10ー2都立科学技術高校(7回コールド)
  2回戦 開成13ー3都立八丈高校(5回コールド)
  3回戦 開成14ー3都立九段高校(7回コールド)
  4回戦 開成9 ー5都立淵江高校
  5回戦 国士舘高校10ー3開成(7回コールド)


まず、弱いところを認める。
そんな短所があってもいいから、
それをカバーできるほどに自分たちの長所の伸ばす。

送りバントして1点を積み上げるより、
空振りしてでも、球を遠くに飛ばしすことに頑張って、
野球を楽しんだほうがよい。


なるほど・・・と思った。

ふたたび、トヨタ店へ

先日のオーバーホール時に12か月点検を忘れられたので、ふたたびドック入り。
あれだけ、いじったので特に異常なし。
オイル交換をして、これでエンジンまわりはリフレッシュしました。
image

山菜で基準値を超える放射性セシウム 野沢温泉村

コシアブラ 長野県下高井郡野沢温泉村の山林で採取したコシアブラ1検体から、国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える1キロ当たり110ベクレルの放射性セシウムを検出。
 19〜21日に採取し、県環境保全研究所(長野市)で調べた結果で分かった。野沢温泉村産のコシアブラの採取、出荷、摂取の自粛を呼び掛けている。
 山菜で基準値を超える放射性セシウムが検出されたのは昨年6月以降、3市町村目となる。

◆長野県内で山菜から放射性セシウムが検出したもの
<基準値を超えるもの>
 北佐久郡軽井沢町のコシアブラとタラノメ
 長野市のコシアブラ
 野沢温泉村産のコシアブラ
<基準値は超えないもの>
 下高井郡木島平村 コシアブラ各1検体から1キロ当たり52ベクレル
 千曲市 コシアブラ各1検体から1キロ当たり15ベクレル
 上水内郡小川村のコシアブラ各1検体から1キロ当たり10ベクレル
 野沢温泉村のタラノメ1検体から10ベクレル

◆同様の検査で検出しなかった地域のもの
 埴科郡坂城町のコシアブラ1検体、
 千曲市、坂城町、上高井郡小布施町、上田市のタラノメ各1検体

ブリヂストン、五輪TOPスポンサー

 国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサー(TOPスポンサー)に、ブリヂストンが内定した。
2016年リオデジャネイロ五輪からの10年契約で契約金の総額は約350億円(推定)。

 TOPスポンサーは、自社製品の広告や宣伝の際に五輪シンボルマークを世界中で独占的に使用できる。1業種1社限定で、五輪開催中や準備期間では、物資や選手を輸送する車両タイヤの納入優先権も持つ。ブリヂストンは世界で11社目。

 日本のバブル時代の1980年代には、パナソニック、ブラザー工業、リコーの3社が日本企業としてTOPスポンサーとして契約していた。現在はパナソニック(24年まで契約)のみ。

 2020年に東京五輪が開催されるため、日本企業としては宣伝効果が高くなる。

初夏のスキー日和

渋峠、かぐら、月山

どこのスキー場も好転に恵まれ、絶好のスキー日和となっています。


渋峠140524かぐら140524月山140524
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
グローバル指導者セミナー
170619001

livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報