クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

全中スキー大会(Live )

028ec90e.jpg1本目、32位でした。
2本目で、更なる躍進を・・・

コンディションは抜群です!

全中スキー大会(Live )

efab8b9e.jpgナツミ、1本目。
1:13.79
85名中、30位前後辺り。
2本目、
1番スタートか、31番スタートか
微妙。

全中スキー大会(Live )

ナツミ、1本目終了。
15b17214.jpg0e571425.jpg

全中スキー大会(Live )

競技スタートしました。
ナツミは、ビブ43。
いつもように、少し緊張気味?
頑張れ!
f22df1a9.jpg780f2a7d.jpge311dda3.jpg















8eb3083b.jpg2110a05e.jpg




トップ選手達の勢力図。
波乱があるかも・・・。

全中スキー大会(Live )

1本目、インスペクション開始。
ロングコースです。
249acb4f.jpg536da6a9.jpg19c6caa6.jpg

全中スキー大会(Live )

ほうの木平に来ています。
選手は、7時前からアップに入っています。
b05bd606.jpg3a044405.jpg

目標の分析

まずは、
このブログの「北海道に無事到着!」を読んでください。

記事の途中、
「予選を突破したとき、インターハイに向け、きっと自分自身の目標を立てたことと思います。その目標をクリアできましたか?」
・・・以下、その問いについて、

常日頃、皆に伝えていること・・・
やっぱり、どのコーチも同じことを言っている。

そろそろ感じ取って、行動に移してくれないかなぁ〜

来シーズンに向けて、周りは始動し始めてるよ!

全中大会

全中の競技が始まった。
今日は、男女SL。

ナツミは、50位に終わった。(女子リザルト)

自己目標は達成できなかったが、対前年より順位の進歩はあった。

本人は、「ズタズタ」だったらしい・・・。
でも、
「精一杯やってミスなしだったけど、この結果」よりは、技術的に欠点を自覚できているから、
きっと、まだ上は目指せると思う。

今回の貴重な経験を大切に、
また、練習で力をつけ、より上のレベルで戦える実力をつけて欲しい!

インターハイ・全中に関するいろいろな情報を集約してみると、
競技を終えて晴々とした気持ちの選手はごく僅か・・・
ほとんどの選手は、悔しい思いをして、競技を終えている。

この試練は、
全国大会への切符を手に出来なかった選手も、今回、全国大会で目標達成できなかった選手も、
基本的には同じ心境に陥る。

結局、
突き詰めれば、勝者は1人だけなのだから・・・。
勝ちを追い求めるための試練を乗り越えてこそ、その先が見えてくるはず・・・。

だから、
いつも全力で、悔いなく。
そして、
自分だけにコースをクローズして、思い切り滑れることを楽しんでスキーをして欲しい。

明日、女子はオフ。

GSは、現場で選手たちの熱意を感じたいと思う。

Plateau(プラトー)

「プラトー」
こんな言葉を知っているだろうか?
少し、考えてみたいと思います…

どんなにすばらしい芸を身につけている達人でも、極みに達するまでには平坦な道を歩いてきたわけではないと思います。1つのことを身につけるまでには、挫折やスランプなどがあります。
ブライアントハーターという心理学者は、1つの技術を習得するには、意識とは無関係に、進歩が止まる ”踊り場”があることを突き止めました。これを、「練習の階級説」と呼び、技術は直線的に向上するのではなく、 ある段階に達すると「練習の高原(プラトー)」と呼ばれるいわゆるスランプに陥ります。横軸に時間、縦軸に達成度をとる学習曲線で見ると、この時期の曲線形がプラトー(高原)状態になっているため、このように呼びます。プラトーはどんなに才能がある人でも、避けて通ることができない道であって、そこさえ通り抜けることができれば技術はまた進歩する、というのが彼の説です。 言ってみれば、スランプは次なる進歩のための充電期間といったところでしょうか。この現象の出現する原因としては、課題に対する動機づけ(やる気)の低下、適切な学習方法の獲得の失敗、大きな練習単位への移行の困難さなどが指摘されています。

将来有望としてプロの世界に足を踏み入れたルーキーがいつのまにかいなくなってた・・・、 なんて話はけっこうありますよね。そのほとんどが、スランプから抜け出せなくなって、そのまま表舞台に 出れずに終わった人だと思います。最近のメディアはスランプに陥るとバシバシ叩きまくりますからねぇ。 スランプに陥ってる人がいたら、周囲の人はあたたかく見守って欲しいものです。 また、スランプに陥ったら充電期間に十分充電して、這い上がるための機会をじっくりうかがいましょう。

今日から

インターハイが始まった・・・
女子GSの結果が載っている。

馴染みのある選手が、どうだったのか?
その選手たちが、
普段得意とする技術が生かせていたのか?
失敗したのか?
もし、
自分が出ていたらどのポジションだったのか?
B級大会などの戦歴含めて、総合的に分析して欲しい。
大会コースのプロフィールもHPに載っているし、
大会結果の旗門数と各選手のタイムからセット状況も判るはず。

そこから、自分の進むべき答えが見えてくると思う。

そんなこと、言われなくても見ていたよね!
明日は男子GS。

C.A練習会No.8 (Live)

本日、GSトレーニングです。
基本動作を中心に行っています。
87699eb0.jpg





d8376306.jpg3a73331c.jpg63439e21.jpg

そして、晴れに

午後は一転、晴れています。 今のうちに先週、白樺に上げた資材、降ろさなきゃ・・・。 明日、上のリフト、動かないかも…だからね!b2535457.jpg

雪に・・・

6e048fd2.jpg山頂付近は、
雪に変わってきました。
雪質は、
滑りにくくは無いですが、
柔らかくも、硬くもない、
あの月山の感じ?

そうこうしている間に、
時折、吹雪に・・・。

雨・・・

9969c4e0.jpgあいにくの天候です。
こういう時にも、大会があったりしますので、想定してトレーニングです。

やっぱり笑顔がいいね!

L7040007
こちらも朗報!
3兄弟、揃って1位。
実現できそうで、
出来ない快挙。


これを勝ち癖に、立て直すぞ!

でも、
前回の大会結果・・・
悪くない、部分もあったよね?
2本まとめられなかったり、
あとコンマ何秒・・・
このコーディネイトが、最後重要なんだけどね。
この部分は普段、
どれだけ真剣に苦しいトレーニングを積んでいるか?で
差が出て来るんだと思う。
結局、精神面・・・
普段から自分を追い込んで
そこから這い上がる『安定力』を持っているのか?を・・・
と、思う。
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報