クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

アルペンチルドレン競技会 群馬県大会 第1戦 (リザルト)

K2 男子

K2 女子

K1 男子

K1 女子

B 男子

B 女子

A 男子

A 女子

スキー競技人口の減少続く (青森)

 五輪選手を多数輩出し、かつては「スキー王国」として数々の栄光の歴史を刻んだ本県だが、近年は少子化などの影響で、競技人口の減少が止まらない。県スキー連盟によると、12日に開幕した県中学、高校大会の参加者数は過去最少となった。関係者から将来を懸念する声が上がる中、競技人口の裾野を少しでも広げて若手選手を育成し、地盤沈下に歯止めをかけて“王国復活”を目指す、地道な取り組みも始まっている。

0113d 県スキー連盟によると、本年度の県中学、高校大会の出場選手は計138人。10年前の2003年の230人に比べると、4割減った。弘前工業高校男子スキー部は、人数不足でチームが組めず、数十年ぶりに距離リレー出場を見送った。山田達也同部監督は「他の運動部員に声を掛けるなど手を尽くしたが、集まらなかった」と嘆く。

 県スキー連盟ジャンプ委員長で、五所川原農林高校スキー部のコーチを務める山中孝弘さんも「このままだと5、6年後には県内のジャンプ選手はいなくなる。危機的な状況だ」と懸念する。

 多くの競技関係者は選手数の減少について、少子化に加え、費用負担を主な要因に挙げる。例えばクロスカントリーの場合、クラシカルとフリースタイルの用具それぞれ1式ずつをそろえると、20万円ほど掛かるという。

 選手層を少しでも厚くするとともに、経済的な問題をクリアするためには、地域の団結が欠かせない。毎年のように全国レベルの選手を輩出している野辺地町では、学校の枠を超えた取り組みを続けている。

 地元の関係者が04年、「野辺地クロスカントリースキークラブ」を組織。小学生約45人が所属し練習に励んでいる。コーチたちは中学校や高校にも赴いて指導に当たっており、地域ぐるみの“一貫教育”体制が整っている。用具も互いに融通して使い回すなど、協力し合っている。

 野辺地中3年だった当時の11年度国体クロスカントリー少年女子で優勝した、野辺地高1年の松舘香奈選手もクラブ出身者の一人。同校スキー部は12年度、1年生が新たに6人(男子4人、女子2人)入部し、部員数が計11人(男子7人、女子4人)と久しぶりに増加した。4年ぶりに女子リレー種目にも参加可能となった。

 同クラブ発足に携わった県スキー連盟競技副本部長の安村英彦さんは「かつてとは違い、これからは競技関係者、学校、保護者が協力し、県全体で強い選手を出していかなければならない」と指摘。そのために若手の指導者育成が必要だといい「現役選手たちが将来、地元で指導者をやりたいと思ってくれるような環境づくりに努めたい」と話している。

(東奥日報)

山形県総合スキー大会 開幕 (記事)

 スキーの県総合大会、県高校大会は13日、上山市のZAOたいらぐらで開会式を行った。県総合大会は第68回国民体育大会冬季大会と第91回全日本選手権、県高校大会は全国高校総体の各県予選を兼ねる。競技はきょう14日から始まり、全国切符を懸けた熱戦が繰り広げられる。

 開会式には距離陣を中心に約80人が出席。菅義治県スキー連盟会長が、本県で来年2月開催の国体スキー競技会「やまがた樹氷国体」のリハーサルを兼ねた重要な大会と位置付けた上で「自信を持って挑み、県民の元気につながるレースを期待している」とあいさつ。佐藤和彦県体育協会常務理事、遠藤啓司県高校体育連盟会長が激励した。

yamagata 選手を代表し、真室川高の距離女子主将の斎藤里穂が「春先から積んできたトレーニングの成果を十二分に発揮し、感謝の気持ちを込めて最後まで全力で滑り抜く」と力強く宣誓した。

 各競技は14〜26日に行い、山形市の蔵王温泉スキー場と上山市の坊平高原クロスカントリー競技場が会場。第1日の14日は距離のフリーを実施する。
(山形新聞)

第62回岩手県高等学校スキー大会 (リザルト)

 スラローム 男子
 スラローム 女子

 ジャイアントスラローム 男子
 ジャイアントスラローム 女子


 第62回県中学校、高校スキー大会と県選手権(ノルディック)は12日、八幡平市の安比高原スキー場で男女の回転を行った。
 高校は男子回転の小松悠平(平舘2年)が2回目に43秒98のラップを奪って逆転優勝し、女子回転は上村果(このみ)(盛岡農3年)が制した。。
 中学校は、男子回転は駒木智成(奥中山3年)、女子回転は早川和(岩手大付2年)が制した。


 第62回県中学校、県高校スキー大会最終日は14日、高校男子大回転は、小松悠平(平舘2年)が回転に続いて優勝し2種目制覇。女子は久保田美鈴(盛岡農3年)が1、2回目ともラップタイムを刻み快勝した。
kubota
2本ともラップを奪う気迫の滑りで優勝した久保田美鈴(盛岡農)

(岩手日報より引用・編集)

第63回青森県中学校スキー大会 (記事)

第63回県中学校スキー大会は13日、14日、大鰐町の大鰐温泉スキー場で男女の大回転と回転を行った。

 大回転の男子は山田椋喬(聖愛中)が2本ともラップを奪い2連覇を達成。女子は2本とも2位につけた佐藤春香(田舎館)が初優勝した。

 回転の男子は、中平賢郷(田子)が2本ともラップを奪い初優勝。女子は佐藤春香(田舎館)が制し、大回転に続いて大会2冠に輝いた。

(東奥日報)

第65回青森県高校スキー大会 (リザルト)

第65回県高校スキー大会は13日、14日、大鰐町の大鰐温泉スキー場で男女の大回転と回転を行った。

 大回転の男子は丸山佳祐(東奥義塾)が1、2回目ともラップを奪い初優勝。女子は四戸知佳(柴田女子)が2回ともラップで、2連覇を達成した。
青森高校_男子GS
青森高校_女子GS



 回転の男子は1、2回目ともラップを奪った切久保玲旺(東奥義塾)が初優勝。女子は四戸知佳(柴田女子)が昨年覇者の塚本慧子(聖愛高)を抑え、大回転に続き2冠を達成した。
青森高校_男子SL
青森高校_女子SL


(東奥日報)

第58回秋田県高校総体スキー競技会 (記事)

女子回転・沼森(花輪)が初優勝

130114001第58回県高校総体スキー競技会第3日は14日、鹿角市の花輪スキー場で男女5種目を行った。
男子回転は松本匡史(角館3年)、女子回転は沼森春奈(花輪2年)がいずれも初優勝。










男子大回転で角館・小嶋が初優勝

130113001 第58回県高校総体スキー競技会第2日は13日、鹿角市の花輪スキー場で男女5種目を行った。
 男子大回転は小嶋貫太(角館1年)、女子大回転は田村彩華(花輪2年)が共に初の栄冠に輝き、純飛躍は小山内鴻佑(花輪1年)が初の頂点に立った。










全国目指し全力誓う 全県高校スキー、鹿角で開会式
130112001 第58回県高校総体スキー競技会は12日、鹿角市の鹿角トレーニングセンター・アルパスで開会式を行い、開幕した。大会には8校から72人(男子41人、女子31人)がエントリー。2月5〜10日に札幌市で開かれる第62回全国高校スキー大会(インターハイ)の出場を目指し、16日まで男女12種目で熱戦を繰り広げる。

 開会式には選手、監督ら約80人が出席。一関雅裕・県高体連スキー専門部会長は「若いエネルギーを爆発させ、夏場に黙々とトレーニングに励み、培った実力を雪上で開花させてほしい」とあいさつ。県スキー連盟の鈴木洋一会長が「この大会から世界で活躍する選手が巣立つことを期待している。より高いステージを目指して頑張ってほしい」と激励した。

 選手を代表し、花輪の石井洸平主将(3年)が「全県の強豪と競い、互いに高め合いながら、最後まで正々堂々と全力で戦う」と宣誓した。
(秋田魁新聞)

第45回北海道中学校スキー大会 (アルペン・結果)

 大回転(男子・女子)

 回転(男子・女子)

関越道 通行止め

dc32dbaa.jpg
雪のため首都圏内の高速道が通行止めとなっています。
仕方なく、北関東道から伊勢崎抜けて、下道を走ってますが、いよいよ渋滞にハマってきました。
はたして、今日中に帰宅できるのでしょうか?

埼玉県には入りました。

CH B級 群馬県チルドレン 第1戦

3a4d620e.jpg

d8ecd0ee.jpg

6a80faf6.jpg

K2男子 2本目 結果速報


レース速報(PC版)
レース速報(携帯版)



杉山(前橋鎌倉中)制す・県アルペンチルドレン競技会  (上毛新聞)

img スキーの第3回アルペンチルドレン競技会県大会が14日、片品村のスノーパーク尾瀬戸倉で開幕し、第1戦の大回転を行った。A(小学1、2年)、B(同3、4年)、K1(同5、6年)、K2(中学1年〜高校1年の早生まれ)の4つの年齢区分で争われ、K2女子は杉山文袈(前橋鎌倉中)が制した。


男子は、東京・本部選手が優勝しましたので、記事にされませんね!

CH B級 群馬県チルドレン 第1戦

441260bd.jpg

c40fde8e.jpg

K2女子 2本目 結果速報

CH B級 群馬県チルドレン 第1戦

72b2219f.jpg
K2女子 2本目 スタート

CH B級 群馬県チルドレン 第1戦

a6043e06.jpg

9b3c8b2e.jpg

K2男子 1本目 結果速報

CH B級 群馬県チルドレン 第1戦

25d213eb.jpg

15eb28de.jpg

K2女子 1本目 結果速報

CH B級 群馬県チルドレン 第1戦

56fa91ea.jpg

c5351081.jpg

f45badbc.jpg

K2男子 1本目 スタート
第55回全国中学校 スキー大会
poster


http://www.55zenchuskikazuno.com/index.html

2月9日(金) 男女スラローム

2月10日(土) 男子ジャイアントスラローム

2月11日(日) 女子ジャイアントスラローム

競技会場:秋田県・花輪スキー場
サポートファクトリー オーレ
b261b50a


Alpine Race Net - Racing Report
アルペンチームジャパン 公式サイト
SAJ 競技データバンク
SAJ
バナーをクリックするとSAJにリンクします。
17-18 競技規則 (用品規則)
17-18-AL-Material_ページ_1

17-18-AL-Material_ページ_2
グローバル指導者セミナー
170619001

tozan
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
ガソリン価格情報

gogo.gs
お天気情報