クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

東京では「日照時間3時間未満」過去最長の19日

Grasski Children Camp



Who else is daydreaming about skiing again these days?

月山、まだ滑走可能

えっ、冬?



ミカエラ・シフリン、最高のシーズンを終えて これからは?

Mikaela Shiffrin, after the best season of her career, ponders what’s next
ミカエラシフリンは、彼女のキャリアの最高のシーズンの後、次は何を考えています

Mikaela Shiffrin, coming off what she said was the best season of her career (the stats back it up), sat down with OlympicTalk to reflect on last winter and look ahead to next season.
ミカエラ・シフリンは、自分のキャリアの中で最高のシーズンであると言っていたこと(統計はそれをバックアップしています)から、昨年の冬を振り返って次のシーズンを楽しみにしていました。

Shiffrin spoke at a Hudson Yards high-rise in Manhattan before an event as a Longines Ambassador to launch a Conquest Classic watch collection. Interview is lightly edited for clarity.
シフリンは、マンハッタンのハドソンヤード高層ビルで、Longines AmbassadorとしてのConquest Classicウォッチコレクションを発表するイベントの前に講演しました。インタビューは明快さのためにわずかに編集されます。

OlympicTalk: Seventeen World Cup wins, two world titles and four crystal globes. Best season of your career?
オリンピックトーク:ワールドカップで17回、ワールドタイトルで2回、クリスタルグローブで4回優勝しました。あなたのキャリアの最高のシーズン?

Shiffrin: Yeah, for sure. As far as every World Cup season goes, I measure my success off of my results. I kind of judge my skiing itself how I’m training, my technique and tactics, but the races are the best checkpoint to see how everything’s going. For sure it was my best season results-wise. I also felt quite a bit more comfortable this season with everything than I have the past few years. I don’t know if it was about coming off of an Olympic season and feeling like I sort of let go of the control I had been trying to grasp onto. I was like, you know what, anything can happen so I might as well try to enjoy this a little bit more.
Shiffrin:ええ、もちろんです。すべてのワールドカップシーズンに関して、私は自分の結果から自分の成功を測定します。私は自分のスキー自体を自分のトレーニングの仕方、テクニック、戦術などで判断していますが、レースはすべてがどのように進行しているかを知るための最良のチェックポイントです。確かにそれは私にとってベストシーズンの結果であった。私はまた、過去数年間に比べて、今シーズンのすべてについてかなり快適に感じました。それがオリンピックのシーズンから脱却することに関係しているのかどうか、そして私が把握しようとしていたコントロールを手放すように感じているのかどうか、私は知りません。私は好きだった、あなたは何を知っている、何かが起こる可能性があるので私は同様にもう少しこれを楽しむことを試みるかもしれない。

OlympicTalk: Was the slalom world title, overcoming illness, the most memorable race?
オリンピックトーク:スラローム世界のタイトルは、病気を克服し、最も記憶に残るレースでしたか?

Shiffrin: That’s definitely on the top of the list. I think there’s a few races that I’m going to remember, for sure the final giant slalom race in conjunction with winning the GS globe [for the first time]. My first super-G win. Winning the super-G at world championships as well. The slalom at world championships comes to the top of my head this season, but also in my career. The slalom was big for me because it was pushing through pain at a level that I really hadn’t experienced before. I’m used to pushing through aches and pains and some kind of discomfort, and I’ve raced sick many times, that’s not a problem. But the way that I felt for this race and not being able breathe and all of these pieces.
Shiffrin:それは間違いなくリストのトップにあります。私が覚えておくべき少数のレースがあると思います、確かに最後の巨大なスラロームレースはGS世界に勝つことに関連しています[初めて]。私の最初のスーパーGの勝利。世界選手権でもスーパーGを獲得。世界選手権でのスラロームは、今シーズンだけでなく、私のキャリアの中でもトップになりました。スラロームは、私がこれまで経験したことのないレベルで痛みを押しのけていたので、私にとって大きなものでした。私は痛みや痛み、ある種の不快感を乗り越えることに慣れてきましたが、私は何度も病気にかかっていますが、それは問題ではありません。しかし、私がこのレースのために感じたこと、そして呼吸できないこと、そしてこれらすべてのこと。

OlympicTalk: Was that the biggest obstacle you’ve faced in your career?
オリンピックトーク:それはあなたがキャリアにおいて直面していた最大の障害でしたか?

Shiffrin: It’s sort of like ranking races. Ranking obstacles is a similar [tough] thing. Probably the struggles that I’ve dealt with anxiety have been more of the most ongoing struggles. This past season has been one of my most enjoyable even with, in some ways, more pressure. I felt like rather than ignoring that pressure I was able to accept it and then deal with it. It’s sort of rather than putting a Band-Aid on a wound, you’re actually just healing it and figuring out a way to accept whatever external forces are going on.
シフリン:それはレースのようなものです。障害物をランク付けすることも同様の[難しい]問題です。おそらく私が不安に対処してきた闘争は、最も進行中の闘争の多くです。この過去の季節は、ある意味ではもっとプレッシャーがあっても私にとって最も楽しいもののひとつです。私はそれを受け入れてそれに対処することができたその圧力を無視するのではなくむしろ感じました。バンドエイドを傷にかけるのではなく、実際にそれを癒して、どんな外力が起こっていても受け入れる方法を考え出すのです。

I had to go through several years worrying about what people were saying and what media was saying and what teammates were saying and competitors and everything and family and support. What everybody thought, the worries of disappointing everybody. I had to go through actually disappointing them to realize that it really doesn’t matter. After [finishing fourth in] the slalom at the Olympics was a tough period because winning a gold medal in GS and a silver in the combined, but having most people remember for not winning the gold in the slalom is strange.
私は何年もかけて人々が何を言っているのか、どのようなメディアが何を言っているのか、そしてチームメイトが何を言っているのか、競合他社、そしてすべてと家族とサポートについて心配しなければならなかった。みんなが思ったこと、みんながっかりする心配。私はそれが本当に問題ではないことを理解するために実際に彼らを失望させなければなりませんでした。 GSで金メダルを、組み合わせで銀メダルを獲得したため、オリンピックのスラロームは厳しい時期でしたが、ほとんどの人がスラロームで金メダルを獲得しなかったことを覚えているのは奇妙です。

There are some athletes that can go compete in the Olympics and turn a bronze medal into the greatest thing ever and people remember them as if they won gold. Then there are some people that can build up the expectations so high, and then anything less Is really a failure in anybody’s book. I walked away knowing that everything that happened, the schedule changes, all of the challenges that I faced, and that Alpine racers faced, thinking this was just an incredible success. Some people maybe disagreed, but you have to go through disappointing people to realize it doesn’t matter. Then this season, I was just doing this for me, right?
オリンピックに出場して銅メダルを史上最高のものに変えることができるアスリートもいますし、人々はあたかも金メダルを取ったかのように覚えています。それから期待を非常に高くすることができる何人かの人々がいます、そしてそれから何もそれ以下は本当に誰かの本の失敗です。起こったことすべて、スケジュールの変更、私が直面していたすべての課題、そしてアルパインレーサーが直面していたことを知って、私は立ち去りました。賛成できない人もいるかもしれませんが、それが問題ではないことに気付いた人は、がっかりした人を突き抜けなければなりません。それから今シーズン、私はちょうど私のためにこれをやっていましたね。

OlympicTalk: What does preparation for next season look like?
オリンピックトーク:来シーズンへの準備はどうですか?

Shiffrin: When I go to South America [for the first on-snow training] in September, I’ll sit down with my coaches and we’ll look at the schedule, probably through January or February and maybe through the rest of the season and pick and choose which races are the most likely I can do. Then of course everything changes. It’s all up in the air if weather changes, but we try and get an idea of where we’re going to be at the beginning of the season and try and compare to what we did last season. So I’ll say I like this training venue, but I didn’t like traveling the day before the race to Semmering for instance [where Shiffrin was fifth in a giant slalom last December, then won the slalom the next day]. I was exhausted for the race day. I need a day in between to get my feet back under me. Something like that.
シフリン:私が9月に南アメリカ(最初の雪上トレーニングのために)に行くとき、私は私のコーチと一緒に座るでしょう、そして私達はおそらく1月か2月を通してそしておそらくシーズンの残りを通してスケジュールを見るでしょうそして、どのレースが最も可能性が高いかを選択して選択します。それからもちろんすべてが変わります。天気が変わっても大丈夫ですが、シーズンの初めにどこに行くのかを考え、昨シーズンと比較してみてください。だから私はこのトレーニング施設が好きだと思うが、例えばレースの前日にSemmeringに旅行するのは好きではなかった[昨年12月にシフリンが巨大スラロームで5位になり、その後翌日スラロームを獲得した]。私はレースの日に疲れ果てた。足を私の下に戻すには、その間に1日が必要です。そんな感じ。

OlympicTalk: You had talked for years of a goal to win the giant slalom season title. Now that it’s out of the way, what’s next on your list?
オリンピックトーク:あなたは巨大スラロームシーズンのタイトルを獲得するために何年もの間ゴールを話していました。これで邪魔にならなくなったので、リストの次の部分は何ですか?

Shiffrin: I don’t think there’s anything more. I’m still here, and I still have the motivation. I’m still willing to suffer in the gym. Go out and train on the hill. If part of me thought if I was like just out here trying to win races or there was some specific result I wanted to achieve, and I achieved it, then my motivation would be gone. I’m always saying I’m not shooting to break records. That’s not the primary focus. Although it’s something that’s motivating and inspirational, it’s not why I started skiing and it’s not why I’m continuing.
シフリン:他に何かあるとは思わない。私はまだここにいます、そして私はまだ動機を持っています。私はまだジムで苦しんでも構わないと思っています。外に出て丘の上を訓練しなさい。私がここに出てレースに勝とうとしていたのか、または達成したい特定の結果があったのかと思って、それを達成したのであれば、私のモチベーションは失われます。記録を破るために撃っているのではないといつも言っている。それは主な焦点ではありません。それはやる気を起こさせ、心に強く訴えるものですが、それは私がスキーを始めた理由ではありません、それは私が続けている理由ではありません。

This season was almost like a test because breaking all these records, and achieving winning the GS globe, winning the super-G globe — not unexpectedly but in some ways unexpectedly compared to where I thought I would be at the beginning of the season. All these things happened, and I thought, in many ways, what is there left to accomplish? I still always go back to the fact that I feel like I can ski better.
これらの記録をすべて破り、GS世界で勝利し、スーパーG世界で勝利するのは、今シーズンのテストのようでした。これらのことはすべて起こった、そして私は多くの方法で、達成するためにそこに何が残っていると思いましたか?私はまだ私が私がよりよくスキーをすることができるように感じるという事実に常に戻ります。

It’s not necessarily winning more races, but it’s seeing if I can manage my schedule better this year. If I can get through the season without getting sick, without getting overtired. How can I work better with my team, with my coaches? There’s a lot of little pieces that can make it run more smoothly. My biggest motivation is seeing how much more precise I can be skiing. This year was so much more fun for me, not just because I had a lot of great races and won globes, but because my GS skiing got to a level that I had almost lost hope that I could ever get to that level.
必ずしもより多くのレースに勝つわけではありませんが、今年のスケジュールをもっとうまく管理できるかどうかがわかります。私は病気になることなく、乗り越えることなくシーズンを乗り越えることができれば。チームやコーチとどのようにうまく連携できますか。よりスムーズに動作させるための小さな部分がたくさんあります。私の最大の動機は、私がスキーをもっと正確にできることを見ることです。今年のレースは素晴らしいレースがたくさんあって地球儀に勝ったという理由だけではなく、私のGSスキーがそのレベルに到達することができるという希望をほとんど失ったという理由だけでなく、私にとってとても楽しいものでした。

Hopefully I can keep moving forward with that, and slalom as well. Speed [downhill and super-G] is a whole other beast. It seems like there’s a lot of untapped territory, even though results-wise I accomplished most of what I could really dream of.
うまくいけば、私はそれで前進し続けることができ、そしてスラロームもすることができます。スピード[下り坂とスーパーG]はまったく別の獣です。たとえ結果的に私が本当に夢見ることができることのほとんどを達成したとしても、それは未開発の領域がたくさんあるように思えます。

OlympicTalk: Will your speed strategy remain the same: enter the first races in Lake Louise in December and then reassess?
オリンピックトーク:あなたのスピード戦略は同じままですか?12月にレイクルイーズで最初のレースに参加してから再評価しますか?

Shiffrin: Start with Lake Louise, and then see how things go. But the fact that we don’t have a big event [Olympics, world champs] this season sort of opens up the middle of the season. There’s a stretch in the middle where it looks like there’s going to be a break in tech races for almost one month [in January and February]. If that’s true, then I’ll for sure take some of that time for rest and training, but I might be able to race in some speed races that I would not have otherwise considered.
シフリン:レイクルイーズから始めて、それから物事がどのように進むかを見てください。しかし、今シーズンの大きなイベントがないという事実(オリンピック、世界チャンピオン)は、シーズンの真ん中を開くものです。 1月から2月にかけて、ほぼ1ヶ月の間に技術レースが中断されるように見える途中で、一気に伸びています。それが本当であれば、休憩とトレーニングのためにその時間の一部を確実に使うでしょうが、私は他の方法では考えられなかったようなスピードレースでレースをすることができるかもしれません。

OlympicTalk: One thing you haven’t accomplished, but have said you hope to, is win races in every discipline in one year. Could that lead you to enter more speed races next season?
オリンピックトーク:あなたが達成していないが、あなたが望んでいると言っていることの1つは、1年間であらゆる分野でレースに勝つことです。来シーズンはもっとスピードレースに参戦することができますか?

Shiffrin: That’s something that I think about. Sitting here, I would say that wouldn’t be a thing that sways my decision, but you never know. It’s sort of like this past season, I wasn’t going to race the super-G at World Cup Finals. Then Sochi was canceled, all this happened, and now I’m in the lead for the super-G globe, so I have to race.
Shiffrin:それは私が考えていることです。ここに座ると、それは私の決断を左右することにはならないと思いますが、あなたは決して知りません。このような過去のシーズンのようなものだ、私はワールドカップ決勝でスーパーGを競うつもりはなかった。それから、ソチはキャンセルされました、これがすべて起こった、そして今私はスーパーGの世界のためにリードしているので、私はレースをしなければならない。

If there’s no reason not to race in a downhill or super-G, and that’s kind of the thing I want to achieve, and there’s a reason to, then I would race. But one of the most important things tot me is to not get greedy with goals like that. It’s a dream. I wouldn’t say it’s a goal. Something I dreamed about when I was little. I looked at Bode Miller, I think he won a race in all events in a single season [Editor’s Note: Miller never got all five disciplines in one season; but Marc Girardelli, Petra Kronberger, Janica Kostelic and Tina Maze have.].
下り坂やスーパーGでレースしない理由がなく、それが私が達成したいと思うものであり、その理由があるのであれば、私はレースをするでしょう。しかし、私にとって最も重要なことの1つは、そのような目標に貪欲にならないことです。それは夢です。それは目標だとは思わない。私が小さい頃に夢見たことがあります。私はボーデ・ミラーを見ました、彼は1シーズンですべてのイベントで優勝したと思います。[編集者注:ミラーは1シーズンに5つすべての分野を戦うことはなかった。しかし、マーク・ジラデリ、ペトラ・クロンバーガー、ジャニカ・コステリック、ティナ・メイズはそうだ。

Janica Kostelic won every event in the span of like two weeks or something [Editor’s Note: Kostelic did it from Dec. 21, 2005, to Feb. 6, 2006, leading up to the Torino Olympics]. I was thinking, wow, that was incredible. But the sport has changed since then. Maybe I boil it down to too much statistics. You can easily get sidetracked with those dreams, and then that’s when something hits. That’s when you get overtired and you crash, and these sorts of things happen.
Janica Kostelicは、2週間かそこらの期間内にすべてのイベントで優勝しました[編集者注:Kostelicは、2005年12月21日から2006年2月6日までの間にトリノオリンピックまで開催しました]。すごい、と思っていました。しかしその後スポーツは変わりました。多分私はそれをあまりにも多くの統計量に煮詰める。あなたは簡単にそれらの夢に惑わされることができます、そしてそれから何かが当たる時です。それはあなたがあからさまになってクラッシュするときです。そしてこういったことが起こります。

OlympicTalk: Four years ago, you sat down with Ted Ligety in a film session and basically asked him, how do you do what you do? If you could show a younger teammate one of your race runs in a similar session, which would it be?
オリンピックトーク:4年前、あなたは映画セッションでTed Ligetyと一緒に座っていて、基本的に彼に尋ねました。あなたが若いチームメイトにあなたのレースの1つが同様のセッションで走るのを見せることができたら、それはどれでしょうか?

Shiffrin: When I watch video with my teammates, it depends on what they’re looking for. I do that, actually, bring up races from previous seasons and go over it with the girls, especially the younger girls if it’s their first time at a venue. But that’s more so they can get an idea of the hill.
Shiffrin:チームメイトとビデオを見るとき、それは彼らが探しているものによって異なります。私は、実際には、前のシーズンのレースを開催し、女の子、特に会場で初めての場合は若い女の子と競い合います。しかしそれだけではありません。

I guess I would show my GS race from Kronplatz this year. It’s one of the best feelings that I’ve had in a race, especially in GS.The first run I was so fluid. It’s not even so much about the technique, but the mindset that I had and how it translated to my skiing was really cool to me. [Shiffrin had the fastest first run by a whopping 1.39 seconds and won overall by 1.21, her first victory in three visits to the Italian venue.]
私は今年クロンプラッツからの私のGSレースを見せると思います。それは私がレースで、特にGSで持っていた最高の気持ちの一つです。私が最初に走ったのはとても流動的でした。テクニックについてはそれほどでもありませんが、私が持っていた考え方、そしてそれがどのように私のスキーに反映されたかは私にとって本当にクールでした。 [シフリンはなんと1.39秒で最速走を記録し、1.21で総合優勝した。イタリアの会場への3回の訪問で彼女は初勝利を収めた。]

(Google翻訳)



テッド・リゲティ、レーススケジュールを縮小

TL


Ted Ligety scales back race schedule
Ted Ligetyがレーススケジュールを縮小

Two-time Olympic champion Ted Ligety is scaling back his race schedule as he enters the final portion of his decorated Alpine skiing career.
2度のオリンピックチャンピオンのTed Ligetyは、彼が彼の装飾されたAlpineスキーキャリアの最後の部分に入ると同時に彼のレーススケジュールを縮小しています。

Ligety, a 34-year-old who has endured many injuries since his last World Cup win in 2015, said he will race strictly giant slaloms this year. The World Cup season starts in late October.
2015年の最後のワールドカップでの勝利以来、多くの負傷者に耐えてきた34歳のLigetyは、彼が今年厳しく巨大なスラロームでレースをすると語った。ワールドカップシーズンは10月下旬に始まります。

“So it’ll be a little bit easier schedule on my body,” Ligety said in a KPCW radio interview in his native Park City, Utah. “I’ll be able to be home a little bit more as well, and then we see. I mean, I would like to keep going as long as I feel like I can win races and feel healthy. That’s really the biggest part, and nowadays I have a 2-year-old son, and there’s more factors than there was when I was 25 years old.”
「それで、私の体のスケジュールはもう少し簡単になるでしょう」とLigetyは、彼の母国であるユタ州パークシティでのKPCWラジオインタビューで語った。 「私はもう少し家にいることができるでしょう、そして私達はそれを見ます。つまり、レースに勝利して元気になれるという気持ちが続く限り、続けていきたいです。それは本当に最大の部分であり、そして今日私は2歳の息子がいます、そして私が25歳の時よりも多くの要因があります。」

Ligety, nicknamed “Mr. GS” for his giant slalom prowess, has a 2014 Olympic gold medal and three world titles in that event.
「Mr.氏のニックネームをつけた彼の巨大なスラロームの才能のためのGSは、そのイベントで2014年のオリンピック金メダルと3つの世界タイトルを持っています。

He also owns an Olympic combined title from 2006 and world titles in the super-G and combined from 2013, but he hasn’t won a race in one of those disciplines since January 2014. And since then, he has undergone back and knee surgeries and dealt with hip problems.
彼はまた、2006年からのオリンピック複合タイトルと2013年からのスーパーGでの世界タイトルを所有していますが、2014年1月からこれらの分野のいずれかでレースに勝ったことはありません。そして腰の問題に対処した。

“There’s a lot of hard miles on my body up to this point, but I’m still enjoying it,” said Ligety, whose 321 World Cup starts are the most among active Olympic medalists now that Lindsey Vonn and Aksel Lund Svindal have retired. “Right now, I feel really healthy and trying to get to a point where I feel I can win races. That’s the goal right now.”
Lindsey VonnとAksel Lund Svindalは引退したので、321年のワールドカップの出場は現在活発なオリンピックメダリストの中で最も多い、Ligetyは言った。 「今、私は本当に健康的で、レースに勝つことができるようになるまで努力しています。それが今の目標です。」

Ligety, a four-time Olympian, has not publicly committed to a 2022 Olympic run.
4回のオリンピック選手であるLigetyは、2022年のオリンピックの開催を公に約束していません。

(Google翻訳)

クリスティーナ・エイジャー、”mum‘s garden is my favourite gym!!”

フェリックス・ノイロイター、”スポーツでもっとアイドルを望んでいる”



あなたが元のスキーレーサーであるFelix Neureutherを信じているなら、彼はスポーツでもっとアイドルを望んでいます。最近彼の長くて成功したキャリアを完成させ、そして彼のスキーを放棄したDSVアスリートは、特に何かを言うことをあえてするか、あるいはテーブルを打つことさえする人がほとんどいないので、満足していません。

自分自身の言葉を細かく刻んだことのないNeureutherは、スポーツに集中することは完全にナンセンスであると言っています。スキーレーサーはまた彼の訓練に焦点を合わせていたが、常に彼の見解を表していた。同様に、アメリカのサッカー選手Megan Rapinoeは、ドナルド・トランプ大統領と一緒に裁判に出かけました。

Neureutherは、スキーワールドカップの唯一のロールモデルではありませんでした。彼は決して自分を曲げさせない。さらに、Megan Rapinoeが登場したとしても、元スラロームと巨大スラロームのスペシャリストは、世界のトロフィーが終わった時点で米国の女の子たちが持ち上げることができることを喜んでいました。

(Google翻訳)

マーク・ディクルーバー、BOTTLECAPCHALLENGE

Racecenter Benni Raich、SummerCamps

ステルヴィオでは冬の雪質

ノルウェーの氷河スキー場、融雪で1ヶ月以上早くクローズに



夏のスキー用ノルウェー氷河、クローズドフォナ


それは4月13日にオープンし、高温と解凍のためにシーズンの終わりを7月14日日曜日に進めています。
この夏の高温は、ヨーロッパ大陸の北部に直接または間接的に影響を与えてしまいました。ベルゲン(ノルウェー)近郊のフォナ氷河では、融雪が加速しており、締め切り日も早いです。

Folgefonna、Galhoppigen、Strynの氷河は、ノルウェーの3つの夏のスキーオプションを利用しています。アルプスの氷河とは異なり、ノルウェー人は滑走可能なキロメートルが小さくなる傾向があります - それらのどれもが10キロメートルの昔ながらのトレイルを超えない - そして2つ以上のスキーリフトを提供しません。北欧のスキーリゾート、Sognefjellet Sommerskisenterもありますが、その名の通り、夏にしかオープンしません。

フォルゲナ、またはフォルナは、アルペンスキーに加えて、クロスカントリースキーサーキット(夏ごとには利用できません)とスノーパークを提供するので、最もよく知られ評価されています。この小さな夏のスキーリゾートは、Hardangerフィヨルドと北海からのパノラマの景色、それを囲む氷原で知られています。

ノルウェーの夏のスキー氷河について知っておくべきこと

夏のスキーに適したノルウェーのスキーリゾートが提供する素晴らしいインセンティブは、彼らが提供する雪の量と質、そして夏の間に地域が提供する日照時間です。基本的に北極圏内の緯度60oNのためです。イタリア特有のパッソ・ステルヴィオ氷河のように、夏にしか開けないので、その独特さの一部はやる気があります。冬は雪が降り、アクセスが困難になります。

何年も前、ノルウェーの氷河は4月末に開き、8月末に閉じました。営業時間は広く、午前8時から午後4時までです。彼らは伝統的な開始日を保持していますが、同じことが終了日について言うことはできません。

ノルウェーでのスキーは経済的な選択肢ではありません。宿泊、交通手段そして美食の提供は非常に高い生活水準の国のそれに対応するからです。 1日のスキーパスの価格は40〜48ユーロです。

高温のため急に閉まった

残念ながら、ノルウェーの氷河は、全世界と同様に、地球温暖化の影響から逃れていません。厚さと伸びの反動はノルウェーの氷原にも影響を与えます、そしてそれは論理的に、夏のスキーのために運命づけられた地域に影響を及ぼします。毎年彼らは滑りやすいエリアと営業日数を減らします。

先週、ソーシャルネットワークを介して、ノルウェーのセンターの長はすでに7月14日日曜日がオープンの最後の日になるだろうと報告しました。その理由は?ここ数週間で氷河で起こった加速した雪の融解。それから、Fonnaは、特に4月13日土曜日に戸を開け、彼らの意図に先立って夏のスキーシーズンを終えるヨーロッパの夏のスキー氷河の最初のものです。

Fonnaに彼らは担当している人々が氷河の低い部分に置いた小さなすばらしいキャンバスを彼に提供しました。雪の劣化や融解を防ぐためにこれらの「アンブレラ」装置が果たすべき保護は、高温に対処するのにはほとんど役立っていません。

しかし、最近のフランスやイタリアの氷河のウェブカメラが提供している画像では、予想より早く閉鎖を余儀なくされる人もいるかもしれません。

(Google翻訳)

ヨーロッパアルプスでは7月の雪

















雪渓トレーニング

ALGE
SAJ 競技データバンク
SAJ

バナーをクリックするとSAJにリンクします。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報