クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

アレクシス・パントュローがウシュアイアでカムバックを果たす



アレクシス・パンチュローは、世界の反対側の雪の中に戻ってきます。健康上の問題から2年間ウシュアイアでの合宿を奪われていたサヴォワイヤールは、この日曜日にアルゼンチンへ飛ぶ予定だ。

アレクシス・パントゥローとウスアイアの歴史は長い。31歳のこのサヴォワイヤールは、世界の反対側にあるアルゼンチンにはすでに15回近く訪れている。連邦政府の団体で行く前に、まずクーシュベルのクラブで。この2年間は、皆と同じように、ウスアイアとその港から車で45分のリゾート地、セロ・カストルでコースを奪われたのである。

アルゼンチンへ出発する前に、イタリアで1週間の休暇を過ごす。
セッション...出発前にマットの上で

アレクシス・パントュローと彼の献身的なチームは、今週、南米の冬に戻る。今週の日曜日、ローマ経由で出発。ウェイトトレーニング、PPG、サイクリング、ジョギングを何時間もこなした夏の準備の中心で、「もう行かなくてよかったのに、また行けてよかった」と彼は言ったのである。だから、雪山に帰るときには、とても調子がよかった。しかし、1週間前、彼はついにブーツを履き、クールシュベルの自宅、プラッツ・スキージャンプのふもとにある彼のクラブのカーペットの上で、屋内を歩いたのだ。「と、ファビアン・ムニエの後任として新体制になったステファン・キテは強調する。





レイク・ルイーズのダウンヒル・クラシックは、まもなく過去のものとなる



1980年、カナディアン・ロッキー山脈に調和するレイクルイーズで、初めてワールドカップ・ファミリーが開催された。この時、南チロルのヘルベルト・プランクが優勢で、ハルティ・ヴァイラザーとヴェルナー・グリスマンという2人のチロル人が2位と3位を占めた。

来シーズンは、バンフ国立公園でのワールドカップレース開催が最後となる。このままでは、カナダ勢がレース開催に興味を示さなくなってしまう。これは、OSVアルパインクラブの代表であるヘルベルト・マンドル氏も認めるところである。その理由は、スキー場の閉鎖をめぐる争いと見ることができる。

カナダがワールドカップの地図から完全に消えてしまわないようにと、マンドルをはじめ多くの人が願っている。パノラマなど、他の地域がワールドカップの開催を目指すことは、確かに考えられる範囲である。2022/23シーズンのワールドカップのカレンダーを見ると、特に11月最終週と12月第1週は、女子も男子もレイクルイーズでダウンヒル2戦とスーパーGを争うことになっています。





レイクルイーズで最後のワールドカップ開催へ

アメリカのスキーレースファンはレイクルイーズが大好きだ。なんといっても、ミカエラ・シフリン(2017年)とボディ・ミラー(2004年)がワールドカップダウンヒルで初勝利した場所である。しかし、それ以外にも覚えていることはたくさんある。

レイクルイーズでは1980年からワールドカップのスピード競技が開催されており、この年は1万人の観客が訪れた。第1回レイクルイーズ・ワールドカップは、カルガリーが1988年の冬季競技大会の開催地として選ばれるために必要な信頼性をもたらした。ここは、アルパインの深い歴史を持つ特別な場所なのです。残念ながら、今年の大会がレイクルイーズ・ワールドカップの最終章になりそうだ。

何十年もの間、レイクルイーズはアルペンスピード競技に特化したユニークなレース会場を1ヶ月間提供してきた。毎年、その年は、雪氷製造、延々と続く雪上車作業、フェンスなど、レース用ゲレンデの建設からスタートする。コース作りに続いて、この会場では男子、そして女子のワールドカップスピード競技が行われる。しかし、女子がヨーロッパへ旅立った後も、この素晴らしい組織委員会はノルアムカップのレースを1週間開催するために活動を続けているのです。レイクルイーズといえば、スキーレーサーに聞けば、「素晴らしいレース」と答えるだろう。

長年にわたり、素晴らしいボランティアの軍隊が世界クラスのレースを提供してきたのです。男子ワールドカップの開催当初から参加し、1ヵ月後のノル・アムカップの最終日にも働いている人たちにとって、それは誇りでもあるのです。スキーレースの世界を理解している人なら、1日だけのイベントでも開催する組織委員会に感心する。しかし、3つのハイレベルなスピード競技を連続して開催することは、比較にならないほど素晴らしいことだ。

アルパイン・カナダは素晴らしい代替地を見つけるだろうが、レイク・ルイーズが惜しまれるのは間違いないだろう。この歴史あるコースは、高い平均速度と非常にフラットな光で知られている。サーキットで最も急なコースではないが、毎年、世界のトップ選手たちの限界に挑戦している。

開催地は、地球上で最も美しい場所の一つであるバンフ国立公園内。もし、そこで開催されるワールドカップに参加するつもりなら、公園に入るときにビジターパスを購入することを忘れないでください。

レイクルイーズワールドカップレースの醍醐味は、常に宿泊施設にある。レース関係者全員が巨大で豪華なシャトーレイクルイーズに泊まることができるのだ。このリゾートは、この時期だからこそ利用できるもので、毎年ワールドカップのスピード宿泊の目玉となっている。ワールドカップでは多くの美しいホテルに宿泊するが、全チームが一つの施設に宿泊できるのは他にはない。準備期間中にスピードサーキットの友人に会わなかったとしても、きっとそこで会えるはずだ。

Ski Racing Mediaは、会場の代替案について聞くのを楽しみにしている。しかし、そこで可能になったすべての機会に対して、レイク・ルイーズに感謝したい。スキーレーシングコミュニティは、レイクルイーズの最後を拍手で祝うことでしょう。乾杯、レイクルイーズ......あなたは素晴らしい。




レイクルイーズ、2023/24年からのワールドカップ開催は事実上確実でさようなら。パノラマに行く?

カナダのリゾート地は、来年の秋に開催される5つのレースの後、もはやトップサーキットを開催する気はないのだろう。国内のもう一カ所は、現在調整中です。

レイクルイーズがワールドカップのカレンダーから外れる?

2023/24年シーズンから、カナダの歴史的な舞台の組織委員会の正確な選択により、間違いなくその可能性が高く、何よりも最大のサーキットを開催するために発生する施設と費用の問題に結びついている。

この確認は複数の情報源から得られており、テクニカルディレクターとしてOESVのトップに復帰したヘルベルト・マンドル本人も、オーストリアのメディアにこのことを語っている。最も具体的な可能性は、カナダはまだ CdM イベント、レイク ルイーズの場合のように女子と男子の場合理解しにくい、パノラマ (これも最後のジュニア世界選手権を開催) などの場所と明確な意志の一部としてポール ポジションをことができる主催することができますです。FISのエリアッシュ会長は、11月末から12月初めにかけて行われたクラシック大会に続き、来年3月にパリセイド・タホとアスペンで2度目の海外大会(男子のみ)を開催することを決定するなど、北米の雪上でいくつかのレースを開催することを決定しました。

来年秋のレイクルイーズ(1980年にカップ戦が開催され、ハーバート・プランクの優勝で一躍脚光を浴びた)は、もはやスピードシーズンの幕開けではなく、ツェルマット/セルビニアの新種目として予定されている:男子は11月26-27日に、女子は12月2-4日にクラシック3連戦、2つのダウンヒルと昨年カナダの全レースで優勝したソフィア・ゴッジアが残したスーパーGが復活するのだ。

マルセル・ヒルシャー、ダカールラリーでのスタートを夢見る



元スキーレーサーのマルセル・ヒルシャーが常に落ち着きがなく、多才なエネルギーの塊であることは、彼がモトクロスレースに出場していたときから知っていたことである。そして今、このネオスキーメーカーは、伝説のダカールラリーへの参加をちらつかせている。ワールドカップで通算8度の優勝を誇る彼は、実際にはそんなチャンスはないことを知っている。

ザルツブルクの男性は、Audi RS Q e-tronに大胆な試乗をしました。大胆なマルセル・ヒルシャーは、確かに二の足を踏んでいたことは確かだ。年明け、ドイツの自動車メーカーは、新しいハイブリッド・ドライブを搭載した有名なラリーに、レース経験のないまま参戦しました。マティアス・エクストロム(スウェーデン)、カルロス・サインツ・シニア(スペイン)、ステファン・ペテランセル(フランス)は、14回の表彰台と4回のステージ優勝を達成しました。

試乗したヒルシャーは、それ以上に感激していた。モータースポーツ最大の挑戦ともいえるラリーで、いつか自分が活躍する姿も想像できるという。ザルツブルグ出身の彼は、簡単に冗談を言いながら、アウディがコックピットを譲ってくれるなら喜んでと言った。

世界チャンピオン、オリンピックチャンピオンのコリンヌ・スーターは、これからも成功の波に乗り続けたい



コリンネ・スーターがオリンピックのダウンヒルで優勝したことは、マイナス面もあることが明らかになった。このスイス人レーサーを取り巻く環境は、次第に大きくなっていった。スキーレーサーは、彼女のキャリアの中で最も疲弊した夏を報告します。

文句を言うのは27歳の性分ではない。とはいえ、昨シーズンはとても激しい冬だったので、早く次の冬が始まってほしいと願っている。彼女は、もはや誇大広告に慣れてしまったのかもしれないと認めている。昨年はコロナの大流行で、比較的静かでした。

スーターは、自分が評価されることを喜んでいる。今までは、自分が有望なポジションにいても、肝心なところで緊張してうまくいかなかったことが多かった。2019年のスウェーデンでの世界スキー選手権以降、すべてが良い方向に変化しています。

オーレでは銀メダルと銅メダルを獲得し、その後2つのクリスタルグローブを手にした。昨年コルティナダンペッツォで開催された世界スキー選手権で優勝した後、2022年2月のオリンピックで金メダルを獲得したのです。毎シーズン、ゼロからスタートするにもかかわらず、スイス人はほとんど息つく暇もない。ディフェンディング・チャンピオンとして、フランスで開催される世界選手権で再び表彰台の頂点に立ちたいと考えています。

スーターは多くのことを成し遂げてきており、プレッシャーがかかることも承知している。スイスのスキー選手である彼女は、すべてが順調に進むように、予定より早くヘッドとの雇用契約を2年延長しました。サービスマンとして採用されたシュテファン・ベルトルドは、人間的な要素と多くのノウハウで印象づける。過去には、Aksel Lund SvindalやKjetil Jansrudのボードを準備した。

特に、レース前に最後に接するのがサービスマンということもあり、信頼感はある。このように、この冬は何事もなく成功裏に終わることができるのです。また、このスイス人が、成功の波に乗り続け、過去のトップシーズンをシームレスに築き上げたいと考えていることも事実である。

ソフィア・ゴッジアがマルタ・バッシーノ、フェデリカ・ブリノーネとともにアルゼンチンへ出発



1週間後、ソフィア・ゴッジアはウシュアイアに向けて出発する。イタリアのスキーレーサーは、南米でトレーニング用のテントを張ることを楽しみにしている。Marta BassinoとFederica Brignoneも同じ計画を持っています。この夏、サースフェーでは気温が高すぎたため、ヨーロッパの氷河に関する満足のいく作業ができなかったため、アルゼンチンでのセッションが唯一の作業ブロックとなった。

ゴッジャは6月から7月にかけて新コーチのルカ・アガッツィとともにステルヴィオとチェルヴィニアでトレーニングに励んだ。マルタ・バッシーノはジムで汗を流し、自転車で何キロか走っている。紺碧の三銃士の3人目、フェデリカ・ブリニョーネは、ラ・トゥイユとその周辺地域で仕事をしていた。イタリア・ナショナル・スキーチームのエリート・トリオは、9月23日に南米から帰国します。

他の女子スキーヤー、特にエレナ・クルトーニ、デラゴ姉妹のナディアとニコルは、ようやくトレーニングができるようになったことを楽しみにしているようだ。Laura Pirovanoは、このグループとまた一緒に仕事ができることを楽しみにしています。Karoline PichlerとRoberta Melesiも参加しています。多目的コレクティブは、2週間後の金曜日にアルゼンチンへ向けて出発します。数日後、スラロームのスペシャリストたちは、ロベルト・ロレンツィ監督とともにアルゼンチンに飛ぶ予定だ。後者は、アオスタ渓谷のクールマイユールで活動してきたところです。

マルティナ・ペテルリーニが復帰したのは喜ばしいことです。来る2022/23年W杯の冬に向けて、仲間たちと一緒に準備できることを喜んでいる。European Cup Cortina 2026」のグループには、マルタ・ロセッティ、ベラ・チュルツェンターラー、ララ・デラ・メア、セレーナ・ヴィヴィアーニ、セリーナ・ハラー、アニタ・グッリが入っています。彼女たちは皆、いずれは紺碧のゴールスケートを成功に導くという目標を追い求めている。

オーストリアのスピードマン、チリで最高のコンディションを手に入れる



グループコーチのヴェルナー・フランツを中心とするワールドカップスピード2チームは、OSV男子の第一次派遣団としてすでにチリでトレーニングを行っています。ヴァレ・ネバドでは、マックス・フランツ率いるチームは完璧なコンディションを手に入れた。

南米最大のスキー場で、Otmar Striedinger、Christian Walder、Max Franz、Christoph Krennが約1週間、十分な雪の中で足跡を付けている。ヴァレ・ネバドの地形は比較的緩やかで、大回転やスーパーGのトレーニングに特に適している。

ヴェルナー・フランツ グループコーチ 「ヨーロッパの夏や気温のことを考えると、今、我々はここで非常にうまくいっている。十分な雪があり、コンディションは最高だ」。

来週末は首都サンティアゴ・デ・チレに戻り、第1コースの労苦を癒す。3,000mを超えるValle Nevadoの標高があるからこそ、必要なことなのだ。その後、ポルティージョに移動し、約2週間、ダウンヒルコースに特化したトレーニングを行います。

ヴェルナー・フランツ(グループコーチ):「ポルティロでは、ここヨーロッパでは非常に難しい、ジャンプや特殊な要素を含むダウンヒルのトレーニングを行うことができます。




ドミニク・パリスはサッカーも得意



ミラノアカデミージュニアキャンプは、ワールドカップスキーヤーのドミニク・パリの故郷であるウルテンの近隣自治体、南チロルのSt. 後者は、地元のアマチュア・リーグ・クラブASC St.Pankrazが主催したものである。

5日間、ウルテンバレーとその周辺に住む50人の子どもたちが、ラウンドレザーに向けたランニングとトレーニングを行うことができました。ドミニク・パリスは二度も聞かず、訪ねてきた。ダウンヒルとスーパーGのスペシャリストはサインをしたり、質問に答えたり、また一体感の代名詞である赤と黒のジャージを身に着けたりしていました。さらに、スキーレーサーはボールを蹴って、その技術を見事に証明した。

最後に、子どもたちは一人一人、素敵な卒業証書を受け取って喜んでいました。さらに、チャンピオンズリーグのカップを皮肉るように、ハンドルポットと一緒に写真に写る機会もあった。ミランアカデミー・ジュニアキャンプ」のディレクターであるジュゼッペ・ブオノは、それ以上に満足したようだ。

ペトラ・ヴルホヴァがドルスキニンカイの会場にトレーニング用のテントを設置



スロバキアのスキーレーサー、ペトラ・ヴルホヴァが今年もドルスキニンカイのホールで働くことになりました。オーストリアのステファニー・ブルナー選手らはすでにアルゼンチンに到着し、アメリカのミカエラ・シフリン選手は母国に戻り、数日後にウスアイアに向けて出発する予定です。しかし、まずはその前に。

あと70日あまりで、2022/23年ワールドカップシーズンの開幕戦が、ソールデンのレッテンバッハファーナーで開催されます。その数週間後、ツェルマット/チェルビニアの国境を越えたダウンヒルレースで初体験をすることになる。誰もが、すべてが計画通りに進み、コンディションや雪や天候が味方してくれることを望んでいる。

そして紺碧の女たちは?Marta Bassino、Federica Brignone、Sofia Goggiaは、ちょうど1週間後にアルゼンチンへ飛び、長いフライトをする予定です。多くのナショナルスキーチームが滞在するウシュアイアでは、最初のOSV選手がすでに宿舎に移動しています。例えば、前回のヨーロピアンカップの冬を制したステファニー・ブルナーやフランツィスカ・グリッチュの姿もそこにある。スイスの女子選手、とりわけララ・グート・ベーラミ、ミッシェル・ギザン、コリンヌ・スーター、ウェンディ・ホルデナーも世界の果てに飛んでいくのです。ミカエラ・シフリンも同じ時期にアルゼンチンに到着します。

後者は、スイスのサースフェーにある氷河でのトレーニングを振り返って、また良い1週間を過ごしたという。この後、雪に覆われたティエラ・デル・フエゴでのトレーニングに臨みます。そのPetra Vlhovaが来週リトアニアで活躍する。バルト三国の南に位置するドルスキニンカイのスキーホールで、北京オリンピック回転優勝者は、2年目を迎えるスイス人コーチ、マウロ・ピニとよく働き、初期のフォームに磨きをかけていくだろう。

アレクシス・パントゥローは、2022/23年のワールドカップカレンダーに不満を持っている



フランスのスキーワールドカップ・レーサー、アレクシス・パントュローは、ワールドカップ・シーズンのディフェンディング・チャンピオンとして、スイスのマルコ・オーダーマットの優位性を認めざるを得ず、しばしば価値以下の負けを喫したが、南チロルの首都ボルツァーノで彼のスポンサーの1人に立ち寄った。エキップ・トリコロールのメンバーは、長年にわたってロイシュを信頼してきた。アスリート用グローブを製造している機材メーカーです。

ピントゥローは、エッジとプロフィールと明確なメッセージを持った人物です。31歳の彼は、これからの冬が自分にとって特別なものになることを強調する。2023年2月に開催される地元クーシュベルでの世界選手権を当然見据えていることは間違いないだろう。彼はこの地で育ったので、地元での試合は最初で最後かもしれないと思っている。プレッシャーは大きいが、この名誉を奪われたくないというのが本音だ。これは外から来ることもあれば、自分で作り上げることもある。

また、このフランス人は言葉を濁すことがないことも知っている。2020/21シーズンの成功と、それに伴う大きなクリスタルグローブの獲得後、昨冬は3回しか表彰台に上がれなかった。ピントゥローは常にファイターであり、当然ながら再びレースで勝ちたいと思っている。それでも、氷河の融解に伴う気温の上昇を心配そうな表情で見つめる。しかし、当面はワールドカップのカレンダーを修正する必要があり、夏のトレーニングがますます難しくなっていることも知っている。

スキーレースには、いろいろなことを実現できるカリスマ性があります。ピントゥローはそこから始めたいのです。大きな水晶玉を見る限り、あまりチャンスはないと思っているようです。それはなぜでしょうか?スピードのスペシャリストは31レース、テクニシャンは27レースに出場する。合計すると、400ポイントの積み重ねです。昨冬、オーダーマットが見事に証明したように、最終的にトップに立ちたいのであれば、3つの種目を滑らなければならないのだ。それでも、ブルースのキャプテンは自信を持っている。彼は決してスキーを忘れたわけではなく、自分の専門分野ではトップクラスであり、明らかにスイス人の生活をできるだけ困難なものにしようとしている。

乗鞍合宿(13日)

乗鞍合宿(13日)

予想通りに9時から雨が本降りに…。
10時までハイピッチで頑張りました!
2時間の短時間ですが選手は集中してトレーニングをしていました。
下山して温泉に入って身体をリセットさせます。
午後は予定通りに体育館でコントレです。

PXL_20220812_225614456

PXL_20220812_231608307
PXL_20220812_231723288
PXL_20220812_231726702
PXL_20220812_232909115
PXL_20220813_002230884
PXL_20220813_002237276
PXL_20220813_002241888
PXL_20220813_002308996

乗鞍合宿(13日)

朝イチは晴れています。
なるべく早めの行動がベストを尽くせます。
PXL_20220812_223907316
PXL_20220812_223915265
PXL_20220812_223955353
PXL_20220812_224137349
PXL_20220812_224328513
PXL_20220812_224932753
PXL_20220812_225052012
PXL_20220812_224935502

デイブ・ライディングも負けられません!

佐々木 明、好調の復活戦



スラロームでもバルッツィがナショナルタイトルを獲得(コルトゥーリが2位)。佐々木明さん!?

セロ・カテドラルで行われた今週のFIS最終戦では、アルゼンチン人が15歳のアルバニア人を抑えて総合優勝も果たした。40歳の日本人レーサーは、引退から8年ぶりにゲートに戻り、数百分の一の差で勝利を収めた。

FISスラローム2種目はアルゼンチン選手権でも有効で、今日セロ・カテドラルで行われた4日間のレースでは、火曜日から木曜日まで南米カップのポイントを獲得するための閉鎖が行われた。

大回転で優勝した後、細いポールの間でフランチェスカ・バルッツィ・ファリオルがナショナルタイトルを獲得した。彼は総合レベルでララ・コルトゥリを明確に打ち負かし、シーンを支配した。アルバニア国旗の下で戦う2006年組は、1本目終了時点でアルゼンチン選手から1.38秒差の2位(前日と同じく23番という高いゼッケン番号のため)でしたが、2本目はさらに遅れ、バルッツィから2.58秒差でトップとなり、カナダのマリーペネロペ・ロビンソンがマカレナ・シマリ・ビルクナー、イギリスのゴリンジの前の3位で4.80の表彰台を達成しました。唯一のイタリア人女性、ジョルジア・アイメが脱落したのだ。

男子スラロームでは、このようなサプライズがあった。amarcord:もうすぐ41歳(9月末に迎える)、2014年のクランスカ・ゴラでトップレベルの競技から引退してから8年以上、佐々木明はレースに復帰していた。

ワールドカップで3度表彰台に立ち(すべて2位)、オリンピックに4度出場した純日本人スラロームレーサーであることは、愛好家ならよく覚えていることだろう。素晴らしいのは、佐々木も非常に高いビブナンバーでスタートし、決戦ヒートで6つ順位を上げ、非常にタイトなレース(このヒートでは、昨日優秀だったピエトロ・トランキナが第1ヒートに出てきた)の末、イギリスのサミュエル・トッドサンダースがわずか100分の5で2位、アルゼンチンのバチスタ・アロンソとクリスチャン・ハビエル・シマリ・ビルクナーはこうして日本からわずか100分の7差で3位という結果だったことである。





ジャレッド・ゴールドバーグが語る「スピードの必要性」



この開発に関する最近の記事で、Swampy LaMarcheはある見解を示している。ナショナルレベルでブレイクし始めたら、スピードでワールドカップに完全に定着するには10年かかる。ジャレッド・ゴールドバーグ(チームメイトにはゴールディと呼ばれている)は、その証拠となる人物である。ユタ州出身の31歳は、USスキーチーム11年目を迎え、2012年に初めてワールドカップ・ダウンヒルに出場した。このサーキットに馴染み、自分の居場所ができたと感じたのはいつかと尋ねられると、「正直に言うと、去年です」と答えている。

ゴールドバーグは、このサーキットで多くのことを学んできた。 特に、苦しいときにこそ、自分自身と自分の能力を信頼することを学んだ。彼は、チリで雪山に入る前の最後のドライランドトレーニングの合間を縫って、自分が学んだことを話してくれた。

ゴールドバーグはキリングトンで初めてスキーを覚えた。4歳のとき、熱心なスキーヤーでありアウトドア・アスリートでもある両親のドンとアネットは、一家をユタ州に移住させた。6歳のとき、スノーバードのスキーチームに参加した。ソルトレイクの公立学校に通いながら、彼の山でのスキー教育はリトルコットンウッドの標準的なカリキュラムであった。高速でビッグマウンテン、全天候型、オールテレイン、フリースキー、ディープパウダー、頻繁なクリフジャンプを特徴としたものであった。

高校になると、友人の何人かはパークシティのウィンタースクールや独立したレーシングプログラムに通うようになった。ゴールドバーグは、そのまま公立のスカイライン高校に進学した。「先生たちとの交渉が大変でした」とゴールドバーグさんは言う。まず校長に会い、オリンピックに出るというスキーレースの目標を説明した。すると校長先生は、その目標を達成するために先生方と協力するように勧めた。そして、午後と週の半ばに時間をつくり、スノーバードでの放課後トレーニングに通うようにした。「でも、このまま普通の学校にいてよかったと思います。

ドン、ジャレッド、アネット

4年生のときには、ゴルフチームでもプレーすることができた。その頃、ゴールドバーグはチームフローに参加し、夏にはキャンプやレースでニュージーランドを訪れていた。卒業後は、チームフローにフルタイムで参加し、PGの1年間を過ごした。

Dチーム、Cチーム、そしてPLAN Bへ

2010年春、19歳のゴールドバーグは、ウォークオンキャンプでDチーム入りの資格を得た。翌シーズン、再びトライアウトを受け、今度はCチームに入ることができた。ゴールドバーグ選手は、ユタ大学の選手やコーチと良好な練習関係を築いており、必要に応じてロスタースポットを確保していた。「それがいつも自分のためにあるとわかっていることが重要だったんです」とゴールドバーグは言う。その安心感がないまま、USSTのチームメイトがいた。「彼らはシーズンが終わる前にコーチと電話で話し、大学進学のために一足先にスキーをしようとするのを見たよ」とゴールドバーグは言う。

当時は、選手に2年間のチームステータスが保証される前だったので(ゴールドバーグは、2年在籍という現在の方針を称賛している)、ただでさえ緊張感のある環境にさらにプレッシャーが加わることになった。一方、ゴールドバーグは1年間、冷静な判断力と責任感でレースに臨むことができた。「そのおかげで、ワールドカップという究極の夢に向かって、常に目標を見据えて走ることができたのです」。

スタートダッシュと長期戦への備え

ゴールドバーグは2012年11月、レイクルイーズでワールドカップ初参戦を果たした。そして、本当の意味での教育が始まった。最初のトレーニングランは大失敗だった。「死ぬかと思いましたよ」とゴールドバーグは振り返る。ブーツが3度傾いていて、そのズレを補正するためにテクニックを調整していたのだ。「若い選手だと、いろいろな人に触られるから、いつも同じようにはいかないんだ」と、ゴールドバーグは説明する。ブーツの専門家であるフーベルト・イムラー氏(SRMで紹介しています)がこの問題を解決し、ゴールドバーグ氏は自分のスキーを再調整したのです。その翌週、彼にとって2回目のワールドカップとなったビーバー・クリークのスーパーGで、ゴールドバーグはワールドカップ初ポイントを獲得した。その1週間後、ゴールドバーグは全米DH選手権で初優勝(3勝)した。

翌シーズン、ツアー参戦1年目のゴールドバーグは、ウェンゲンで12位となり、初のトップ15入りを果たした。また、2014年ソチオリンピックチームへの出場権を獲得し、コンバインドで11位、GSで19位となった。4シーズン後、彼は初のワールドカップトップ10を獲得し、2度目の平昌オリンピック出場権を獲得した。20/21シーズンの12月にはヴァル・ガルデナで6位を獲得し、表彰台に近づいた。昨シーズンは脛骨高原にヒビが入った状態で滑走し、2022年オリンピック代表の男子6人のうちの1人の座を狙った。その目標は達成できなかったが、彼は次のステップに集中している。

「ゴルディー」、ピースを組み立てる。

コーチのアーバン・プラニンセック氏はこう言います。"表彰台の日は必ず来る!" プラニンセックは、ゴールドベルグを「WC DHツアーでスピードを伸ばすのに最適な選手のひとり」と評する。その証拠に、ゴールドバーグのトレーニングランはトップ5入りし、セクションでも優勝している。しかし、そのスピードが裏目に出て、ミスをすることもある。しかし、そのスピードが逆にミスを誘うこともある。プラニンセックは、「彼は全力を尽くせば報われるタイプだ」と言う。

ゴールドバーグの旅は、ワールドカップのコースで経験を積むことに近道はないことを浮き彫りにしている。そのためには、テクニックを磨き、道具を調整し、心身の強さと回復力を身につけることが必要だ。そして、いつ、どのように、自分以外のものに目を向けるか。

道具の重要性

早くから学んできたように、適切な用具を持ち、それを調整し続けることは、常に挑戦し続けることです。ブーツのフィット感やアライメント、スキーのチューニングや準備の問題などです。違和感を覚えたとき、それが自分のせいなのか、それとも道具のせいなのか、その見極めは難しい。ゴールドバーグはアスリートに、問題の原因となりうるものをすべて追いかけるようにアドバイスする。なぜなら、用具の問題を無視すると、テクニックの変化につながり、より深い穴に入ってしまうからだ。「私は、何か問題があるとき、自分にはそれがわかると信じるようになりました」。2019年、特に挫折し落胆した後、USST卒業生のチャド・フライシャーに励まされ、ゴールドバーグはシーズン最後のワールドカップで自分のスキーをチューニングした。そして、これまでの最高成績に匹敵する9位を獲得した。

「何か問題があるとわかっていて、できることはすべてやったからだ。というのも、何か問題があるとわかっていて、できることはすべてやったからだ。時には、自分が決断しなければならないことを深く知り、それを実行に移すのです」。過去5年間、ゴールドバーグは自分でブーツのフィッティングを行い、チームはシーズン中、ブーツを削る道具を持って移動しています。

成長への意識

ブレイクスルーは、魔法のように起こるのではない。むしろ、積極的に助けを求め、素直に受け入れることで、ブレークスルーがもたらされた。「私の両親は、私に解決策を見つけさせ、助けを求めるように仕向けるのが上手かったと思います」と、ゴールドバーグは言う。Dチームで悩んでいたとき、精神的な強さを高めるコーチに相談しはじめたという。"自分の自信がどん底にあるのがわかったんだ" ストウで行われた雨のレースで、彼はチームメイトの母親で、メンタルの強さのコーチングを行っているバーバラ・アン・コクランに出くわした(SRMの記事はこちら)。二人は意気投合し、対話を続けるようになった。「彼女は、物事を単純化し、レースやスキー、競技を楽しむためのマインドセットを持つ、本当に良い方法を持っていた」。2人は今でも連絡を取り合っている。

恐怖心

ダウンヒルでは、小さなものからキャリアを終えるものまで、転倒や怪我が日常茶飯事です。ゴールドバーグは、ダウンヒルレースで避けることのできないこの側面について、「恐怖に慣れることができると思う」と言う。キッツビューエルとの戦いは、その典型だ。「どの選手もキッツビューエルでの最初のトレーニングランは恐怖を感じるものだ」とゴールドバーグは言う。「しかし、それでも毎年怖いのです」。レーサーは恐怖を口にすることは少ないが、その兆候はある。"みんなが超静かなときは、みんなが緊張していて危険だとわかる。"

2016年はそのような年であり、ゴールドバーグはスタート地点で待つレーサーたちの中にいて、何度もヘリコプターで避難して日が暮れる中、自信と落ち着きを取り戻すためにあらゆる精神戦術を駆使し、自分の頭の中に閉じこもっていたのである。「コンディションがあまりに悪かったので、クラッシュする覚悟で準備万端だったんだ。でも、スタートから押し出さなければならなかったんだ。最終的に主催者はレースを中止させたが、このシナリオは、ダウンヒルでは現場での経験に代わるものはないことを改めて示している。

技術的な問題

スノーバードのスキー教育の賜物は、スポーツに対する自由闊達で純粋な愛情である。しかし、ゴールドバーグにとって、そのギャップは、技術に規律を与える訓練に対する忍耐力であった。そのギャップは、最終的に悪い癖となって表れ、それを直すのは大変だった。「ワールドカップでは、技術的に必要なレベルに達していなかったんだ。氷河の上のロボット」であることに矛盾を感じながらも、ゴールドバーグは、ドリルで技術を強化しなければ、きれいな滑りをすることはできないことを理解している。「ここ数年、トレーニングのたびに、技術的にうまく滑れるように、そして必ずしも速く滑れるように心がけています。

母なる自然

道具、技術、準備のすべてが整っていても、環境条件によってくじ引きになることがある。「コースがうまく整った年もあったし、気分もいいんだけど、毎年すべてが変わるんだ。平昌のハリケーンのような強風、キッツビューエルの爆弾低気圧、あるいは典型的なレース中の急激なコンディションの変化などです。「45位からスタートしたのでは、その順位はどうなるのか、みんな分かっていないようだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan