クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

W杯男子スラローム キッツビューエル



デイブ・ライディングがキッツビューエル2022のスラロームで優勝し、英国スキーの歴史に名を刻む。

キッツビューエル-今日、土曜日、キッツビューエルのガンスレルンハングでスラロームクラシックが開催された。記念すべきレースでは、経験豊富なイギリス人のデイブ・ライディングが1.41,26分というタイムで最後にトップに立ちました。この「島から来た男」の後ろには、ルーカス・ブラッセン(+0.38)とヘンリック・クリストファーセン(+0.65)が2位と3位に入り、後者はハーフタイムで24位となった後も急浮上している。

デイブ・ライディング:「私にとって生涯の夢が実現しました。今日、ここで勝てるとは思っていなかっただろう。その時は、なんだか頭の中が真っ白になりました。アレックスには勿体ないと思いました。でも、その時は私の出番だったんです。キッツビューエルは私が好きなんだと思う"。

ルーカス・ブラッセン:「今シーズンはとてもクレイジーだ。上位人気者はすべてのレースで脱落する。今年のキッツビューエルはとても大変でした。2位はとてもうれしいです。とても特別なものです。ワールドカップではウェンゲンとキッツビューエルがお気に入りです。これは私にとってとても大きなことなのです。

ヘンリク・クリストファーセン:「最終滑走は確かに良くなったが、僕の流れは100%ではないんだ。それがシュラドミングによって実現することを願っています。私はとても速く走れることを知っている。ウェンゲンでそれを見ることができた。しかし、1本目で1.6秒差というのは、あまりにもひどすぎる。でも、2本目の方が良かった。確かに、思うようにはいきませんね。でも、そういうものなんです。3位は夢にも思わなかったほどです。先週末のウェンゲンでは運が悪かったが、今日はちょっとだけ運があった。上手に滑れば、トップランナーの仲間入りができる。1本目は滑りが悪く、2本目は良かった。良いトレーニングを積んで、シュラドミングで再びうまくいくことを期待している。スラロームでは、タイムギャップが近くて簡単ではない。みんな限界まで滑っているんです。"

2人のホームレーサー、マイケル・マット(+0.78)とヨハネス・シュトロルツ(+0.80)はほぼ同等の速さで、4位と5位を獲得した。イタリアのトマソ・サラ選手(+0.86)は、非常に良いパフォーマンスを見せ、6位でフィニッシュした。ロイック・メイラード(+0.88)とマーク・ロシャット(+0.96)の2人のスイス人スキーヤーは、今日のガムシュタットのゲートランを7位と8位で終えました。

クロアチアのシモン・モーベルガー(9位、+1.01)とフィリップ・ズブチッチ(10位、+1.09)がトップ10に名を連ねた。オーストリアのマルコ・シュワルツ(+1.21)は今日12位で、13位に入った経験豊富なスイス人のルカ・アエルニ(+1.49)より100分の28秒速いタイムだった。ドイツから出場したライナス・シュトラッサー選手(+1.69)とアントン・トレメル選手(+2.16)は14位と17位にランクされた。

中でも、地元で16位となったオーストリアのドミニク・ラシュナー選手(+1.76)は、その間に入った。決勝では、1本目を終えて2位に落ちていたフランスのクレメン・ノエル選手(+1.73)が、完全にペースを乱され、15位まで落ちてしまいました。中間地点でトップに立った南チロルのAlex Vinatzerは、真っ暗な2本目を経験し、ライディングとの差は2.34秒で最後から2番目、18番目に位置づけた。

合計で19名しかゴールしていない。スイスのノエル・フォン・グリューニンゲン、ラモン・ゼンホイゼルン、サンドロ・シモネ、ダニエル・ユールの4人は、ノルウェーの世界チャンピオン、セバスチャン・フォス・ソレヴォーグ、イタリアのジュリアーノ・ラッツォーリ、大国のアレクシー・パンチュローとともに脱落してしまったのだ。火曜日には、シュラドミングのプラナイで次の男子ゲートレースが予定されている。同じようにエキサイティングなスラロームを期待したい。

種目別ランキングでは、ブラッセンがフォス・ソレヴォーグと今日脱落したユールを抑えて首位に立っている。今日の優勝者は、キッツビューエルでの勝利でイギリスのアルペン・ウインタースポーツの歴史に名を刻んだデイブ・ライディングだったからだ。





トップ3おめでとうございます🥇🥈🥇🥈🥈🥈🥉🥉🥉🥉🥇🥈大変でした
デイヴ・ライディング選手のワールドカップ初優勝、イギリス初のワールドカップ優勝、そしてノルウェーのルーカス・ブラッセン選手とヘンリック・クリストファーソン選手の2位と3位、おめでとうございます。
追伸:ハーネンカムレースでは、すでにイギリスから優勝者が出ている。1931年の初開催で、ゴードン・クリーバーが複合で優勝したのだ。





ライディングが歴史を刻む! マット&ストロルツがトップ5入り

土曜日のキッツビューエルでのスラロームでデイブ・ライディングが優勝した。歴史的な出来事:スキーワールドカップでイギリス人選手が初優勝した。オーストリア勢ではミハエル・マットが4位に入り、そのすぐ後ろにヨハネス・シュトロルツが続いた。

キッツビューエルで開催されたアルペンスキー・ワールドカップで、デイブ・ライディングがイギリス人として初優勝を飾ったのだ。35歳の彼は土曜日のハーネンカム回転で6位から表彰台のトップに立ち、ノルウェーのルーカス・ブラッセンとヘンリック・クリストファーセンのデュオを抑えて10万ユーロの大金を手にしたのである。

オーストリアのMichael MattとJohannes Strolzが4位、5位と続いた。ハーフタイムリーダーのアレックス・ヴィナツァーは、惜しくも失敗してチャンスなし。

最終順位
1位 デビッド・ライディング(イギリス)1分41秒26
2位 ルーカス・ブラセン(NOR) 1:41,64 +0,38
3位 ヘンリク・クリストファーセン(NOR) 1:41,91 +0,65
4位 マイケル・マット(AUT) 1:42,04 +0,78
5 ヨハネス・シュトロルツ(AUT) 1:42,06 +0,80
6位 Tommaso Sala (ITA) 1:42,12 +0,86
7 ロイック・メイヤード(SUI) 1:42,14 +0,88
8位 マーク・ロシャット(SUI) 1:42,22 +0,96
9 シモン・モーベルガー(ITA) 1:42,27 +1,01
10位 フィリップ・ズブチッチ(CRO) 1:42,35 +1,09
11位 ルーク・ウィンタース(USA) 1:42,39 +1,13
12位 マルコ・シュワルツ(AUT) 1:42,47 +1,21
13位 ルカ・アエルニ(SUI) 1:42,75 +1,49
14位 ライナス・シュトラッサー(GER) 1:42,95 +1,69
15位 クレメント・ノエル(フランス) 1:42,99 +1,73
16位 ドミニク・ラシュナー(AUT) 1:43.02 +1.76
17位 Anton Tremmel (GER) 1:43,42 +2,16
18位 アレックス・ヴィナツァー(ITA) 1:43,60 +2,34
19 サミュエル・コレガ(CRO) 1:45,14 +3,88

1回戦敗退:エリック・リード(CAN)、アレクサンダー・ホロシロフ(RUS)、アルベルト・ポポフ(BUL)、マンフレート・モルグ(ITA)、タンギー・ネフ(SUI)

2本目敗退:ステファノ・グロス(イタリア)、サンドロ・シモネ(SUI)、ジュリアーノ・ラッツォーリ(ITA)、セバスチャン・フォス・ソレヴァーグ(NOR)、ベンジャミン・リッチー(USA)、ノエル・フォン・グリューニゲン(SUI)、ダニエル・ユール(SUI)、ラモン・ゼンハウゼル(SUI)、ザン・クランジェック(SLO)、クリストフェル・ヤコブセン(SWE)、アレクシー・パンチュロー(FRA)





🔴デイブ・ライディングのために騒いでください。プラスチック製のゲレンデから、スキー・ワールドカップでイギリスが史上初の勝利を収めるまで。
35年前から求めていたキッツビューエルでの勝利。
さあ、デイブ、あなたはスキーの歴史に永遠に残るのです!





雪が舞い、クラッシュ祭り、勝利のプレミア:#キッツビュール のスラローム、今年もハチャメチャな展開に。でも、最初から
大雪の中、ロイック・メイヤールとマルク・ロシャがガンスレンハングで7位と8位に入り、ルカ・アエルニは13位でフィニッシュした。
ラモン・ゼンホイゼルン、ダニエル・ユール、サンドロ・シモネ、ノエル・フォン・グリュニゲンら11名のスイス人選手は2本目で敗退した。
⛷ 勝利は、デイブ #ライディング が初めて手にしました。35歳は、イギリス史上初の勝利を手にした。
ライディングの後方では、ウェンゲンで優勝したルーカス #ブラッヘンが2位、第2レースで21ポジションアップしたヘンリック #クリストファーセンが3位となった。




続きを読む

W杯男子スラローム キッツビューエル



キッツの表彰台を過ぎたあたり

マイケル・マットがまた戻ってきた。平昌五輪の銅メダリストは、土曜日のキッツビューエルのスラロームでオーストリア人として最高の成績を収め、4位に入り、0.13秒差で表彰台を逃した。

ガンスレンハングでセンセーショナルな勝利を収めたのはイギリスのデイブ・ライディングで、ノルウェーのルーカス・ブラッセン(+0.38秒)、ヘンリック・クリストファーセン(+0.65秒)を抑えて優勝した。ワールドカップでイギリスから初の優勝を果たしたのです

レース前にも、28歳のFlirscherは「私の目標はもちろんトップでゴールすることです!」と語っていた。飛行機に乗りたければ、前に出て、自分の力を見せなければならない。" ミハエル・マットはキッツビューエルで今シーズン最高の成績を収めた。

「そして、ようやくアクセルを踏み込むことができるようになった。また楽しくて仕方がなかった。最後のトランジションまではとても良い乗り心地でした。それをさらにうまくキャッチできれば、表彰台と一緒に回れたはずだ。フォームがすごく、良くなっているんです。経験も豊富で、北京でもメダルを狙えると思っています。"

アデルボーデンの勝者、ヨハネス・シュトロルツも5位(+0.80)となり、ようやく上位入賞を果たしました。スキーで一度だけ交差しましたが、それ以外は常にアクセルを踏むように心がけ、かなりうまくいきました。"

マルコ・シュワルツは1.21秒差で12位だった。





▶️ガンスラーンゲレンデの4番と5番◀️の場所
キッツビューエルで開催されたスラローム・クラシックでは、ミハエル・マットが4位と健闘した。Johannes Strolzはその真後ろで5位を獲得した💪🇦🇹。
優勝はデイブ・ライディング(イギリス)で、ノルウェーのルーカス・ブラッセンとヘンリック・クリストファーセンの2人を抑えての勝利となった。





ミヒャエル・マットはキッツビューエルで4位となり、今シーズン最高の成績を収め、北京オリンピックへの参加を希望している。

W杯男子スラローム キッツビューエル

220122SLm




いぇーい!🔥🔥💢💢💢。
デイブ・ライディングがキッツビューエルで優勝🤘🏆🥇🤘🤘🏆🥇。
うぉーーーー🥳🏆🥇🤘🔥💢💢💢💢💢🔥。





フィサルパイン・ワールドカップのキッツビューエル・回転でダバリーディングが金メダルを獲得しました
イギリス初のアルペンスキーワールドカップの金メダル、来月の北京2022に照準を合わせています。





デイブ・ライディングがアルペンスキー史上初のイギリス人優勝。 2位はルーカス・ブラッセン、3位はクリストファーセン。トマソ・サラ 史上最高のパフォーマンスで6位! シモン・モーベルガー(9位)も2本目のタイムで18位を挽回する健闘を見せた。 ラッツォーリもスーパーランの末に脱落した。グロスも出ています。


W杯女子ダウンヒル コルティナ・ダンペッツォ

オーストリアでの高速クラッシュの1週間後、ゴッジャは、短縮されたオリンピア デッレ トファーネのコースで災難に見舞われながらも、今シーズンワールドカップダウンヒル5戦で4勝目を挙げた。



五輪代表のゴッジャがコルティナで大暴れするも勝利

イタリア、コルティーナダンペッツォ - 直立を保ち、ゲート内にとどまることができれば、最近のダウンヒルではソフィア・ゴッジアに勝るものはないだろう。来月開催される北京オリンピックで、彼女が再びオリンピックチャンピオンになることが圧倒的に期待されているのは、そのためだ。

オーストリアでの高速クラッシュから1週間後、ゴッジアは今シーズンのワールドカップダウンヒル5戦で4勝目を挙げたが、土曜日、短縮されたオリンピアデレトファーネコースで災難続きの滑りとなった。

滑走開始直後に大きな突風に見舞われ、ゴッジャは大きく押し出され、レースラインに戻るためにスキーをチェックしなければならなかった。さらに下ったところで、再びコースアウトし、ゲートを踏み外しそうになった。しかしゴッジャはそれぞれのアクシデントの後にスピードを取り戻し、オーストリアのラモーナ・シーベンホーファーに0.20秒の差をつけて優勝を果たした。

ゴッジャはゴール直後、自分自身に動揺しているように見えたが、頭を上げて自分がトップであることを確認すると明らかに驚き、まるで "どうしてこうなった?"とでも言うように両手を上げた。そして、雪の上に後ろ向きに倒れ込み、喜びをかみしめた。

「風が強すぎて、体がねじれたんだ」とゴッジャは言った。「今日やったことを全部やって、グリーンライトが見えたなんて、信じられない。特にここコルティナでは、夢のようだ。自分が1位だとわかったとき、心臓が爆発した」。

ゴッジャは昨シーズン、右ひざの骨を折って、ホームのコルティナでの世界選手権を欠場した。そして先週土曜日のアルテンマークト・ツァウヘンゼーでは、トップを走っていたが、コースの暗い部分でコントロールを失い、セーフティーネットに激突した。大きな怪我は免れたが、月曜日には歩けなくなるほど痛めつけられた。

「タフな1週間だった」とゴーギアは語った。「一日中、理学療法をやっていました」。

2018年のオリンピックでスキーとスノーボードの両方で金メダルを獲得したチェコの選手、Ester Ledeckaは、Goggiaと0.26差で3位に入賞しました。

ゴッジャは2つのスーパーGを含む今シーズン通算6勝目であり、日曜日の別のスーパーGでキャリア通算17勝に加えることができます。

ゴッジアは4年前のコルチナでのダウンヒルでも優勝している。当時、彼女はリンゼイ・ボンの後を継いでスポーツ界のトップスピードスキーヤーとなり始めたところだった。

「今日、私はファンの暖かさと愛情を感じた」とゴッジャは語った。「これは私のキャリアの中で最も素晴らしい勝利のひとつだと思う。

この日の強風のため、主催者はスタート地点を下げ、2つの岩壁の間のシュートであるトファーネ・シュスなど、コルティナコースの特徴的なセクションをいくつも排除せざるを得なかった。

コースの約3分の1が削除されたことで、金曜日の最終トレーニングセッションのタイムが30秒短縮され、ゴッジャ(他に誰?- ゴッジアが率いる。

ブリージー・ジョンソンは、今シーズン開幕から3回のダウンヒルで2位に入賞しているが、金曜日の第2トレーニングセッションでクラッシュし、2回連続ダウンヒルを失敗した。この2週間で2度目の転倒であった。

ワールドカップ総合首位のミカエラ・シフリンもレースをスキップしたため、ゴッジャはランキング3位の座を強化することができた。

シフリンは同じく欠場したペトラ・ヴルホヴァに37ポイントの差をつけており、ゴッジャは197ポイント差でシフリンを追っている。

シーベンホーファーは2019年のコルティナのダウンヒルで2勝している。

レデッカはスキーで今季初の表彰台の結果をつかんだ。スノーボードのパラレル大回転で今シーズン最高の成績を収めたのもコルティナで、先月、谷の反対側にあるイタリアのリゾートで行われたワールドカップのレースで優勝していたのだ。

何人かのトップ選手はこのテクニカルなコースに苦戦した。

昨シーズンのコルチナでの世界選手権に加え、ゴッジャが転倒した先週末のダウンヒルで2つの金メダルを獲得したスイス人スキーヤー、ララ・グート・ベーラミは滑りでいくつかのミスを犯し9位でゴールした。

フェデリカ・ブリニョーネはグート・ベーラミと同じく元総合チャンピオンだが、滑降の途中のジャンプでコントロールを取り戻すためにスキーを除雪車のような位置に置かなければならなかった。19位でゴールした。

アメリカのトップはジャクリーン・ワイルズで14位、アリックス・ウィルキンソンは18位だった。21歳にして初のワールドカップ・ポイントを獲得した。

北京大会は2月4日に開幕し、女子滑降は2月15日に予定されています。

リザルト


Screen-Shot-2022-01-22-at-6.09.17-AM-1024x828



現在進行中のゲームをプレイしていますが、その中でも特に注目されているのが、このゲームです。📸🙈

W杯女子ダウンヒル コルティナ・ダンペッツォ






W杯男子スラローム キッツビューエル



1本目の走行で最速を記録 ⛷。
ガンスレルン斜面の1本目を終えて、アレックス・ヴィナツァー(イタリア)がリードしている。2位にはC・ノエル(フランス)、3位にはS・フォス・ソレヴァーグ(ノルウェー)が続いた。





アレックス・ビナツァーはキッツビューエルの男子スラローム1本目で悲鳴を上げた。ヴァル・ガルデナ出身の22歳は完璧な走りを披露し、暫定1位でフィニッシュした💪。
ジュリアーノ・ラッツォーリも素晴らしい走りを見せ、チームメイトと73分の1差で4位となった。しかし、イタリアチームの素晴らしい初走行で、Tommaso Salaが8位、Stefano Grossが10位となり、トップ10に入ったイタリア人は4人となった😍。
28位のSimon Maurbergerもトップ30に入っています👊。
13:45に予定されている第2ヒートへの準備は万端。RaiSportとEurosport Italiaでライブ中継され、私たちの仲間と一緒に夢を見ましょう💪。














ハート&パッションを込めた💙💙。
ハーネンカム・レースに長年勤務しているトニ、ゲルハルト、ペーターの3人が、このスポーツイベントが彼らにとってどのような意味を持つのかを語ってくれた。
続きを読む

W杯女子ダウンヒル コルティナ・ダンペッツォ



ソフィア・ゴッジアがコルティナ・ダンペッツォのホームダウンヒルでも勝利し、大喜び

今日、土曜日はコルティナ・ダンペッツォで女子ダウンヒルが開催された。短縮されたコースで、イタリアのソフィア・ゴッジアが1分6秒98で優勝し、オーストリアのラモーナ・シーベンホーファー(2位、+0.20)とチェコのエスター・レデッカ(3位、+0.26)に競り勝ちました。紺碧のハイフライヤーにとっては、第5戦で今季4勝目を挙げたことになる。ツァウヘンゼーでの転倒が、この素晴らしい成功の連続を不本意ながら中断させることになった。

ソフィア・ゴッホ「すごいですね。風が強くて、雪が積もって何も見えないんです。でも、"ワイルド・ヘン "というあだ名を証明したかったんです。最高の一日でした、ただただ幸せです。私のキャリアの中でも最高の一日だと思います。ザウヘンゼーでの転倒から、私の復帰は成功した。"

ラモーナ・シーベンホーファー選手談:「ここコルティナでのレースはとてもいい感じ。いい走りを見せることができたのでよかった。スーパーGのパートでは、少し向かい風になりました。下部では攻撃的なラインを選択するようにし、それがうまくいった。自分しか見ていないので、公平かどうか判断できない。確かに運は必要ですが、危険ではありません。少し短いのが残念です。もしかしたら、プログラムが回っていたかもしれない。"

スイスのコリンヌ・スーター(+0.33)は100分の7秒差で表彰台を逃し、ミリアム・プフナー(+0.37)はゼッケン1番の選手としてOlimpia delle Tofaneのレースで5位となった。ザルツブルクの女性の後方には、短期間の休養を経てスキーサーカスに復帰したスイスのミッシェル・ギシン(+0.44)が6位にランクインしています。

ミリアム・プフナー:「今日はスタート番号1番が全く気にならなかった。自分で選んだんです。もちろん、その時はあなたがテストパイロットです。でも練習走行は2回行ったし、スタートはもっと後ろだったから、これ以上ないくらい大変だった。風が強く、フェアな戦いではなかったが、レースができることを幸せに思うべきだろう。練習走行では、正しいフィーリングを見つけることができなかった。だから今、これが一歩だったんですね。頑張らなくては"

OSVチームのエリザベス・ライジンガー(+0.57)は、非常に良い結果に満足しています。ビブ25番で7位に入り、経験豊富なノルウェーのラグンヒル・モヴィンケル選手(+0.59)を僅差で8位に追いやったのです。ランキングのトップ10には、ティチーノ州のララ・グート・ベーラミさん(9位、+0.68)とドイツのキラ・ヴァイドルさん(10位、+0.81)が入りました。

エリザベート・ライジンガー「私にとっては少し驚きです。トレーニングは40位から始まり、それがここで初めて滑った時だった。これだけ上達できたのは嬉しい限りです。結果を持ってくることが大事なんです。この2年間、オリンピックセンターの皆さんには大変お世話になりました。今、何かお返しができてうれしいです。"

スイススキーチームのプリスカ・ヌファー (+0.99) は12位だった。オーストリアのクリスティーン・シャイヤー(+1.05)は北イタリアのベルーノ県で13位、ガルデナ・グレーデンのニコル(+1.10)とナディア・デラゴ(+1.24)姉妹は地元で14位と18位に留まった。OSVチームのステファニー・ヴェニエは、練習の成果を発揮することができず、短縮されたコースでスイスのジャスミン・フルリー(それぞれ+1.39)と同じ20位という結果に終わってしまいました。

ヴェニエのチームメイトであるタマラ・ティップラー、サブリナ・マイアー、ナディーン・フェスト、スイスのノエミー・コリーはベスト20に入らなかった。 スタート番号が上の選手がランキングを揺るがすことがないように願いたいものだ。そうでなければ、ワールドカップで何点か獲得するのに近いかもしれません。

種目別ランキングでは、ゴーギャンが400点で単独首位に立つ。シーベンホーファーは、今日スタートしなかったブリージー・ジョンソン(米国)を今日の2位で抜き去り、3位に追いやった。次の女子ダウンヒルはちょうど1週間後、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンで開催される。

35名の選手が参加した現在の中間順位です。ライブティッカーで、まだスタート地点に残っている男たちを追うことができます。トップ15に変動があった場合は、もちろん更新します。





またソフィア、いつもソフィア😍。
ベルガモ出身の選手が今季6勝目(ダウンヒル4勝目)をあげ、さらにコルティナのダウンヒルでも勝利した 🥇。
ワールドカップでは、デボラ・コンパニョーニを抜いて12勝目、フェデリカ・ブリニョーネを抜いて17勝目となり、伝説的なシーズンとなった👏🇮🇹🇹





優勝まであとコンマ2秒

オーストリアのスピードエース、ラモーナ・シーベンホーファーがまたもや首位に立った。土曜日のコルティナ(イタリア)のダウンヒルでは、シュタイヤーマンはワールドカップで活躍するソフィア・ゴッジアに0.20秒差で敗れただけだった。

突風のため短縮されたトファナで1分6秒98のタイムで優勝し、母国の観客の喝采を浴びました。3位にはオリンピックスーパーGチャンピオンのエステル・レデカ(チェコ/+0.26秒)が入りました。

シーベンホーファーは「コルティナのレースは本当に好きだ。スーパーGのセクションの上ではかなり向かい風だったが、重要なのは、上から下まで戦い、1メートルでも多く滑ってポジションを確保しようと思ったことだ。また、首位に立つには、ちょっとした運も必要です。たぶん、プログラムは逆になっていたはずで、今日はスーパーG、明日はダウンヒルということもできたはずだ」。

クラカウベーネ出身の30歳の警察選手は、優勝したゴッジャについて、「ソフィアは限界に近かったし、ザウヘンゼーで大転倒した後なのに、すごいね!」と語っている。とはいえ、最終的には彼女を曲げてほしいと思っています。次のダウンヒルか、その次のダウンヒルかもしれない"。ガルミッシュのダウンヒルや北京オリンピックのダウンヒルですね。

2位のオーストリア人は、ミリアム・プフナー選手で5位(+0.37)でした。ザルツブルクのスキーヤーはゼッケン1番でレースをスタートしたが、100分の11秒差で表彰台を逃した。「今日も良い方向に進んだよ。明日のスーパーGが楽しみだ。"

25歳のオーストリア人ライジンガーが7位(+0.57)に入賞し、十字靭帯断裂から復帰した今シーズン、ワールドカップで自己最高の成績を収めた。「40位だったトレーニングの後だったので、自分でも驚いています。リンツのオリンピックセンターが、私の体調を整えるためにできる限りのことをしてくれたおかげです。もっと感謝されるような結果が出ることを期待しています」。,

他のオーストリアの人たち クリスティン・シャイヤー13位(+1.05)、ステファニー・ヴェニアー23位(+1.39)、サブリナ・マイヤー25位(+1.51)、タマラ・ティップラー26位(+1.39)、ナディーン・フェスト30位(+1.72)です。





惜しかったですね🙆♀️。
コルチナのダウンヒルでコリンヌ・スーターが4位に入賞🇮🇹表彰台からわずかに外れた👏。
ミッシェル・ギザン(6位)とララ・グート・ベーラミ(9位)もトップ10に入り、プリスカ・ヌファーは12位と健闘しています。




➡️ シーベンホーファーが2位⬅️。
ラモーナ・シーベンホーファーがコルティナ・ダンペッツォ・スキーのワールドカップダウンヒルで2位に入賞☺️。
チーム全体では、トップ10に3人が入っています🙌🏻 ミルヤム・プフナーが5位、エリザベート・ライジンガーが7位と、強力な成績を収めています
好き=強いパフォーマンス、おめでとうございます




マルセル・ヒルシャーの ”The STREIF”



https://fb.watch/aHKK5RNmIT/

FISレースディレクターのマルクス・ヴァルトナー、”現在抱えている最大の問題はコビド19です”



FISレースディレクターのマーカス・ワルドナー氏は、本日の「チームキャプテンミーティング」終了後、ORFのインタビューに応じました。今日のシュトライフのダウンヒルの構成について、金曜日から土曜日にかけての天候と夜間の降雪の予想について、そしてコヴィッド-19の問題が大きくなっていることについて話した。

FISレースディレクターのマルクス・ワルドナー氏:「常にスリルがあるが、冷静でなければならない。インスブルック空港の気象センター、そしてオーストリア国軍の専門家に感謝したい。そのおかげで、私たちはある決断を下すことができるのです。今日はまさに天気に恵まれた日でしたね。マウズファレは突風が強く、残念ながら最上階からのテイクオフは不可能だった。少し下げたのは正しい判断だったと思う。

天気予報によると、また雪が降るそうで、冬にはもってこいですね。明日は最大で0.5メートルと予想されます。しかし、ガンスレンハングには非常に強力なチームがあります。ベースとなる準備が素晴らしく、皆のモチベーションも高い。コントロールできるようになると思います。レース中に大雪が降るだろうが、ここは以前にも同じようなことがあった。寒いので、スキーゴーグルが曇っても問題はないだろう。レースに立ちはだかるものは何もないと思います。

最大の問題はCovid-19で、これはまさに私たちが望んでいなかったことです。移動が多いので、注意していても、コンタクトがあったり、他の人と一緒に来たりするので、すでに恐れていたのです。そうすると、嫌な予感がすることがあります。アデルボーデンにもウェンゲンにも行ったし、どこかでマヌエル・フェラーも手に入れたんだ。症状がない場合、後で陰性の検査が提出できる可能性が少しでもあるなら、選手を残して抽選することをコビド対策本部と合意しています。しかし、フェラーの場合、CT値が30を切ってから、残念ながらグリーンライトが出なかった。ヴィンス(・クリークマイヤー)とは全く違う。ヴィンスは、陰性判定を出し、許可が下りた。マヌーは明日の優勝候補の一人だっただけに、本当に残念だ。

オリンピックに向けて、本当にこのような事件が起こりうる状況になったのです" と。

W杯男子スラローム キッツビューエル



それは困る...。Linus Straserは非常に力強い走りを見せるが、最後のトランジションでこのミスに投げ出され、一時離脱してしまう。ARDのウィンタースポーツ専門家フェリックス・ノイロイターと解説のベルント・シュメルツァーが一緒に応援しています!🦅。😳

アデルボーデン・スラローム・チャンプのシュトロルツは、自分のスキーのチューニングにこだわっている

オーストリアチームから降格させられたヨハネス・シュトロルツは、表彰台の頂点に立つために型破りな道を歩んでいる。



昨年の春、オーストリア・スキーチームから降格させられたヨハネス・シュトロルツは、レーシングスキーを手放すことを真剣に考えた。

29歳のオーストリア人は、キャリアの岐路に立たされ、次に進むべき方向がわからなくなっていたのだ。2020-21シーズン、シュトロルツはワールドカップ・スラロームのランキングで35位、合計40ポイントしか獲得できなかった。

自分の能力と可能性を信じてくれる周囲の人々に励まされ、シュトロルツは前進を続けることを決意した。

「私はいつも世界最高のスキーヤーの一人になれると思っていたし、多くのコーチやチームスタッフが、君にはすべてがあるといつも言ってくれた。「技術、身体能力、精神力があると言われても、それが実現しないとなると、もがき苦しみ、心配になる。

全面的なサポートはしないものの、オーストリア・スキーチームは彼がシーズン前のトレーニングキャンプに参加することを許可し、もし競争力があることを証明できれば、シュトロルツは再びワールドカップに出場することができるようになった。しかし、その条件として、チームからスキー技術者の派遣は受けられない。シュトロルツは、この新しい取り決めに納得した。

「スキールームでエッジを研いだり、ワックスをかけたりするのは大変な作業だし、エネルギーも必要だ」。「デメリットもあるが、技術者であると同時にアスリートでもあるのだから、メリットもある。

「スキーを準備することは、GSのトレーニングやレースと同じように、自分にとって第2の分野と考えるようにした。「スキーを準備する良い方法を見つけたし、それについて良い気分でいる。

開幕戦のヴァル・ディゼールのスラロームでリタイアした後、ストルツは前進を続け、12月のマドンナ・ディ・カンピーリオのナイトスラロームでは1本目に11位に入るなど、スピードを見せた。 2本目も失敗したが、オーストリア・スキー・チームは、この旅慣れたレーサーに再び技術者を提供することにした。

シュトロルツは丁重にお断りした。

「スキーレースは、自分自身と自分の道具を信頼するものだからです」とシュトロルツは言う。「もし、次のレースのスタート地点に立っているときに、自分のスキーを準備していなかったら、100%の自信が持てないという思いがあったので、自分で準備し続けることにしたんです」。

彼の賭けは成功した。
チュエニスベアグリを制覇する

アデルボーデンのチュエニスベアグリの丘で、2万人のスイス人ファンが旗を振って見守る中、シュトルツは、それまでの常識を覆すようなパフォーマンスを披露した。38番手からスタートしたシュトルツは、フルスロットルで見事な走りを見せ、午前中の走行を終えて7位まで順位を上げた。1本目のトップ、ファビオ・グストラインとマニュエル・フェラーからわずか0.17秒差である。

「ファビオとは前日に一緒に練習して、その日の最速タイムを争っていたんだ。

「ウォーミングアップのとき、視界が少し良くなったので、これ以上良くなることはないだろうと思い、チャンスをうかがって本当に良い結果を出したいと思った」とストロルツは語った。「とストロルツは言った。「私はレーザーに集中し、全力を尽くそうとした。

失うものは何もなく、得るものはすべてある状態で、ストルツは2本目の68ゲートを全開で駆け抜けた。彼のこれまでの最高位は2020年12月のマドンナ・ディ・カンピーリオでの10位である。

スラローム界の著名人の中には、2本目で失速した者もいた。ラモン・ゼンハウゼン、アレクシス・パントュロー、2度の優勝経験を持つヘンリック・クリストファーセン、ルカ・アエルニ、そして最終的にはシュトロルツのオーストリア人チームメイトのグストラインとフェラーだ。フェラーは0.17秒差でゴールし、シュトルツのワールドカップ初勝利は非常にありえないものとなった。

「2本の滑走の間に、シーズン最初の2レースのようにまたがろうかと考えていた」とシュトロルツは認めた。2本の滑走の間に、シーズン最初の2レースのようにまたごうかと考えていた」とシュトロルツは認めた。「自分の将来について考えていたし、キャリアを維持するために今シーズン成功する最後のチャンスかもしれないとも思っていた。

「100%、全開で走るしかないと思っていた。そして、フィニッシュラインを通過し、グリーンライトを見ることができたのは、本当に素晴らしいことだった。チームメイトや他国のライダーがとても喜んでくれて、本当にうれしかった。泣かないようにしようと思っても、止められなかった。ここまで私を助けてくれたすべての人に感謝しているんだと思った。



スラロームでの勝利の2日後、シュトロルツは驚くべきことに、イタリアのタルヴィジオで行なわれたヨーロッパカップ・ダウンヒルのトレーニングランに参加したのだ。ワールドカップに65回出場しているこのベテランオーストリア人は、スラロームとアルペン複合の両方で自身初のオリンピック代表入りを目指している。もし、オーストリアチーム入りを果たせば、1988年のカルガリーオリンピックで父ユベールがアルペン複合で金メダル、大回転で銀メダルを獲得したように、シュトロルツは一家のオリンピック家系を受け継ぐことになるのだ。

「多くの人が私にスラロームをやめてダウンヒルとスーパーGに専念しろと言ったとき、彼はいつもお前は良いスラロームスキーヤーだと言ってくれた」 とヨハネスは父フーバルトについて語る。「彼はいつも100パーセントのサポートをしてくれた。
予測不可能で楽しいワールドカップスラローム

シュトロルツはこの日曜日、アデルボーデンで見せたような魔法をヴェンゲンで再現することはできなかった。ノルウェーのルーカス・ブラッテンが、前週末のストロールズの驚くべき後方集団のパフォーマンスを凌駕する、別世界のような勝利を収めたからである。

「エッジにプレッシャーをかけすぎて、コーナーにまっすぐ入りすぎて、次のゲートで間違った側にジャンプしてしまったんだ」 と、2本目の失敗についてシュトロルツは語った。

今シーズンのスラロームは、特にこの2日間、スイスの雪上で荒々しく、予測不可能な展開となった。ブラアテンはヴェンゲンで、アデルボーデンのシュトロルツよりもさらにセンセーショナルな滑りを見せた。この21歳の新鋭は、1本目の滑走で29位から、優勝を目前にしてノルウェーのチームメイト、クリストファーゼンがゲートをまたいだことで、勝負を決することができたのである。

「彼の2本目は別世界のものだった」とストルツはブラッセンについて語った。

「今、4本のスラロームがあり、4人の優勝者がいる。特にスラロームでは、多くの選手が速く滑れるということを証明している。特にスラロームでは、とてもタイトだ。

「ルーカスと僕のハイビブスの組み合わせは、まさにクレイジーだよ。100%のリスクを冒さなければ、今のところスラロームで何かを成し遂げることはできないだろう。

「2本目は誰が勝ってもおかしくないので、テレビで見る分にはいいことだと思う。

2月の北京オリンピックの前にキッツビューエルとシュラドミングのスラロームが予定されており、今シーズンは合計5回の出場となる。シュトロルツはワールドカップスラロームのランキングで10位につけ、現在トップのセバスチャン・フォス・ソレバークとはわずか80ポイント差である。

このオーストリア人選手は、キッツビューエルの神聖なスラロームと、そのユニークなサイドヒル、フィニッシュへのスキーヤーズライトを戦うことに歓喜している。

「シュトロルツは、キッツのスラロームで3度レースをしているが、2本とも完走したことはない。「すべてのスキーヤーにとって素晴らしいことだが、特にオーストリア人にとっては、多くの偉大なスキーヤーがレースで勝利してきたこのような素晴らしい場所でレースができることは素晴らしいことだ。「伝説的で壮大な場所なんだ。

そして、念のため言っておくが、シュトロルツはキッツビューエルで自分のスキーをチューニングする予定だ。彼はそれ以外の方法を望んでいない。

Baltic Cup 2022 Pozza Di Fassa 2




W杯女子ダウンヒル コルティナ・ダンペッツォ










陽性反応が出たマニュエル・フェラー選手は、母国でのレースを欠場することになった



マニュエル・フェラーはコビド19の感染症により土曜日のハーネンカム回転を欠場することになった。29歳の彼は、ヴェンゲンからザンクト・ヨハンへの帰路の前に検査を受け、月曜日に陽性反応が出たことを知らされた。今日のテストでは、やはりCT値が低すぎました。フェラーがシュラドミングに出場できるかどうかは、まだわからない。冬季オリンピックへの旅がどこまで絶滅の危機に瀕しているかは、まだ決定的な答えが出せない。

OSVのヘッドコーチであるアンドレアス・プーラッハーは、「マンウはウェンゲンからの帰りに検査を受け、月曜日に陽性であることが判明した」と述べている。今日、彼をフリーでテストしようとしたのですが、残念ながら成功しませんでした。本人は不満もなく元気なのですが、やはりCT値が低すぎるのです。シュラドミングと北京は、いまや大きな未知数である。これからどうなっていくのか、見守るしかありません。もちろん、マニュがシュラドミングで先発できること、北京に問題がないことを望んでいる。しかし、それは今の私たちの手には負えません。全てはCT値で決まります。

冬季オリンピックを間近に控えた今、コビド19をめぐる緊張感はすでに非常に高まっている。この先、何が待ち受けているのか、予断を許さない状況です。身内にうつらないことを祈るばかりだが、誰も助からないようだ。健康でいられることを願う。"

米国、アルペン五輪代表を発表。女子11名、男子6名

オリンピック男子アルペンチームのワイルドカードを獲得した選手を紹介します。



U.S. Ski & Snowboardは本日、2022年冬季オリンピック北京大会で米国チームを代表する米国オリンピックアルペンチームのノミネーションを発表しました。ノミネートは、米国オリンピック・パラリンピック委員会が米国オリンピック代表チームを正式に発表した際に確認されます。

このチームには、過去2シーズンのFISワールドカップの舞台で表彰台に上った7人のアスリートが含まれており、その筆頭は、技術とスピードの両分野でメダルを狙う2度のオリンピックチャンピオン、ミカエラ・シフリン選手です。シフリンは、世界の舞台で記録を塗り替え、わずか26歳にして史上最高のスキーヤーの1人となった。彼女は2014年大会の回転の金メダル、2018年大会の大回転の金メダルとアルペン複合の銀メダルと、3度のオリンピックメダリストとして北京に臨みます。シフリンとともに光り輝くのは、現在ダウンヒルランキング世界第2位で、2021-22シーズンにはダウンヒル表彰台を3回獲得しているチームメイトのブリージー・ジョンソンです。

男子では、2021年12月にイタリアのボルミオで開催されたワールドカップで初優勝したライアン・コクラン=シーグルが、ベテラン選手とオリンピック初出場の選手で構成される堅実なメンバーを率いる。2022年オリンピックの2カ月も前にイタリアのヴァル・ガルデナのダウンヒルでワールドカップ初表彰台を大勝利でつかんだブライス・ベネットは、北京で2度目のオリンピック出場を果たします。ベテランのスピードスキーヤー、トラビス・ガノンは、コロラド州ビーバークリークで開催されたXfinity Birds of PreyワールドカップのホームスノーのスーパーGで3位を獲得し、2021-22年シーズンを勢いよくスタートさせた。北京はまた、昨年1月にスイスのアデルボーデンで大クラッシュを起こした大回転のスペシャリスト、トミー・フォードの競技復帰の場となる。

北京でオリンピックデビューする選手には、2021年11月のオーストリア・レヒのパラレルイベントでキャリア初の表彰台をつかんだポーラ・モルツァンをはじめ、ニーナ・オブライエン、キーリー・キャッシュマン、ケイティ・ヘンシアン、AJハルト、モー・リーベル・リバー・ラダムス、ルーク・ウィンタースなどがいます。

チームには、1回以上の3位以内、5位以内、10位以内の入賞と、ワールドカップポイントや裁量によってチームへの参加資格を得た17名の選手が含まれています。予選期間には、2021年10月23日から2022年1月16日までの2021-22年ワールドカップレースが含まれています。

2022年米国オリンピック・アルペンチーム
(氏名、出身地、生年月日、所属クラブ、過去のオリンピック出場回数)

女子
*キーリー・キャッシュマン(カリフォルニア州ストロベリー、1999年4月4日、チーム・パリセーズ・タホ
*ケイティ・ヘンシアン(ワシントン州レッドモンド)1999年12月1日;ローマーク・スキー・アカデミー
*AJ Hurt, Carnelian Bay, California, 2000年12月5日; Team Palisades Tahoe
ブリージー・ジョンソン(アイダホ州ビクター)1996年1月19日、ロウマーク・スキー・アカデミー(オリンピック:2018年)。
*モーリーン "モー "リーベル(カリフォルニア州トラッキー)1998/6/13;シュガーボウルスキーチーム/マンモスマウンテンスキーチーム
トリシア・マンガン(ニューヨーク州バッファロー、1997年3月7日)、ホリエモンレースチーム(オリンピック:2018年
*ポーラ・モルツァン(ミネソタ州プライヤーレイク)1994/4/7;バックヒルスキーチーム/スキー&スノーボードクラブベイル/バーモント大学
*ニーナ・オブライエン(コロラド州エドワーズ)1997/11/29;バーク・マウンテン・アカデミー/チーム・パリセーズ・タホ
ミカエラ・シフリン(コロラド州エドワーズ、1995年3月13日、バーク・マウンテン・アカデミー/スキー&スノーボードクラブ・ベイル(オリンピック:2014年、2018年)
ジャクリーン・"ジャッキー"・ワイルズ(オレゴン州オーロラ、1992年7月13日、ホワイト・パス・スキー・クラブ(オリンピック:2014年開催)
*イザベラ・"ベラ"・ライト(ユタ州ソルトレイクシティ、1997年2月10日、スノーバード・スポーツ教育財団

男性
ブライス・ベネット(カリフォルニア州タホシティ)1992年7月14日、チーム・パリセーズ・タホ(オリンピック:2018年
ライアン・コクラン=シーグル(バーモント州スタークスボロ)1992/3/27;コクランズ/マウントマンスフィールド・スキー&スノーボード・クラブ(オリンピック:2018年
トミー・フォード(オレゴン州ベンド)1989/3/20;マウント・バチェラー・スキー教育財団(オリンピック:2010年、2018年
トラビス・ガノン(カリフォルニア州アルパインメドウズ、1988/7/14)、チーム・パリセーズ・タホ(オリンピック:2014年
*リバー・ラダムス(コロラド州エドワーズ)1998年2月12日、スキー&スノーボードクラブ・ベイル
*ルーク・ウィンタース(オレゴン州グレシャム)、1997年4月2日、シュガーボウルアカデミー
第59回全国中学校 スキー大会
全中スキー


2022年2月1日(火)〜4日(金)
野沢温泉スキー場・カンダハーコース
第71回全国高等学校スキー大会
インターハイスキー

◇開催期間◇
2022年2月6日(日)〜10日(木)

◇競技会場◇
安比高原スキー場 カッコウコース

第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会

Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2022年2月17日(木)〜20日(日)

ALGE
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan