クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

W杯男子スーパーG コルチナダンペッツォ




ナンバーワンは、どちらかというと同僚のテストパイロット的な存在で...。
ダウンヒルやスーパーGでは、早い番号が有利とは限らない...😞コルチナで今季3度目の1番スタートを切ったバウマン・ロメッドもそれは分かっているが、下位に着かなかったのは初めてのことだった。
続きを読む

シフリン、スピンドラフ・マイルンのスラロームで1本目をリード




アメリカのミカエラ・シフリンは土曜日のワールドカップ女子スラロームのオープニングランで最速タイムを出し、キャリア85回目の勝利に向けて位置づけた。

空は曇り、観客も多い。チェコ共和国は1本目から大きな声で応援してくれた。この斜面は、スタートから短いピッチで、平地まで速度を上げることが要求される。シフリンの得意とする速さを出すために、完璧なエッジセットを要求される。

シフリンの正確なターントップのエネルギーは、かなりの加速で報われる。彼女の体重移動は完璧で、タイミングも確実だ。シフリンのプラットフォームは強固である。彼女はドイツのレナ・デュアーに対して(-0.29)のアドバンテージを持って2本目に臨むことになる。シフリンはまた、ペトラ・ヴルホワに対して(-0.46)のアドバンテージを持っている。

「結局、いいスキーができたし、満足している」とシフリンは語った。

スキーが横に滑ってきれいな弧を描いていないと、摩擦が生じる。今日は平地が長いので、効率よく滑ることが不可欠だった。多くの選手がターンの頂点でスキーを方向転換していることが明らかで、それが女性選手からスピードを奪っていた。

また、シフリンは滑走の中盤にあるトリッキーな通路でほとんどの選手にタイムを稼いだ。

シフリンは「どちらで滑ってもいいんだ」と言った。「コースの終盤は本当にスピードに乗ることができた。最終的には、とても良い気分で滑ることができた」。

今日、上位5人のタイム差はかなり大きい(+1.49)。これは、平地で速く滑ることがいかに難しいかを示している。アメリカの2番手は新星ポーラ・モルツァンだ。しかし、彼女は平地に入るのが難しく、シフリンに次いで11位(+1.84)であることがわかった。彼女は他のUSA選手で唯一、最終滑走への出場権を獲得している。

他の3人の北米選手は2本目に参加します。全員カナダ人です。18位のローレンス・サンジェルマン(+2.18)、19位のアリ・ヌルマイヤー(+2.21)、20位のアメリア・スマート(+2.26)はいずれも余裕で決勝進出を決めています。注目すべきは、アメリカの若手ゾーイ・ジマーマン選手が(+0.01)で予選を通過できなかったことです。

最初の30人のうち2人がゴールせず、30人より上のビブスを持つ4人が予選を通過しました。最後になったのはビブ44のイタリアのアニタ・グッリで、25位で1本目を終えました。上位30人のタイム差は(+2.73)。午後の部には、14カ国の選手が出場する。

1本目から勝ち残る可能性があるのは3人しかいない。しかし、シフリンが一番人気だ。彼女の滑りは間違いなく3人の中で最高だった。しかし、時間が経てばわかることだ。

Screen-Shot-2023-01-28-at-2.38.26-AM-1024x917

ミカエラ・シフリンはスピンドラフ・ムリンのスラローム第1戦を終え、首位に立つ



2023年の新年1月最後の土曜日、フランスで開催されるアルペン世界選手権前の最後となる女子スラロームがチェコのスピンドラフ・ムリンで開催されます。48秒19のベストタイムにより、2011年にこの地でワールドカップデビューを果たしたミカエラ・シフリン(アメリカ)が、ワールドカップ通算85勝目に向かっている。ドイツのレナ・デュールは、彼女に危険なほど接近することができる。現在、彼女は0.29秒差で2位につけている。スロバキアのペトラ・ヴルホヴァ選手(+0.46)は3位につけており、2本目で少しでも順位を上げたいところです。これは35人のレーサーを経た現在の中間結果である。まだスタート地点に残っている女性たちをライブティッカーで追うことができます。トップ15に変動があった場合は、もちろん更新します。

今シーズン初のゲートランを制したスイスのウェンディ・ホルデナーは、シフリンと1.13秒差で4位につけている。その後ろには、オーストリアのカタリーナ・トラッペ(+1.49)が5位に潜んでいる。同じようにのびのびと滑る若いクロアチア人のズリンカ・リュティッチ(+1.51)は、6位につけて喜んでいる。

スウェーデンのハンナ・アロンソン・エルフマン(+1.52)、アンナ・スウェン・ラーソン(+1.64)、サラ・ヘクター(+1.65)のトリオは、わずか100分の1秒差で、7〜9位を振り切っています。第1ゲートランのトップ10は、ゼッケン24番で好パフォーマンスを見せたチロルのフランツィスカ・グリッチュ(+1.66)で締めくくられた。

スイスのオールラウンダー、ミッシェル・ギザン選手(+1.87)にとっては、中間12位が精一杯だったようです。同胞のエレナ・ストフェル選手(+1.98)は、ビブナンバー34の好走で14位に入りました。スイス人スキーヤーのニコル・グッド(+2.23)は20位、OSVチームのカタリーナ・フーバー(+2.27)は23位で1本目を終えた。 グッドのチームメイト、カミーユ・ラスト(+2.41)と世界チャンピオン、カタリーナ・リーンスベルガー(Vorarlberg)はハーフタイムリーダーのアメリカの後ろに大きくつけている。現在、このコンビは24位と25位につけている。

35名の選手が出場した現在の順位です。




ミカエラ・シフリンは2011年3月11日、スピンドラフ・ムリン(Spindleruv Mlyn)で開催されたワールドカップの初戦に出場した。それから約12年、彼女はチェコで2勝したIngemar Stenmarkと並ぶ記録的な勝者として戻ってきました。

FISファーイーストカップ2023阿寒大会(28日)

女子SL

男子SL

Alpecimbra FIS Children CUP(28日)






2023北関東ユース戸倉大会(28日)

K2女子GS

K2男子GS

K1女子GS

K1男子GS


PXL_20230127_233136230
PXL_20230127_233143883
PXL_20230128_001824612
PXL_20230128_013533482
PXL_20230128_013536280
PXL_20230128_041130422
PXL_20230128_041135653

スピンドラフ・ムリンのスラロームは午前9時30分、第1ヒートでブルホワがシフリンに挑む



週末はチェコ共和国で、スウェン・ラーソンとミカエラ、ペトラの両選手がフラッハウに続き、ナローポールのダブルイベントで幕を開けます。4人のイタリア人女性がスタート地点に立ちます。

インゲマル・ステンマルクから-1するチャンスを得たミカエラ・シフリン、フラッハウのアンコールのためにペトラ・ヴルホヴァ。

待ちに待った決戦だが、それだけでなく、今シーズン8回目のスラロームが本日午前9時30分から予定されている(2回目は午後12時30分から)。

ザグレブでのレースリカバリーは、第2サブグループでアロンソン・エルフマン(#10)とモルツァン(#13)に、15番外でズリンカ・リュティッチ(#18)に注目し、大物選手の仲間入りを果たそうというもの。

第1ヒートのスターティングリストはこちら

マルタ・ロセッティの35番を皮切りに、ララ・デッラ・メア(39番)、ベラ・チュルツェンターラー(40番)、アニタ・グッリ(46番)の4人が予定されている(ペテルリーニ不在、ソラとロレンツィはヨーロッパカップ)。

土曜日のコルティナダンペッツォSGプログラム

注目すべきは、明日のスタートリストに総合トップのスイス人、マルコ・オーダーマットが含まれていることだ。彼はキッツビューエルのダウンヒル1本目で高速リカバリー中に膝を痛めて以来、出場していない。オーダーマットは水曜夜のシュラドミングGSのスタートリストに載っていたが、ウォーミングアップの後、出場を断念した。



土曜日、コルティナ・ダンペッツォのスーパーGの滑走者、時間、観戦方法について

注目すべきは、明日のスタートリストに、総合首位のスイスのマルコ・オーダーマットが含まれていることだ。彼はキッツビューエルのダウンヒル1回目で高速リカバリー中に膝を痛めて以来、出場していない。オーダーマットは水曜夜のシュラドミングGSのスタートリストに載っていたが、ウォーミングアップの後、出場を断念した。

総合争いのライバル、アレクサンダー・アーモット・キルドは第2戦のキッツビューエル・ダウンヒルとシュラドミングGSの両方に出場した。この3戦で、彼は総合争いでオーダーマットに147ポイント差をつけた。しかしコルティナのレースでは、オーダーマットは193ポイントのリードを保っている。キッツビューエル以前、彼のワールドカップ総合でのリードは340ポイントであった。

Screenshot-2023-01-27-at-11.27.27-AM-700x107

ワールドカップ総合首位

明日は、12月14日にキャンセルされたヴァル・ガルデナ-グロイデンのスーパーGの代替レースが行われる。FISは1月18日〜22日の女子ワールドカップのために巧みに準備されたコルティーナダンペッツォの斜面を利用する。オリンピア デッレ トファーネは、1956年の冬季オリンピックのために作られたレース用ゲレンデで、2026年の冬季オリンピックでも女子に使用される予定である。女子ワールドカップ・ツアーでは毎年恒例の人気スポットとなっている。リンゼイ・ボンはコルティナダンペッツォで6回優勝している。

このコースには、2つの壮大な崖の間を下る最大勾配65%のSchussが頂上付近にあることで有名である。

北米チームは14名、アルパイン・カナダ・アルピンは8名、スティフェル・USアルパイン・チームは6名の選手が出場する予定です。現在、北米の男子スーパーGスキーヤーの最高位はカナダのジェームス・クロフォードで8位、スティーフェルUSアルパインチームの最高位はライアン・コクラン-シーグルで14位となっています。

Image-1-27-23-at-11.21-AM-383x600


North Americans scheduled to start in the January 28th Cortina d’Ampezzo super-G

Bib 6, James Crawford, ACA, Whistler Mountain Ski Club, HEAD
Bib 15, Ryan Cochran-Siegle, USST, Mt Mansfield Ski Club, Cochran’s Ski Club, HEAD, SWIX, ASP
Bib 17, Travis Ganong, USST, Team Palisades Tahoe, Atomic
Bib 22, Brodie Seger, ACA, Whistler Mountain Ski Club, Atomic
Bib 29, Broderick Thompson, ACA, Whistler Mountain Ski Club, HEAD, Oakley
Bib 33, Kyle Alexander, ACA, Whistler Mountain Ski Club, Rossignol, Look
Bib 42, Trevor Philp, ACA, Banff Alpine Racers, University of Denver, Rossignol, LOOK
Bib 44, Jeffery Read, ACA, Banff Alpine Racers, Atomic, UVEX
Bib 47, Kyle Negomir, USST, Ski and Snowboard Club Vail, Atomic
Bib 50 Bryce Bennett, USST, Team Palisades Tahoe, Fischer, ASP
Bib 55, Cameron Alexander, ACA, Whistler Mountain Ski Club, Rossignol, LOOK
Bib 56, Riley Seger, ACA, Whistler Mountain Ski Club, Rossignol, LOOK
Bib 58, Erik Arvidsson, USST, Team Palisades Tahoe, Middlebury College, HEAD
Bib 59, River Radamus, USST, Ski and Snowboard Club Vail, Taos Ski Valley, Rossignol, Look, SWIX, ASP

Screenshot-2023-01-27-at-10.09.06-AM-600x855

Screenshot-2023-01-27-at-10.08.09-AM-600x855

マルコ・オーデルマット、”また準備中・・・。 やってみよう 👊🏼⛷️🏆”





コルティナでの怪我から復帰したオダマット
第1回キッツビューエル・ダウンヒルでの災難により、マルコ・オーダーマットは8日間のレース休養を余儀なくされた。左ひざを打ったことが、今も気になるようだ。
しかし今、25歳の彼は今週末のコルティーナダンペッツォでレースに復帰する。これは、クーシュベル/メリベルで開催される世界選手権(2月6日から)に向けて、次のステップに進むためである。
Odi "は水曜日にはすでにスキーに戻り、木曜日にはスーパーGのターンをいくつか追加していた。
📲 オーダーマットのレース復帰に関するインタビューの全文は、SRF Playでご覧いただけます。

シフリンは、ワールドカップ初出場の地、スピンドラウヴ・ムリンに戻ってきた

明日、ミカエラ・シフリンはキャリア85回目のワールドカップ優勝、今シーズン12戦目、シーズン5戦目のスラローム優勝に挑むことになる。この女性は燃えている。彼女のような質の高いスキーをするアスリートは、簡単そうに見えますが、実はそうではありません。
スピンドラフ・ムリン回転の出場選手、時間、観戦方法は?



15歳のミカエラ・シフリン、2011年3月、チェコ共和国、スピンドラフ・ムリン。アジャンス・ズーム
スピンドラフ・ムリン回転の出場選手、時間、観戦方法について

ミカエラ・シフリンは明日、ワールドカップ通算85勝目、今季12戦目、そしてスラロームでは今季5勝目に挑む。この女性は燃えている。彼女のような質の高いスキーをするアスリートは、簡単そうに見えるが、実はそうではない。

明日のスピンドラフ・ムリンのレースは、1月10日のフラッハウのナイトスラローム以来、初めてスラロームのスキーを履いた女子を見ることになる。シフリンは1989年にインゲマル・ステンマルクが達成したワールドカップ通算優勝回数に近づいている。ワールドカップ通算84勝の彼女は、スピンドラフ・ムリンの両レースで優勝すれば、彼の86勝に匹敵することになる。女子スラロームは、今シーズン最も魅力的な大会のひとつであることは言うまでもない。しかし、シフリンが本調子でなくても、彼女のスティフェルUSアルペンチームメイトであるポーラ・モルツァンなど、勝利を狙う選手はいくらでもいるのである。

スピンドラフ・ムリンは、シフリンがワールドカップで初めてレースをした場所である。15歳の最後の数日間、彼女は16歳の誕生日を前に大回転と回転のレースを行った。

Screenshot-2023-01-27-at-12.39.07-PM-1-400x432


There are ten North Americans entered to race the Spindleruv Mlyn slalom on January 28th, seven from the USA and three from Canada.

Bib 2, Mikaela Shiffrin, USST, Burke Mountain Academy, Atomic, Oakley
Bib 11, Ali Nullmeyer, ACA, GMVS, Middlebury College, Atomic
Bib 13, Paula Moltzan, USST, Buck Hill Ski Team, UVM, Ski and Snowboard Club, Rossignol, LOOK
Bib 20, Amelia Smart, ACA, Windermere, University of Denver, Atomic
Bib 21, Laurence St-Germain, ACA, Mont Sainte-Anne, UMV, Rossignol, LOOK
Bib 36, Zoe Zimmermann, USST, Burke Mountain Academy, Rossignol, LOOK
Bib 38, Lila Lapanja, USA, Independent, Diamond Peak Ski Team, Stoeckli, Dalbello
Bib 41, Katie Hensien, USST, Rowmark Ski Academy, University of Denver, Rossignol, LOOK
Bib 42, Nina O’Brien, USST, Burke Mountain Academy, Rossignol, LOOK
Bib 45, Ava Sunshine, USST, Ski and Snowboard Club Vail, Atomic, SWIX, ASP

sm-sl-1-600x856

sm-sl-2-600x854

キルデ10番スタート、オーダーマットの復活、パリとカッセのトライ:コルティナ初のスーパーGのスタートリスト



土曜日(11.10 a.m.スタート)1990年2月のダウンヒルから33年、トファーネのオリンピアで男子ワールドカップの歴史的なリターンを提供します。ノルウェー人彼のライバルの後を開始するスイスの赤いビブの攻撃: Domme 良い 16、マティア、19、7 つのイタリアの選手が登録されている描画します。

アレクサンデル・アアモット・キルドとマルコ・オーダーマットの、いつもの、大きな挑戦?

コルティナでの史上初のスーパーGは、少なくとも男子にとっては、技術的な背景が誰にとっても新しく、未知の部分がないわけではないので、私たちは見ることになるだろう。

ヴァル・ガルデナとレイク・ルイーズでキャンセルされたスペシャルティレースのリカバリーのため、オリンピア デッレ トファーネに男子最大のサーキットが戻り、土曜日と日曜日にシーズン第5、6戦が予定されている。

明日、午前11時10分から(ユーロスポーツ2とライ2でライブ放送)、クリストフ・サイオーニなどの偉大な元選手によるフランスのコースで、2つの重要なアンペッツォのレースのうちの1つ目がスタートします。

特に、キッツビューエルでの怪我の後、ほとんど雪上での仕事をしなかったオーダーマットがすぐに100%にならない場合は、キルデはワールドカップ全体でも再開するチャンスがあるので重要である。シュラドミングのジャイアントには出場しなかったが、スイス語圏のこの選手が出場することになったのは今日になってからだ。また、今年2度ずつ成功した種目のランキングでノルゲに28ptの差をつけていることも守らなければならないだろう。

AAKは10番、「Odi」は14番でスタートし、ロメッド・バウマンのレースで、ロイック・メイヤードは3番でスタートします。クロフォードはゼッケン6番でビッググループの最初の選手となり、ピントゥロー、ジノ・カヴィーゼル、ハーサーと続き、この最初のスーパーGで当然のように人気を集めるキルデが続くことになる。

そして、2021年のレインボーダブルでコルティナでの甘い思い出を持つクリーチマイヤーのサンダーが、「ヴェルティジーヌ」にサインをした。そして、ヴェンゲンで素晴らしい2位となったロゲンティンに続き、14位のオーダーマット、そして「クレイジー・ホース」コクラン・シーグルが続く。

ドミニク・パリスは16歳、マッティア・カッセは19歳で、ダウンヒルでは確実視されているが、歴史的に人気のある得意種目でも上位に食い込もうと躍起になっている。

ボスカとインナーホーファーはゼッケン26と27、フランツォーゾは39、マルザーリアは49、そしてフロリアン・シーダーはゼッケン54である。後者が世界選手権の切符を手にすることが確実なら、他の選手はここコルティナでその切符を賭けて戦うことになる。

全出演者リストはこちら

メンズスーパーG - コルチナ・ダンペッツォ
スタートリスト:1バウマン、2アレグレ、3メイヤード、4ヘメツベルガー、5ジーゼンダナー、6クロフォード、7ピンチュロー、8G・カビエゼル、9ハーザー、10キルデ、11ザンダー、12クリーチマイヤー、13ローゲンティン、14オダーマット、15コクラン・シール、16パリ、17ガノン、18ムリシエ、19カセ、20セヘルステッド、26ボスカ、27インナーホーファー、39フランゾーソ、49マルザーリア、54シードー。

シフリン対ヴルホワもスピンドラフ・ムリンで?ミカエラは2番、ペトラは3番でスタート、土曜日はスラローム1回目



チェコでの女子世界選手権前最後のレース:約12年前にデビューし、2019年に開催された最後の挑戦で優勝した場所に、溢れんばかりの調子でアメリカ人が戻ってくる。スロバキア人が最初のライバルだが、スウェン・ラーソン(9時30分から始まる第1ヒートのオープニングを飾る)、ホルデナー、デュアーにも要注意だ。4人のイタリア人:ロセッティは35歳でスタート。

シフリン vs ブルホワ、ペトラの「ホーム」(あるいはほぼホーム)で?

2023年のクーシュベル・メリベルに向かう10日足らずの間に、この長いレースのブロックを締めくくるスピンドラフ・ムリンでの2つのスラロームが、多くの理由で間違いなく実現するだろう。

土曜日には再び、ザグレブの復興として数えられるスペシャリティの第8戦(クロアチアで2番目に飛ばしたスラローム、編)が始まる:1本目は午前9時半、2本目は午後12時半、いずれもEurosport 2とRai Sportでライブ放送される。

約4年ぶりにチェコ共和国に戻ってきたヴルホヴァは、3週間前にフラッハウで行なわれた両極端の挑戦で起こったように、再びシフリンを倒そうとする多くのファンを持つだろう。しかし、その間にワールドカップリーダーはKronplatzの大回転でスロバキア選手を含むライバルを撃破し、2011年3月11日にワールドカップデビューを果たした場所(2日後に16歳の誕生日)であるSpindleruv Mlynに素晴らしい姿でやってくる。

8年後、このあたりの最高峰サーキットでは最後(2019年3月9日)に、ホルデナーを破ってスラロームで優勝し ヴルホヴァ(大回転で彼女を支配していた、ペトラが1位、ミカエラが3位)。

アメリカ人はステンマルクから-1して今季5勝目を挙げ、大回転でも同数の成功を収めることができる。彼女は2位のシフリンとともにスタートし、3位のブルホワの前、そしてスウェーデンナショナルチームのコースで1本目を開くスウェン・ラーション(2本目はスロベニアのデザイン)の後に滑る予定である。

ビブナンバー4と5には、おそらく大きなライバルであるレナ・デュアーとウェンディ・ホルデナーにとって最も危険な2人の女性、そして大回転で完全に位相がずれているリエンスベルガーが続き、彼女はレインボーレースの数週間前に世界チャンピオンとして君臨する種目に必要な答えを探そうとするでしょう。

最初のサブグループはアナ・ブチク、次にヘクター、トラッペ、そして15番には最近サン・アントンのジュニアレインボーで2度優勝しているハンナ・アロンソン・エルフマン(10番)が初めて出場する予定だ。そして、13歳のモルツァンと18歳のリュティッチには特に注意してください。

CdM復帰後2戦目で予選落ちし、2023/24シーズンを見据えた負傷欠場(世界選手権も欠場)のため、技術スタッフとの合意のもと、マルティナ・ペテルリーニが欠場しています。

マルタ・ロセッティは35位で、20位以内(それ以上でないにしても)を目指す最も重要な選手であり、デラ・メアはセストリエーレの後にようやく新しい資格を得ようとしている。タルビシアンは39でスタートし、ツァルツェンタール(40)、グッリ(46)と続く。

ララ・コルトゥリにとってスピンドラフ・ムリンのスラロームはない。「エルタ」での素晴らしい2レースの後、大回転で30位に迫ったピエモンテのスキーヤーは、ジュニアレベルで2つのメダルを獲得した後(これも絶対デビュー)、シニア世界選手権に集中する予定だ。

全出演者リストはこちら

女子スラローム - スピンドラフ・ムリン
スタートリスト1本目:1スウェン・ラーソン、2シフリン、3ヴルホヴァ、4デュアー、5ホルデナー、6リエンスベルガー、7ブチク、8ヘクター、9トラッペ、10アロンソン・エルフマン、11ヌルマイヤー、12ステルネスンド、13モルツアン、14ジシン、15ポポヴィッチ、35ロセッティ、39デラメア、40ツルッツェンタラー、46グッリ。

アルペシンブラFISチルドレンカップ:5つの表彰台と、アンダー16男子スラロームでの南チロリアン、アンダー14女子ジャイアントスラロームでのイタリア人の優勝



アレックス・シルバーナグルとジアダ・ダントニオが、フォルガリアの国際オープニングでイタリアに素晴らしい2つのタイトルをもたらした

金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル1個。イタリアはフォルガリアで開催された第52回アルペチンブラFISチルドレンカップの国際大会初日に5個のメダルを獲得し、南チロルのアレックス・シルバーナグルが16歳以下のスラロームで見事な復活を遂げ、勝利の喜びを分かち合いました。

また、フォンド・グランデのゲレンデでは、14歳以下の女子大回転でカンパニアのジャダ・ダントニオが優勝し、男子大回転ではベルーノのレオナルド・ディンカとピエモンテのミケーレ・ビバルダが2位と3位に入り、トレンティーノのファルコネリ・スキーチームのメンバーであるヴィチェンツァのマルタ・ジャレッタはドイツのフランカ・ナディン・サルヒが勝ったジュニア回転で銀メダルを獲得しています。2つ目の成功は、少年大回転で1位となったエリアス・ムンドがサインしたものだ。

イタリアに初めて金メダルをもたらしたのは、Giada D'Antonioです。国内選考会で大回転と回転の両方で優勝し、カンパニア出身の有望なスキーヤーは国際舞台にも立ち、少年少女のカテゴリーで行われた大回転で最も貴重な色のメダルを首にかけている。5番手からスタートしたイタリア人は、アゴニスティカのコースを最大限に解釈し、敵との間に溝を掘り、2位のアジャ・ラデルジ(21位)に1"33の差をつけてフィニッシュした。ラデリは、1"44で3位だったノルウェーのL・ニーガード・ノイマンに100分の10秒の差をつけて、スロベニアを表彰台に導いたのです。

イタリアでは、南チロルのアレナ・タシュラー選手がビブナンバー41で2"08の6位と健闘した。失格となったのは、2"55で7位に入ったベネチアのアレグラ・ヴィンディーニで、もう一人のイタリア人、トレンティーノのマルティナ・ベッカーリはコースアウトの犠牲になってしまった。

この日の「巨人」には、レオナルド・ディンカやミケーレ・ヴィヴァルダも含まれていた。トリニャーナ・スキークラブのベッルーノ選手は、国内選考レースで大回転で1位、回転で2位になったが、52"16のタイムで優勝したドイツのエリアス・ムンド選手の前に屈するしかなかった。ディンカは0"56で2位、エキップ・リモーネの旗手ミケーレ・ビバルダは0"77で見事3位に入り、最後尾から追い上げたが上位に食い込み、主催者の素晴らしいゲレンデ整備が確認された。しかし、国際大会の初日の表紙は、アレックス・シルバーナグルのものでした。イタリアBチームに所属する南チロリアン選手は、男子ジュニアスラロームの1本目、高いビブナンバーでスタートし、中間地点でトップのドイツ人選手、クイリン・レヒナーから2"67秒差の24位と好位置につけている。

その時、ザイザーアルム・スキーチームは最終滑降でアタックをかけ、明らかにベストスプリットタイムを記録し、全員に激しいギャップを与えたのです。南チロル出身の彼は、ランキングで先行する選手たちが次々とゴールするのを見て、1本目でトップだったドイツ・レヒナーがゲレンデを去ったとき、歓喜の声を上げることができたのだ。銀メダル(0"15)はオープニングランの順位を確認したフランス人のゼルフ・ジョルジュ、銅メダルは中盤の14位からシルベルナグルの2200分の1で3位に入ったスイス人のマチュー・グラッセイであった。

クーネオのF・マッシミラは1"14で9位、ロレンソ・クズペは26位となった。第2ヒートにはバディのデビッド・カストランガー(第2ヒート7位)とトレンティーノのルカ・ロランジ(第1ダウンヒル18位)が登場した。この日5個目、そして最後のメダルは16歳以下の女子スラロームで、この週の前半に国内選考会で2冠を達成したマルタ・ギアレッタが獲得した。トレンティーノ委員会のカラーを守るヴィチェンツァ出身の彼女は、1本目を終了した時点で4位だったが、勝負のダウンヒルでアタックレースを仕掛け、目標を達成し、2位を逆転して銀メダルを獲得した。この偉業は、ドイツのフランカ・ナディン・サルヒが1本目の3位から100分の45秒差をつけて勝利したのと同じことである。

3位はスイスのダニア・アレンバッハで0"87。レース中盤にトップに立ったティヤ・ラデルジ(スロベニア)は1"46で5位に後退し、チームメイトのタジャ・プレセルンは1本目で11位となり4位となった。12位はジュリア・マリアーニ、14位はドロテア・モビリアだった。明日1月28日(土)は、2日目と最終日の競技が繰り返されます。16歳以下はアゴニスティカゲレンデで大回転、14歳以下はマルティネラ・ノルドゲレンデで回転に出場する予定だ。

ウェンゲンで学んだこと-エッジを仕上げること

ワールドカップ・ダウンヒル選手であり、自身のサービスマンでもあるサム・モース氏がヴェンゲンからレポートします。



ワールドカップ・ダウンヒル選手であり、自身のサービスマンでもあるサム・モースがウェンゲンからレポートします。スイスで開催されたウェンゲンワールドカップは、2023年男子スピード競技のキックオフとなるラウバーホルンレンネンのダウンヒルが行われました。2分半にも及ぶ今シーズン最長のレースだ。選手にとってはまさに脚を使うレースであり、コースはさまざまな種類の雪の中を下っていくので、サービスマンにとっては信じられないようなパズルのようなものだ。

最初の30秒は新雪で、朝は冷え込んでいるが、太陽が顔を出すとすぐに熱くなる。その後、フンツショプ(犬の耳の崖ジャンプ)、カナディアンコーナー、ケルネンSと、このコースで最もテクニカルな部分を下り、水を注入して耐久性のある路面に仕上げる。そこからさらに1分ほど、夏に氷河でトレーニングしているところをよく見かける雪のような古い再凍結の上を下るコースです。さて、イメージができたところで、話を戻して、エッジをどのように仕上げるべきかを議論しよう。

ウェンゲンでのサム・モースのスキー・チューニング
前回の記事で、時間、品質、一貫性を最大限に高めるためにクィーバーを管理することの重要性を説明しました。私のスキーはすべてヤスリで削り、鋭利にし、ワックスをかけたので、次はエッジを削り、ブラシをかけ、そして石(Tokoワールドカップダイヤモンドファイル)で仕上げをする番です。この作業は、エッジと雪面との正確なかみ合わせを決定するため、チューニングプロセスの中で最も重要な部分かもしれません。ウェンゲンの雪質は様々なので、一つのエッジの仕上げ方で全コースが完璧になることはない。ある区間ではエッジが鋭すぎたり、別の区間ではエッジが鈍すぎたりする可能性がある。

最重要区間でのランニング
あなたが今準備しているレースでも、同じような状況があるかもしれない。例えば、急斜面のアイスバーンから平坦な斜面に変わるが、雪を滑り落とすほど急でなく、ソフトなコンディションになる。あるいは、ニューイングランドの大雨が一晩で凍りつき、コースは一面ガラス張りになっているかもしれない。その一角を除いては、リゾート側が損失を回復しようとしているため、隣のトレイルから新しい造雪雪が吹き込んできている。そのため、コースのどの部分を最も重要視して滑るかという選択を迫られる。

WengenのKernen-Sは、ダウンヒルスキーで氷雪を注入した90度のGSターンが2つあり、残りのコースの出口速度を決定する。私の考えでは、このターンはコースの中で最も重要なターンであり、これをうまくこなせなければ、競技に参加するチャンスはないでしょう。だから、たった2回のターンにもかかわらず、この2回のターンのためにエッジを調整することにしたのです。

私のフィニッシュストーニングの方法は、以下の通りです。
・400番のミディアムか600番のファインのワールドカップ用ダイヤモンドヤスリでスタート。
・まず400番のミディアムか600番のファインのワールドカップダイヤファイルを使い、ベースエッジを手で上下させ、次に石をサイドエッジに持ち替えて上下させる。
・この作業を繰り返して、次の砥石に移る。
・通常は、同じ工程を経てXfine1000グリットで仕上げます。
・でも、最終的には、ベースは上に1パス、サイドは下に1パスで仕上げています。
 ベースとサイドの2パスから、ベースとサイドの1パスだけにすることで、サイドエッジからのハンガーの出っ張りが少なくなるんです。

フリーハンドでストーンを使ってエッジを仕上げるには練習が必要です。トレーニングで試してみれば、すぐに覚えられるはずです。一番大事なのは、ベースではなくサイドにパスをかけて仕上げることです。包丁を研ぐように、ヤスリから残ったハンガーを前後に小さくしていき、角度と切れ味を維持しながら作業するのです。

エッジを仕上げる最後のステップは、グミストーン(TOKO Edge Grinding Rubber)とスコッチブライト(TOKO FiberTex)のどちらでチップやテールのチューニングを解除するかを決めることである。これは、レーサーがティップにどのような反応と関わりを持たせたいかに完全に依存します。ワールドカップのダウンヒルコースでは、圧雪された雪面でレースをしていたときよりも、チューニングを調整することが少なくなりました。これを読んで何かを学び、すぐにあなたのチューニングに生かせることを願っています。では、またゲレンデでお会いしましょう - ムース

ドリアーノ・エスカネがバウジャニで開催されたヨーロッパカップの女子スラロームで優勝



ヴォジャニ - ヴォジャニは、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏のイゼール県にあるフランスのコミューンで、グルノーブル郡とオイサン・ロマンシュ州に属している。今日のヨーロッパカップ女子スラロームの会場となったのはヴォジャニである。ここで、主催者のドリアン・エスカネが1分41秒04のタイムで快勝し、スカンジナビアの祭典を阻止した。バイキングのビアンカ・バッケ・ウェストホフ選手(+1.29)が2位に振り分けました。スウェーデンのエステル・アルファンド選手(+1.44)も3位で表彰台に上がりました。

同じくスリークラウンズチームのスザンヌ・ヤコブセン(+1.94)は、コンマ5秒差でトップ3入りを逃した。ノルウェーのアンドリーネ・モールストゥエル(+2.24)が5位に入りました。スイスのロリーナ・ゼルガー(+2.28)がスウェーデンのモア・ボストロム・ミュッセナー(7位、+2.42)を抑えて6位となった。開催国のフランスも、マリオン・シュヴリエ(+2.67)が8位、アリゼ・ダホン(+3.18)が10位に入賞し、満足のいく結果でした。その間にイタリアのアンブラ・ポマーレ選手(+2.97)が9位に入りました。

南チロルのセリーナ・ハラー選手(+3.26)は2本目で8つ順位を上げ、11位でフィニッシュしました。ゼルガーのチームメイトであるエリアン・クリステン(+3.32)とアライン・ヘプリ(+4.06)は12位と15位にランクされています。その中で、ドイツのエリナ・リップ選手(+3.61)に挑み、14位でゴールしました。オーストリア勢では、バレンティーナ・プファルツシェラー選手(+4.59)が17位で最高位。2位の南チロルはペトラ・ウンターホルツナー。19位の選手は、優勝者と4.97秒差でした。

FIS公式最終結果:EC女子スラローム1回目(バウジャニー)

明日もVaujanyで女子スラロームが開催されます。2022/23シーズンのヨーロッパカップでは最後の4本目です。
第60回全国中学校 スキー大会
zentyu2023



2023年2月7日(火)〜10日(金)
野沢温泉スキー場・カンダハーコース
第72回全国高等学校スキー大会
ih2023

つなぐ思い つかみ取れ勝利
山形の地で燃えよ 冬の勇者たち!

◇開催期間◇
令和5年2月7日(火)〜11日(土)

◇開会式◇
令和5年2月7日(火)
◇競 技◇
令和5年2月8日(水)〜11日(土)

アルペン
赤倉温泉スキー場(最上町)

大会ホームページ URL
https://ih2023ski-yamagata.jp/
第78回国民体育大会冬季大会スキー競技会
hakuginp

特別国民体育大会冬季大会スキー競技会
『いわて八幡平白銀国体』

開始式
令和5年(2023)年2月17日(金曜)

会期
令和5年(2023)年2月17日(金曜)〜20日(月曜)

いわて八幡平白銀国体LINE公式アカウント

kokutai2023

第96回全日本学生スキー選手権大会
秩父宮杯・秩父宮妃杯
第96回全日本学生スキー選手権大会
2023年2月23日(木)〜2月26日(日)
秋田県花輪スキー場


SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan