クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

”カナダアルペンスキーチームのコーチに聞く”



Our coaches are skilled at performance planning while supporting and challenging our athletes in their quest for the...

Alpine Canada Alpinさんの投稿 2020年9月25日金曜日


Name: Mark Tilston マーク・ティルストン
Team: Canadian Alpine Ski Team カナダアルペンスキーチーム
Role: Men’s Head Coach 男子ヘッドコーチ

1. How long have you been a coach?
コーチになって何年になりますか?
25 years

2. Why did you decide to get into coaching?
なぜコーチングの道に進もうと思ったのですか?
My decision to become a coach actually came after I started coaching. I was coaching while at university and didn’t plan to make a career out of coaching. However, while coaching I was able to really apply what I was learning at university and through this I realized how important it was to have the right program in place, how much opportunity there was to look for incremental improvement and ultimately I became very passionate about it.
私がコーチになろうと思ったのは、実はコーチングを始めてからでした。大学在学中にコーチングをしていたので、コーチングを仕事にしようとは思っていませんでした。しかし、コーチングをしている間に、大学で学んだことを実際に応用することができ、適切なプログラムを組むことの重要性と、段階的な改善の機会がどれだけあるかを実感し、最終的にはコーチングに情熱を持つようになりました。

3. What is the best thing about your job?
あなたの仕事の良いところは何ですか?
It’s hard to narrow down the best thing about my job. It’s seeing the development of people either as athletes, or as coaches or from athlete to coach or into another walk of life. Ultimately what I really like about coaching is that the skillset and process apply to everything in life. Defining goals, creating a plan to work towards them and keep moving towards the vision.
私の仕事の良いところは何かというと、絞り込むのは難しいですね。それは、アスリートとして、あるいはコーチとして、あるいはアスリートからコーチへ、あるいは別の人生の道へと成長していく人々の姿を見ることです。最終的に私がコーチングについて本当に気に入っているのは、そのスキルセットとプロセスが人生のすべてに当てはまるということです。目標を定義し、それに向かって努力するための計画を作成し、ビジョンに向かって動き続けること。

4. What is the best moment of your coaching career?
あなたのコーチングキャリアの中で最高の瞬間は何ですか?
I can’t define one best moment of my coaching career. For me it is about the journey and so it’s a collection of many shared moments that create the journey. It would be easy to highlight results, but they are all the outcomes of the journey and the ‘failed’ performances are as satisfying as they are equally part of that journey and the times where we learn the most. Generally, my greatest satisfactions come from seeing athletes start to relish the process and when the team works collectively and focusses on the details in the knowledge that the results will come.
私のコーチングキャリアの中で最高の瞬間を一つも定義することはできません。私にとっての最高の瞬間とは、旅のことであり、旅を創造する多くの共有された瞬間の集合体なのです。結果を強調するのは簡単ですが、それはすべて旅の成果であり、「失敗した」パフォーマンスは、同じように旅の一部であり、私たちが最も多くのことを学ぶ時間でもあるので、満足感を得ることができます。一般的に、私が最も満足しているのは、選手がそのプロセスを楽しみ始めた時、そしてチームが一丸となって細部に集中して取り組んだ時に、結果が来ることを確信した時です。

5. What’s the toughest part about your job?
この仕事で一番大変なことは何ですか?
Definitely the time spent away from family, friends and home.
家族や友人、家を離れて過ごす時間です。

6. What are you most looking forward to about this season?
今シーズンの楽しみは何ですか?
The excitement of ski racing with all of its highs and lows.
スキーレースの高低差のある興奮。

新世代のヒルシャー



これが新しいマルセル・ヒルシャーか? 😲
ルカ・ストッカーは8歳になったばかりなのに、すでにスキー狂人になっているんですね〜🤩。


スイス氷河エリアは、シーズン開幕前の直前トレーニングで密集



南米でのシーズンの準備ができないので、スイスのサースフェーやツェルマットの氷河がトレーニングに人気があります。
⛷️⛷️⛷️
スイスアルペンスキーチームだけでなく、他国のチームも、この環境を利用しています。ヴァレーの斜面は、それに対応して狭くなっています。

”競争は努力を高め、個人の限界を押し上げる”



"The issue is not that there are not enough opportunities for athletes to receive comprehensive and professional training and coaching; the issue is there are too many."

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月22日火曜日


Two strangers running next to each other at a similar speed will often find themselves increasing their pace to overtake the other. Each one raises their effort pushing out of their comfort zone. The pace escalates until one approaches or reaches their limit and cracks. Both the runner overtaken and the one who passed the other will soon return to the effort they were comfortable with.
同じようなスピードで隣り合って走っている見ず知らずの二人は、しばしば相手を追い越すためにペースを上げていることに気づくだろう。それぞれが自分の快適なゾーンから押し出すように力を入れていきます。ペースはエスカレートしていき、一方が限界に近づくか、限界に達してヒビが入るまで、ペースを上げていきます。追い抜かれた方も、追い越した方も、すぐに元のペースに戻ってしまいます。

Competition that is closely matched creates the greatest intensity. If passed by a runner much faster, there may be a momentary increase of effort but the futility of keeping up rapidly becomes evident. When easily faster than others, the ultimate effort is difficult to extract and sustain. The best is brought out when athletes are shoulder to shoulder and the hope is present that additional effort will bring success.
密接に一致している競争は、最大の強度を作成します。遥かに速いランナーに抜かれた場合、一瞬は努力が増えるかもしれませんが、急速に追いつくことの無益さが明らかになります。簡単に他の人よりも速いとき、究極の努力を抽出し、維持することは困難です。アスリートが肩を並べて、さらなる努力が成功をもたらすという希望が存在するときに、最高の状態を引き出すことができます。

Coaches, athletes and parents often make the mistake of assuming that competing regularly at the highest level possible is the best for athlete development and improvement in rankings. The truth is that competing at the level where success is realistically attainable provides the motivation to increase skills, push limits and strive to improve. Point-scoring opportunities are the greatest in a race environment where the skier is closely matched in skill as compared to the race with the lowest penalty.
コーチ、アスリート、保護者は、可能な限り高いレベルの競技を定期的に行うことが、アスリートの成長や順位の向上に最適であると思い込んでいることが多い。しかし、現実的に成功が可能なレベルで競技を行うことは、スキルを向上させ、限界に挑戦し、向上に向けて努力するモチベーションを与えてくれます。ポイント獲得の機会は、ペナルティが最も少ないレースと比較して、スキーヤーの技術が密接にマッチしているレース環境の中で最大のものとなります。

Athlete development is not as much about identifying talent for special coaching and teams as it is about having a system where all participants are able to participate in appropriate competition for their current skill level and have the opportunity to advance to increasingly challenging competition. As they outgrow their current environment, there are steps that will lead the best to the top of the world.
アスリートの育成とは、特別なコーチングやチームのための才能を見極めることというよりも、参加者全員が現在のスキルレベルに合った適切な競技に参加し、より難易度の高い競技に進む機会を得られるようなシステムを持つことである。彼らが現在の環境から脱却していく中で、世界の頂点へと導いていくステップがあるのではないでしょうか。

At the elite level, a nation needs to have 2-4 podium contenders in every World Cup to be the best team in the world. This equates to 8-12 men and 8-12 women, between the ages of 18 and 35+ ranked among the top 15 in the world in their podium events. Whether measured in medal counts at World Championships and Olympics or titles and Nation’s Cup, the best team in the world will be deep with podium skiers.
エリートレベルでは、世界最高のチームになるためには、毎回のワールドカップで2〜4人の表彰台に上ることが必要です。これは、18歳から35歳以上の男子8〜12人、女子8〜12人が、それぞれの種目の表彰台で世界トップ15にランクインしていることに相当します。世界選手権やオリンピックでのメダル数、あるいはタイトルやネーションズカップでのメダル数で測っても、世界最高のチームは表彰台のスキーヤーを擁していることになります。

Development of international podium skiers doesn’t begin at the U.S. Ski Team or World Cup. As a nation, we need to participate and be competitive in benchmarking events such as International FIS Children’s Competitions, World Junior Championships and Continental Cups. The direct correlation between individual participation or even performance in these events at the earlier ages and World Cup and Olympic performance is weak. However, it is imperative that we establish that our standard in the United States is competitive internationally. By being engaged and competitive internationally at critical stages of development, the nation’s top athletes are challenged to be the best in the world. Returning home to compete locally, divisionally and regionally this level is seeded into the system setting the bar for everyone.
国際的なポディウムスキーヤーの育成は、アメリカのスキーチームやワールドカップでは始まりません。国として、国際FISチルドレン大会、世界ジュニア選手権、コンチネンタルカップなどのベンチマークイベントに参加し、競争力をつける必要があります。個人のこれらのイベントへの参加、あるいは早い年齢でのパフォーマンスとワールドカップやオリンピックのパフォーマンスとの間の直接的な相関関係は弱い。しかし、米国での基準が国際的に競争力のあるものであることを確立することが不可欠です。開発の重要な段階で国際的な競争に従事し、国際的に競争力を持つことで、国のトップアスリートは世界最高の選手になるために挑戦しています。地元、部門別、地域別に競争するために帰国し、このレベルは、すべての人のためのバーを設定するシステムにシードされています。

It is not necessary for the athlete to participate in these highly selective events to benefit competitively from them. In fact, competing at a level too much of a reach for current skill levels can be discouraging and detrimental to development. Selection or not is an unreliable indicator of future success.
それは、選手がそれらから競争的に利益を得るために、これらの高度に選択的なイベントに参加するために必要ではありません。実際には、現在のスキルレベルでは手の届かないレベルで競技をすることは、選手の成長を阻害してしまう可能性があります。選抜されているかどうかは、将来の成功の指標にはなりません。

The sport system we have evolved over time has many areas with advancement standards and a clear path There are, however, major overlapping spheres of focus creating expensive redundancies in the sport pipeline.
時間をかけて進化してきたスポーツシステムには、進歩の基準と明確な道筋を持つ多くの分野があります。しかし、スポーツのパイプラインに高価な冗長性を生み出す大きな焦点の領域が重複しています。

The National Governing Body (NGB) has the broadest mandate both working to incubate the sport at the entry level and ultimately field competitive national teams at the Olympics, World Championships, World Junior Championships and other competitions for the nation’s most highly competitive athletes. Expecting U.S. Ski and Snowboard (USSS) to effectively support, manage or fund the entire sport pipeline is unrealistic. Resources, while great, are not enough to do everything we would like. It is up to all of us in the community to focus our efforts on the portion of the pipeline we can most effectively and efficiently operate in and support.
ナショナル・ガバニング・ボディ(NGB)は、エントリー・レベルでスポーツを育成し、最終的にはオリンピック、世界選手権、世界ジュニア選手権、その他の競技会で国内の最も競争力の高いアスリートのためのナショナル・チームを編成するという、最も広範な任務を担っています。U.S. Ski and Snowboard (USSSS)がスポーツのパイプライン全体を効果的にサポート、管理、資金提供することを期待するのは非現実的です。リソースは十分ではありますが、私たちが望むすべてを行うには十分ではありません。パイプラインの中で最も効果的かつ効率的に運営し、サポートできる部分に力を注ぐのは、コミュニティにいる私たち全員です。

Local clubs are best positioned to be hands on at the entry level, collaborating with their host resorts to build interest, introduce kids to the sport, and offer programs for kids to nurture their passion and improve their skills. NGB support can take the form of providing guidance through philosophy, education, policy, rules and selections.
地元のクラブは、ホストリゾートと協力して関心を高め、子供たちにスポーツを紹介し、子供たちの情熱を育み、技術を向上させるためのプログラムを提供することで、エントリーレベルでの活動に最も適しています。NGBのサポートは、理念、教育、ポリシー、ルール、セレクションなどを通じた指導という形をとることができます。

At the other end of the range, USSS is uniquely responsible for fielding internationally competitive national teams. From the first developmental events where national teams are fielded through the highest levels of the sport, it is solely for the NGB to select, train and fund the athletes who represent the United States on the international stage. Selections must be disciplined to identify the athletes with demonstrated performance or potential to be competitive at the event selected for. Training for the youngest should include pre-event or limited off-season camps while full-time teams train those athletes with demonstrated World Cup podium potential. With finite resources, the difficult choice is between full funding for a very select group of athletes or incomplete funding for some to involve larger groups of athletes. At the highest international levels the focus must be on performance, not participation.
その一方で、国際的に競争力のあるナショナルチームを擁するのがUSSSSです。代表チームを編成する最初の育成競技から、スポーツの最高レベルまで、国際舞台で米国を代表する選手の選抜、トレーニング、資金提供は、NGBのみが行うことになります。選抜は、選抜された競技会でパフォーマンスを発揮した選手、または競技力を発揮できる可能性のある選手を識別するために、規律をもって行われなければならない。フルタイムのチームがワールドカップの表彰台の可能性を実証した選手を訓練しながら、最年少のトレーニングには、イベント前または限定的なオフシーズンのキャンプが含まれている必要があります。限られたリソースの中で、非常に厳選されたアスリートのグループに全額資金を提供するか、あるいはより大きなアスリートのグループを巻き込むために不完全な資金提供を行うかの選択は難しい。最高レベルの国際レベルでは、参加ではなくパフォーマンスに焦点を当てなければなりません。

The area between the local clubs and the NGB is a mixed bag of overlapping responsibilities creating tension and competition between entities and wasteful allocation of resources. The NGB, Regions and Divisions, universities, PG and private teams, large clubs or academies and grassroots clubs are all elbowing each other in the same space at the older junior ages (15-20).
地元のクラブとNGBの間の領域は、重複した責任の混在した袋であり、緊張とエンティティ間の競争と資源の無駄な配分を作成します。NGB、リジョンとディビジョン、大学、PGチームとプライベートチーム、大規模クラブやアカデミー、草の根クラブなどが、年齢の高いジュニア年代(15〜20歳)では、同じスペースでお互いに肩を並べています。

As a result, the level of commitment demanded professionalizes the sport for too many, rapidly escalates costs and leads to attrition. The issue is not that there are not enough opportunities for athletes to receive comprehensive and professional training and coaching; the issue is there are too many.
その結果、要求されるコミットメントのレベルは、あまりにも多くの人のためにスポーツをプロ化し、急速にコストを増大させ、人員削減につながっています。問題は、アスリートが包括的で専門的なトレーニングやコーチングを受ける機会が十分にないことではなく、問題は多すぎることです。

The overwhelming majority of athletes are appropriately challenged by their ability or age peer group in races that are accessed locally. It is not until the athlete reaches the top 2-3% of their respective competition when advancement to a more competitive peer group is critical to support continued development. The correct competitive level for the majority of the season is one in which competitor skills are relatively matched and goals to move up, ski into the flip and eventually on to the podium are realistic.
圧倒的多数のアスリートは、地元でアクセスできるレースで、能力や年齢に応じた適切な挑戦を受けています。選手がそれぞれの競技の上位2〜3%に到達するまでは、より競争力のある同業者グループへの昇格が継続的な成長をサポートするために重要です。シーズンの大部分の競技レベルは、競技者のスキルが相対的にマッチしていて、順位を上げたり、フリップで滑ったり、最終的には表彰台に上るという目標が現実的なものであることが、正しい競技レベルです。

Occasional stretch competitions to experience the competition at the next level are an important part of the developmental process. However, most athlete management mistakes are made when athletes spend too much time competing at stretch competitions and experience repeated failures.
次のレベルの競技を体験するための時折のストレッチ競技は、開発プロセスの重要な部分です。しかし、ほとんどのアスリートのマネジメントミスは、ストレッチ競技に時間をかけすぎて失敗を繰り返したときに起こります。

Not enough value is given to competing in events where winning is the goal. The mantra of “winning at every level” implies that athletes learn to win or experience significant success when advancing from level to level. The ideal is to have a system where athletes can access multiple levels of competition to experience being stretched, competing as part of a matched peer group, and in an environment where top 10s and podiums are expected.
勝つことがゴールとなる競技に十分な価値が与えられていない。すべてのレベルで勝つ」というマントラは、アスリートがレベルからレベルへとレベルアップしたときに、勝つことを学んだり、大きな成功を経験したりすることを暗示しています。理想的なのは、選手が複数のレベルの競技にアクセスして、ストレッチされたり、マッチした仲間の一員として競い合ったり、トップ10や表彰台が期待される環境の中で、経験できるようなシステムがあることです。

Several years ago, in a conversation with former national team skier and broadcast analyst Steve Porino, he coined the phrase “financial doping” when discussing the outsized impact that resource allocation can have in determining athletic outcomes. As dangerous as doping with performance enhancing drugs, the uneven application of resources can elevate an athlete beyond a higher potential competitor.
数年前、元ナショナルチームのスキー選手で放送アナリストのスティーブ・ポリーノ氏との会話の中で、彼は「金銭的ドーピング」という言葉を造語にして、資源配分が競技の結果を決定する際に与える影響の大きさについて議論しました。パフォーマンス向上薬によるドーピングと同じくらい危険なのは、資源の不均等な配分がアスリートをより高い潜在能力を持った競技者以上に引き上げる可能性があるということです。

The ideal athlete development system will be a meritocracy where advancement is determined by performance resulting from commitment, effort and talent and not limited by means. This sport system will provide accessibility at all levels, exciting competition leading to retention and produce national teams that are the best in the world.
理想的なアスリート育成システムは、手段によって制限されるのではなく、コミットメント、努力、才能の結果として得られるパフォーマンスによって進歩が決定される実力主義である。このスポーツシステムは、あらゆるレベルでのアクセスを可能にし、エキサイティングな競争を実現し、世界最高のナショナルチームを輩出するものである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

W杯開幕戦 セルデンのコースプロフィール

ワールドカップコースに関するデータ
スタートハウス: 標高3.040 m
フィニッシュライン: 標高2.670 m
標高差: 370 m
最低傾斜角: 15.5 %
最大傾斜角度: 65 %
平均傾斜角度: 33.1 %
ゲート: 41〜56 (コースセットによって)
レーサーのスピード: 65 ~ 80 km / h
必要な安全対策(材料): 5.000 mのセキュリティフェンス, 4.000 mのセーフティネット




Facts zum Weltcuphang ℹ️

Hohe Starthaus: 3.040m
Hohe Ziellinie: 2.670m
Hohenunterschied: 370m
Mindest-Hangneigung:...

Skiweltcup Soldenさんの投稿 2020年9月22日火曜日



フッ素入りWax



ATTENTION PLEASE
Let’s speak about fluorine and related rules clearly:
There are 2 rules that you need to know:

First...

Maplusさんの投稿 2020年9月17日木曜日


ATTENTION PLEASE
Let’s speak about fluorine and related rules clearly:
There are 2 rules that you need to know:
First one is from EU: All Fluorinated products are banned if the percentage of PFOA (and its salts on mixtures) is more than 25 parts per billion (in all applications not just winter sports).
This rule dates back to 2017 and is in force from July 2020 in all EU countries
Second one is from FIS: Fluorinated products, even if they are PFOA Free, are banned in all FIS competitions. The decision was taken on November 2019 and will be applied to all FIS disciplines from the 2020/2021 season.
Only Hydrocarbon paraffin........🤭😱
These are two simple rules that are making a lot of confusion in winter sports world.
ご注意ください
フッ素と関連するルールを明確に語ろう
知っておくべきルールが2つあります。
1つ目はEUからです。
PFOA(および混合物に含まれるその塩)の割合が10億分の25以上の場合、すべてのフッ素製品は禁止されています(ウィンタースポーツだけでなく、すべてのアプリケーションで)。
この規則は2017年にさかのぼり、2020年7月からすべてのEU諸国で施行されます。
2つ目はFISから:フッ素系製品は、たとえPFOAフリーであっても、FISの全競技で禁止されることになりました。2019年11月に決定され、2020/2021シーズンからFISの全種目に適用されます。
ハイドロカーボンパラフィンのみ......🤭😱。
この2つのシンプルなルールがウインタースポーツ界を混乱に陥れています。

But ..............
In ski competitions out of FIS calendars:
- All skiers can use fluorinated products (this means the new PFOA free products but also the “old” ones if they are in a personal stock)
- EU laws prohibit placing on the market (free of charge or selling) of “old” fluorinated products. Only “new” fluorinated product with PFOA under 25 parts per billion can be produced and sell.
So, everything is clear and simple.
For amateurs and athletes who will not participate in the FIS competitions everything will remain as before: they can use fluorinated products 😉
しかし・・・・・・・・・・・・・・
FISのカレンダーから外れたスキー大会では、
- 全てのスキーヤーはフッ素入りの製品を使用することができる(これはPFOAフリーの新製品を意味するが、個人的にストックしている場合は "旧 "のものも使用できる
- EUの法律では、「古い」フッ素化製品の上市(無償または販売)を禁止しています。PFOAが10億分の25以下の「新しい」フッ素製品だけが製造・販売できます。
ということで、すべてが明確でシンプルです。
FIS競技会に参加しないアマチュアやアスリートのために、すべては以前と同じように。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

"NorAm Cupは国境規制で不透明な状況に直面している"



With travel between the U.S. and Canada highly restricted, including a mandatory 14-day quarantine for travelers entering Canada, the 2020-21 NorAm Cup is facing significant obstacles.

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月17日木曜日


U.S. Ski & Snowboard officials and the NorAm committee, which is made up of representatives from both the U.S. and Canada, missed a targeted announcement this week to confirm the NorAm schedule for the upcoming season. Among the challenges are current border restrictions between the U.S. and Canada amid the coronavirus pandemic.
アメリカのスキー&スノーボード関係者と、アメリカとカナダの代表者で構成されるNorAm委員会は、来シーズンのNorAmのスケジュールを確認するために今週、目標としていた発表を逃してしまいました。課題としては、コロナウイルスの流行に伴う米国とカナダの国境規制が挙げられます。

NorAms, North America’s annual Continental Cup, are always contested between the two countries with athletes on both sides of the border often making several trips back and forth throughout the season.
NorAms、北アメリカの毎年恒例のコンチネンタル カップは、常に 2 つの国の間で国境の両側の選手との間で争われ、しばしばシーズン中に何度も行ったり来たりしています。

Discussions between the two nations, and likely FIS, remain ongoing, but early season races that had been tentatively scheduled for November in Colorado and December in Lake Louise have been scrapped, along with the prospect of January races in Stowe and Whiteface. In February, a stop in Sugarloaf has also been removed from consideration.
しかし、11月にコロラドで、12月にレイク・ルイーズで開催される予定だったシーズン序盤のレースは中止され、1月にはストウとホワイトフェイスでのレースが予定されていた。2月のシュガーローフでの開催も検討から外された。

Best case scenario, NorAms are hoping to move forward with a February-to-April season. Tentatively, stops are anticipated in Collingwood (women), Mont Edouard (men), Panorama (both), with a final series to close out the season in Mammoth.
ベストシナリオとしては、ノーラムズは2月から4月のシーズンを進めたいと考えています。暫定的には、コリングウッド(女子)、モン・エドゥアール(男子)、パノラマ(両方)での開催が予定されており、最後はマンモスでシーズンを締めくくる予定です。

U.S. Ski & Snowboard has thus far declined Ski Racing’s requests for comment on this story. Alpine Canada has also not provided comment.
U.S. Ski & Snowboardはこれまでのところ、この記事に関するSki Racingからのコメント依頼を拒否しています。また、アルパイン・カナダもコメントを出していない。

According to sources, there are a variety of concerns and scheduling challenges but none more pressing than the current travel restrictions between the two countries.
情報筋によると、様々な懸念事項やスケジュール上の課題があるが、現在の両国間の移動制限ほど切迫したものはないという。

According to the government of Canada, foreign nationals traveling into the country must be traveling for an essential (non-discretionary) purpose. “Essential refers to travel for reasons that are non-discretionary and non-optional. The emergency orders under the Quarantine Act do not allow people to travel to Canada for optional or discretionary reasons, such as for tourism, recreation or entertainment.”
カナダ政府によると、外国人が国内に入国する際には、必要な目的で渡航しなければならないとされています。"エッセンシャル "とは、非裁量的かつ非選択的な理由での旅行を指します。検疫法の下での緊急命令では、観光、レクリエーション、娯楽などのオプションや裁量的な理由でカナダに旅行することはできません。"

Additionally, a 14-day quarantine requirement is also in effect for all travelers into Canada, including Canadian nationals. The concern among Canadians is returning home after travel to the U.S. will immediately require a two-week stoppage of training and racing. These restrictions are proving untenable for many parties, particularly in the early part of the season when training is considered a premium block.
さらに、14日間の検疫要件は、カナダ国籍を含むカナダへのすべての旅行者にも適用されています。カナダ人の間での懸念は、米国への旅行の後に家に戻ってすぐにトレーニングとレースの 2 週間の停止を必要とします。これらの制限は、多くの関係者にとって、特にトレーニングがプレミアムブロックとみなされるシーズンの初めの部分では受け入れられないことが証明されています。

“When you arrive in Canada by air, land or sea, we’ll assess your health before you leave the POE. If you’re a foreign national, and you have symptoms of COVID-19, you won’t be allowed to enter Canada. … You must have a plan to quarantine for 14 days when you arrive in Canada,” the government states.
"空路、陸路、海路でカナダに到着したら、POEを出る前に健康状態を評価します。外国籍の方で、COVID-19の症状がある場合は、カナダへの入国は許可されません。... カナダに到着した際には、14日間の検疫計画を立てておく必要があります」と政府は述べています。

Among the requirements, travelers will need to provide proof of a place to stay, how they’ll get to their destination, get groceries, access essential services and medical care — all while under quarantine.
要件の中で、旅行者は、滞在する場所の証明を提供する必要があります, 彼らは彼らの目的地に取得する方法, 食料品を得る, アクセス不可欠なサービスや医療 - すべての間、検疫の下で.

According to laws and guidelines, all travelers entering Canada must:
法律やガイドラインによると、カナダに入国するすべての旅行者が必要です。

-arrange for a suitable place to quarantine or isolate, within your financial means
-隔離または隔離するのに適した場所を手配する、あなたの経済的な手段の範囲内で
-go directly to their place of quarantine or isolation, without stopping anywhere
-どこにも寄らずに、隔離や隔離された場所に直接行くことができます。
-stay at their place of quarantine or isolation for 14 days (only leave to seek medical assistance if needed)
-隔離または隔離された場所に14日間滞在する(必要に応じて医療支援を求めるためだけに休暇を取る)。
-not have any guests
-客はいない
-monitor their health for fever and a cough, fever and difficulty breathing
-熱や咳、発熱、呼吸困難などの健康状態を監視する。

The penalties for not following the quarantine plan once in the country can include a fine of up to $750,000 and six months of jail time.
国内で検疫計画に従わなかった場合の罰則として、最高75万ドルの罰金と6ヶ月の懲役刑が科せられることがある。

“We can’t hold off the system for a year,” said Alberta Alpine program director and provincial team head coach Gavin Preziosi in a recent interview with SRM. “If we can’t find the opportunities and points we’re after, then we may have to go to Europe [to find races]. Then the club athletes won’t have the profiles to make the Alberta team without being exposed to our team … and if we can’t find the appropriate races we won’t be able to move athletes up to the national team.”
"アルバータアルパインのプログラムディレクターであり、州チームのヘッドコーチを務めるギャビン・プレツィオーシ氏は、SRMとの最近のインタビューでこう語った。"もし、私たちが求めているチャンスやポイントが見つからなければ、ヨーロッパに行かなければならないかもしれません。そうなれば、クラブの選手たちは、私たちのチームに触れずにアルバータ州のチームに入ることができないでしょう...適切なレースを見つけることができなければ、選手を代表チームに昇格させることができません。

U.S. Ski & Snowboard has not provided Ski Racing with an updated timeline for a decision. Alpine Canada said a decision is expected early next week.
U.S. Ski & Snowboardは、決定のための最新のスケジュールをSki Racingに提供していません。アルパイン・カナダは、決定は来週早々になると予想されると述べている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

FISがW杯カレンダーの修正を提案、最終承認は10月3日の見込み



As the main point on the agenda, the alpine World Cup men’s and women’s calendars were reviewed in depth, after months of discussions between FIS, the national ski associations and local organizing committees.

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月16日水曜日


On Wednesday, the FIS Alpine World Cup preparation meeting in advance of the Technical Committees at the end of the month took place as a hybrid meeting both at the FIS headquarters in Oberhofen and with virtual participation. The meeting was chaired by chairman of the Alpine Committee Bernhard Russi, in addition to the FIS led by the Competition Management, Peter Gerdol and Markus Waldner, the ski industry SRS with Rudi Huber and the World Cup Organizers through Srecko Medven (SLO), President of Club 5.
水曜日、今月末の技術委員会に先立つFISアルペンワールドカップ準備会議が、オーバーホーフェンのFIS本部とバーチャル参加のハイブリッド会議として開催された。会議は、競争管理、ペーターGerdolとマルクスWaldner、ルディフーバーとスキー業界のSRSとワールドカップ主催者Srecko Medven(SLO)、クラブ5の社長を介してスキー業界が率いるFISに加えて、アルペン委員会ベルンハルトRussiの会長が議長を務めました。

As the main point on the agenda, the Audi FIS Alpine World Cup men’s and women’s calendars 2020-21 were reviewed in depth, after months of discussions between FIS, the national ski associations and local organizing committees as well as the rights-holders.
主な議題として、FIS、各国スキー協会、地元の組織委員会、権利者との間で数ヶ月に及ぶ協議を経て、アウディFISアルペンワールドカップの2020-21年男女カレンダーが詳細に検討されました。

The final calendars have been adapted to the current situation and measures. They include adaptations based on the requirements to reduce numbers and the costs for teams, organisers and stakeholders. Changes to the calendar include separating a number of events to have only womens’ or mens’ races as well as dividing speed and technical events to limit the number of participants in total. The measures taken all focus on protecting the health and welfare of the participants to the best extent possible.
最終的なカレンダーは、現状と対策に合わせて調整された。その中には、数を減らすための要件や、チーム、主催者、利害関係者のためのコストを考慮した調整が含まれている。カレンダーの変更点としては、いくつかのイベントを分けて女子または男子のみのレースにしたり、スピードイベントとテクニカルイベントを分けて合計参加者数を制限したりしている。これらの変更は、参加者の健康と福祉を最大限に保護することを目的としています。

One of the first events adapted in the calendar is Levi, Finland. This season the women’s tour will head to the Finnish venue for two slalom races on Nov. 21-22 with the men’s slalom rescheduled later in the season.
カレンダーに採用された最初のイベントの一つは、フィンランドのレヴィです。今シーズンの女子ツアーは、11月21〜22日にフィンランドのレヴィで2つのスラロームレースが開催され、男子スラロームはシーズン後半に予定されています。

Additionally Alta Badia’s (ITA) parallel race for the men has been replaced by a slalom. Adelboden (SUI) will host three races with an additional giant slalom on Friday, January 8.
また、男子のアルタ・バディア(ITA)のパラレルレースはスラロームに変更されました。アデルボーデン(SUI)は、1月8日(金)に3つのレースを開催。

The women will be racing in St Moritz (SUI) with two super G races on Dec. 5-6, one week earlier than previously scheduled, followed by Courchevel (FRA) hosting a two-race technical weekend.
女子は、1週間前倒しで12月5-6日にサンモリッツ(SUI)で2つのスーパーGレースが開催され、その後、クーシュベル(FRA)でテクニカルウィークエンドの2レースが開催される。

The calendar includes one parallel event per gender in Lech-Zurs (AUT) at the new FIS World Cup parallel opening. FIS, Swiss-Ski and the Davos Organizing Committee has decided to postpone the debut of the parallel on Jan. 1, 2021 to the following year. Since the competition will take place near the centre of Davos during the peak tourist season, it would have been challenging to conform to the COVID-19 specifications.
カレンダーには、新たにFISワールドカップのパラレルオープンとなるレヒ・チュールス(AUT)での男女別パラレルイベントも含まれている。FIS、スイススキー、ダボス組織委員会は、2021年1月1日のパラレル開幕を翌年に延期することを決定しました。観光シーズンのピーク時にダボスの中心部付近で開催されるため、COVID-19の仕様に適合させることは困難だったと思われます。

Overall, the men’s calendar will feature 39 races, while the women will compete in 35 races. The Audi FIS Alpine World Cup men’s and women’s calendars for 2020-21 will be approved the FIS Council on Oct. 3 following the FIS Technical Meetings taking place from Sept. 30 to Oct. 2.
全体では、男子は39レース、女子は35レースが予定されています。アウディFISアルペンワールドカップの2020-21年の男女カレンダーは、9月30日から10月2日まで開催されるFISテクニカルミーティングの後、10月3日にFIS評議会で承認される予定です。


Successful FIS alpine TV production workshop held in Kitzbuhel
FISアルペンTV制作ワークショップがキッツビューエルで開催されました。

The traditional FIS Alpine TV Production workshop was held in Kitzbuhel (AUT) on Friday, Sept. 10.
伝統的なFISアルペンTV制作ワークショップが9月10日(金)にキッツビュール(AUT)で開催された。

The event was hosted by Kitzbuhel Ski Club in the competition finish house with President Michael Huber welcoming all participants alongside the Austrian Ski Federation represented by Rupert Steger.
このイベントはキッツビュールスキークラブが主催し、ミヒャエル・フーバー会長とルパート・シュテーガーが代表を務めるオーストリアスキー連盟が参加者を歓迎する中、フィニッシュハウスで開催された。

The nearby based broadcasters and rights-holders from Austrian, German and Swiss Television as well as Rights Holders EBU and Infront were on site with others following a live stream.
オーストリア、ドイツ、スイスのテレビ放送局や権利者、EBUやインフロントの権利者も会場にいたが、ライブストリームに続いて他の放送局も参加した。

The main topics centered around the need to adapt media and TV aspects to the organizational aspects that are planned in accordance with the national regulations, alongside the FIS COVID-19 guidelines, in order to safeguard the health of all participants.
主なトピックは、すべての参加者の健康を守るために、FIS COVID-19のガイドラインに沿って国の規則に従って計画されている組織的な側面に、メディアやテレビの側面を適応させる必要性を中心としたものでした。

The FIS participants included Race Directors Peter Gerdol, Markus Waldner, Manu Couder and Jurg Capol contributed to defining the organization of the finish area with social distancing measures, the revised award ceremonies and the media workflow.
FISの参加者は、レースディレクターのペーター・ゲルドル、マルクス・ワルドナー、マヌ・クーダー、ユルク・カポルらで構成されており、社会的な距離の取り方や、改訂された表彰式、メディアのワークフローなど、フィニッシュエリアの組織化に貢献した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



Der FIS-Rennkalender der Ski Weltcup Saison 2020/21 nimmt Formen an ++++

Charly Seidlさんの投稿 2020年9月16日水曜日


スキーワールドカップ2020/21シーズンのFISレーシングカレンダーを形にしています。

本日水曜日、FISの2020/21ワールドカップシーズンに向けた準備会議が、連盟本部とバーチャルの両方で行われました。会合の議長を務めたのは、アルペン委員会のベルンハルト・ルシ委員長。ペーター・ゲルドル、マーカス・ワルドナー、クラブ5会長のスレコ・メドヴェンも出席しました。

FIS、各国スキー連盟、地元の主催者、権利者の間で長い議論を経て、新しいカレンダーが徹底的に見直されました。これには、レースの数を減らすための要件の調整や、チームや主催者の費用の調整が含まれていた。カレンダーの修正は、参加者の健康と福祉を可能な限り守ることを目的としています。さらに、女子のテクニカルグループと男子のスピードグループが同じ場所に同時に存在してはいけない。

フィンランドのレヴィでは11月21日と22日に女子スラロームの2大会が開催され、男子は未定の日程に延期されます。また、1月8日には、アデルボーデンのチュエニスバルグリで開催される男子大回転がプログラムに追加されます。

女子では、予定より1週間早い12月5日と6日にサンモリッツで2つのスーパーGが開催されます。フランスのクーシュベルでは、2つのテクニカルレースを見ることができます。Lech/Zursの並列判決しかない。ダボスでのデビュー戦が1年延期されることになりました。全体では、女性は35人、男性は39人のレースを争う。9月30日から10月2日まで開催される世界スキー連盟のFIS技術評議会を経て、10月3日に最終カレンダーが承認されます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

いよいよW杯開幕戦まで1ヶ月

1ヶ月後に向けたレーサーのためのカウントダウンが始まりました!



In einem Monat heist es Daumen 👍 drucken fur unsere SkirennlauferInnen - der Countdown lauft ⏱
#skiweltcupsolden

Skiweltcup Soldenさんの投稿 2020年9月17日木曜日




J-30 avant l'ouverture de la Coupe du Monde 2020/2021 a Solden ! On a deja hate que la saison commence et vous ? 💥
🚀 Tessa Worley
🎩 Alexis Pinturault
🔥 Mathieu Faivre

📸 Agence Zoom

Equipe de France de Ski Alpinさんの投稿 2020年9月17日木曜日





T-1 month to the FIS Alpine World Cup Tour World Cup opener at Solden / Soelden / Solden!! The Land Rover U.S. Alpine...

U.S. Ski & Snowboard Teamさんの投稿 2020年9月17日木曜日

”精神的な準備はスキーレース開発パズルの重要なピースです”



Mental Preparation is a Key Piece of the Ski Racing Development Puzzle

Dr. Jim Taylorさんの投稿 2020年9月15日火曜日


Mental Preparation is a Key Piece of the Ski Racing Development Puzzle
精神的な準備はスキーレース開発パズルの重要なピースです

I would first like to express my appreciation to Dan Leever and Ski Racing Media for initiating this essential conversation about how the U.S. Ski Team can live up to its vision: “Best in the World.” I would also like to thank Dan and SRM for giving me the opportunity to contribute to this exchange of ideas in the area of my passion and expertise, namely, the psychological aspects of world-class ski racing performance.
まず最初に、アメリカのスキーチームのビジョンを実現するにはどうすればいいのかという本質的な会話を始めてくれたダン・リーバーとスキー・レーシング・メディアに感謝の意を表したいと思います。"世界最高のスキーチーム "というビジョンを実現するためにはどうすればいいのか。また、私の情熱と専門知識、つまりワールドクラスのスキーレースのパフォーマンスの心理学的側面という分野で、このような意見交換に貢献する機会を与えてくれたダンとSRMに感謝したい。

I’ve been involved in our sport for more than 50 years (yikes!), first as an internationally ranked competitor and, for the last 35-plus years, specializing in the psychology of ski racing. During that time, I have seen the U.S. Ski Team rise to remarkable heights and fall the great depths. And throughout its history, the USST has sought to identify all of the pieces of the ski-racing success puzzle that would lead our country to the top of the alpine ranks alongside, at various times, Austria, Norway, Switzerland, Germany, Italy, France, and Sweden. I truly believe that the collective passion, knowledge, and experience of the many stakeholders in our sport and an open and honest dialogue such as Dan has begun here can help us find those crucial pieces of the puzzle that will take us to the top of the mountain, metaphorically speaking, and down to the bottom faster than any country in the world.
私は50年以上もこのスポーツに関わってきたが、最初は国際的なランキングの選手として、そして過去35年以上はスキーレースの心理学を専門としてきた。その間、私はアメリカのスキーチームが目覚ましい高みへと上り詰めるのを見てきました。その歴史の中で、USSTは、オーストリア、ノルウェー、スイス、ドイツ、イタリア、フランス、スウェーデンと並んで、わが国をアルペンランキングのトップに導くスキーレースの成功のパズルのすべてのピースを見極めようとしてきました。ダンがここで始めたような、オープンで率直な対話のような、スポーツに関わる多くの関係者の情熱、知識、経験の結集が、世界のどの国よりも早く、比喩的に言えば山の頂上に、そしてどん底に落ちていくためのパズルの重要なピースを見つける助けになると、私は心から信じています。

With all that said, over the next month or so, I will be sharing a series of articles that explore why and how the psychology of ski racing performance should be a part of this important conversation. Just as U.S. ski racing is looking for the “secret sauce” for on-snow volume and intensity, technical and tactical development, physical conditioning, nutrition, and other contributors to our sport, I believe that mental training is another fundamental area that must be addressed in a systematic way to fully develop a large number of athletes who are prepared for consistent success on the world stage.
そうは言っても、来月かそこらで、スキーレースのパフォーマンスの心理学がなぜ、どのようにしてこの重要な会話の一部になるべきなのかを探求する一連の記事を共有する予定だ。米国のスキーレースが雪上のボリュームと強度、技術と戦術の開発、フィジカルコンディショニング、栄養、その他の貢献者のための「秘密のソース」を探しているように、私はメンタルトレーニングもまた、世界の舞台で一貫した成功を収めるために準備された多くのアスリートを完全に育成するために、体系的な方法で取り組まなければならない基本的な分野であると信じています。

Consider the vital importance of the mind in ski racing. Motivation, confidence, intensity, focus, emotions, resilience, adaptability, patience, perseverance, coachability, attitude, collaboration, the list goes on. Yes, these mental “muscles” can develop on their own with individual athletes. At the same time, like any muscle, mental muscles will get their strongest fastest if trained in a systematic and consistent way from an early age. There are several benefits to pursuing this course of action. Such an approach would increase the chances of otherwise talented ski racers who lacked the inherent or self-developed mental strength to realize their fullest abilities. A programmatic approach to mental training would also impact the team culture, creating a team that is collectively imbued with these same mental capabilities. Along with this shared mental strength, whether an academy, club, or the USST, as the saying goes, a rising tide lifts all boats.
スキーレースにおける心の重要性を考えてみましょう。モチベーション、自信、集中力、集中力、感情、回復力、適応力、忍耐力、忍耐力、コーチング能力、態度、協調性、などなど。そう、これらの精神的な "筋肉 "は、個々のアスリートによって発達することができます。同時に、他の筋肉と同じように、精神的な筋肉も幼少期から体系的かつ一貫した方法で鍛えられれば、最速で最強の筋肉になります。この方法を追求することには、いくつかのメリットがあります。このようなアプローチは、先天的な精神力や自己開発した精神力に欠けていた才能あるスキーレーサーが、その能力を最大限に発揮できる可能性を高めることになる。また、メンタルトレーニングへのプログラム的なアプローチは、チーム文化にも影響を与え、同じような精神力を集団的に身につけたチームを作ることになるだろう。アカデミーであれ、クラブであれ、USSTであれ、このようなメンタルの強さを共有することで、諺にもあるように、「潮の満ち引きがすべての船を持ち上げる」ということが可能になるのです。

Importance of Mental Training in Ski Racing
スキーレースにおけるメンタルトレーニングの重要性

Over my years of professional involvement in ski racing, I’ve asked 1000s of racers, coaches, and officials this key question: How important is the mental side of ski racing compared to conditioning and technique? The results of this informal survey indicate that 99% of respondents believe that the mind is as or more important.
スキーレースに長年携わってきた私は、10000人ものレーサー、コーチ、オフィシャルにこの重要な質問をしてきました。スキーレースのメンタル面は、コンディショニングやテクニックに比べてどれだけ重要か?この非公式調査の結果、回答者の99%が「心」が重要であると考えていることがわかりました。

Consider the top-10 racers, male or female, on the World Cup. Are they all gifted? Yes. Are they all in exceptional physical condition? Yes. Are they all technically sound? Yes. Do they all have the best equipment? Yes. So, on race day, what separates Henrik and Alexis or Mikaela and Petra from the rest of the field? All of these other factors being equal, it must be what goes on in their minds. Yet, when I ask these same racers and coaches how much time and energy is devoted to mental preparation, they indicate not very much and certainly not as much as it deserves.
ワールドカップに出場する男女のトップ10選手を考えてみてください。彼らは全員才能がありますか?はい。全員が並外れた体調ですか?はい。技術的に問題ないか?はい 最高の機材を持っているか?はい。ではレース当日、ヘンリックとアレクシス、ミカエラとペトラを他の選手たちと分けるものは何か?他のすべての要素が同じならば、それは彼らの心の中にあるものに違いない。しかし、同じ選手やコーチに精神的な準備にどれだけの時間とエネルギーが費やされているのかを尋ねると、彼らはあまり多くはないし、それに値するほどでもないと答えている。

One thing we can all agree on is that the mind is an essential piece of the ski-racing performance puzzle that is largely neglected at both the individual and organizational levels. And therein lies a powerful opportunity for U.S. ski racing.
一つ言えることは、心はスキーレースのパフォーマンスのパズルの重要な部分であり、個人レベルでも組織レベルでもほとんど無視されているということです。そして、そこには米国のスキーレースにとって強力なチャンスがある。

Current Commitment to Mental Training in U.S. Ski Racing
米国スキーレースにおけるメンタルトレーニングへの取り組み

Across the different levels of development in U.S. ski racing, conditioning and on-snow training consumes a disproportionately greater amount of time, resources, and staffing than does mental training. The typical commitment of time devoted to the former is three-to-six hours a day. The typical commitment of time to mental training is close to zero. A few years back, I learned that the budget for mental training of one national team was about six percent of the conditioning budget. While the USST and every ski academy and club have full-time technical and conditioning coaches, none have full-time mental coaches. Moreover, when mental training is offered, its presence is vastly different from the physical conditioning and technical regimens that racers benefit from (more on that in a later article). In all cases, I’m not arguing that mental training should be on equal footing as conditioning and on-snow training. At the same time, given the professed importance of mental training in the U.S. ski racing community, some movement toward parity would seem reasonable.
米国のスキーレースにおけるさまざまなレベルの発達の中で、コンディショニングと雪上トレーニングは、メンタルトレーニングよりも不釣り合いに多くの時間、リソース、人員を消費する。前者に費やされる時間の典型的な割合は、1日3〜6時間です。メンタル・トレーニングに費やす時間の典型的な割合はゼロに近い。数年前、あるナショナルチームのメンタルトレーニングの予算はコンディショニング予算の約6パーセントだったことを知りました。USSTをはじめ、すべてのスキーアカデミーやクラブには専任のテクニカルコーチとコンディショニングコーチがいるのに対し、専任のメンタルコーチは一人もいない。さらに、メンタルトレーニングが提供されている場合、その存在は、選手が恩恵を受けるフィジカルコンディショニングや技術的なレジメンとは大きく異なります(それについての詳細は後の記事で)。いずれの場合も、メンタルトレーニングがコンディショニングや雪上トレーニングと対等であるべきだと主張しているわけではない。同時に、米国のスキーレース界でメンタル・トレーニングの重要性が公言されていることを考えると、同等性を求める動きは妥当であると思われる。

Based on feedback I have received in recent years from the many USST athletes I’ve worked with, consultants have sporadic contact with the athletes and it is focused primarily on individual athletes. Moreover, there is no mental training performance model, no programmatic progression or consistency, little incorporation of mental training into physical conditioning or on-snow training, and limited integration of mental training into the overall athlete development program (I’m open to being corrected if this information is inaccurate).
ここ数年、私が関わってきた多くのUSSTアスリートからのフィードバックによると、コンサルタントはアスリートと散発的に接触しており、主にアスリート個人に焦点を当てている。さらに、メンタルトレーニングのパフォーマンスモデル、プログラムの進行や一貫性、フィジカルコンディショニングや雪上トレーニングへのメンタルトレーニングの組み込みはほとんどなく、全体的なアスリート育成プログラムへのメンタルトレーニングの統合は限られています(この情報が不正確であれば訂正されても構いません)。

Current State of Mental Training in Other Ski Teams and Sports
他のスキーチームやスポーツにおけるメンタルトレーニングの現状

My above observations aren’t intended as criticisms of the USST. The reality is that no national team has figured out how to systematically and effectively incorporate mental training into their country’s long-term athletic development program. I have had discussions with performance directors and coaches from most of the leading alpine countries and the message has been the same: They haven’t been able to fit mental training into their development systems, so the European teams generally leave athletes to their own devices when it comes to mental training.
私の上記の見解は、USSTに対する批判を意図したものではありません。現実には、どのナショナルチームも、自国の長期的な競技開発プログラムにメンタルトレーニングを体系的かつ効果的に組み入れる方法を見つけ出していないのです。私は、アルペンの主要国のほとんどのパフォーマンスディレクターやコーチと議論してきましたが、同じようなメッセージを受けました。

This hands-off approach is, however, at odds with the best practices found in other sports. For example, more than 75% of NCAA Division I athletic departments have full-time sport psychologists (who address both performance and mental health issues). Almost every NFL, MLB, and NBA team has a full-time mental coach. And, not surprisingly, Red Bull has a full-time staff of sport psychologists doing what Red Bull does in everything it invests in, namely, push the envelope of conventional wisdom and practices in athletic development.
しかし、このような手をこまねいたアプローチは、他のスポーツのベストプラクティスとは相反するものです。例えば、NCAAのディビジョンIの競技部門の75%以上が、フルタイムのスポーツ心理学者(パフォーマンスとメンタルヘルスの両方の問題に対処する)を持っています。ほぼすべてのNFL、MLB、NBAのチームは、フルタイムのメンタルコーチを持っています。そして、驚くことではありませんが、レッドブルは、レッドブルが投資するすべてのもので何をしているのか、すなわち、従来の知恵と運動能力開発の実践の限界を押し広げることをしているスポーツ心理学者のフルタイムのスタッフを持っています。

I would suggest that the situation that I’ve just described offers U.S. ski racing an incredible opportunity to lead and innovate in an area that other nations haven’t and to provide that piece of the puzzle that everyone in our sport says is so important, yet has not been fully leveraged. My ultimate goal is to help U.S. ski racing to fulfill its vision by encouraging the development of a world-leading mental training program which is fully integrated into its overall athlete development system from junior programs up to the top of the USST and that develops athletes who are comprehensively prepared for success at the highest levels of ski racing.
私が今述べたような状況は、アメリカのスキーレースに、他の国が行っていない分野をリードし、革新するための素晴らしい機会を提供していると思いますし、スポーツ界の誰もが重要だと言いながら、まだ十分に活用されていないパズルの一部を提供することもできます。私の究極の目標は、世界をリードするメンタルトレーニングプログラムの開発を奨励し、ジュニアプログラムからUSSTのトップに至るまでの選手育成システムに完全に統合され、スキーレースの最高レベルでの成功に向けて総合的に準備された選手を育成することで、アメリカのスキーレースがそのビジョンを達成できるように支援することです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

”シーズン開幕前、ヨーロッパカップ第1戦の中止で思うこと”



Die Absage der ersten Europacuprennen noch vor Saisonbeginn geben zu denken ++++

Charly Seidlさんの投稿 2020年9月15日火曜日


スウェーデンのフナスダレンでは、アルペンスキーレースのヨーロピアンカップのシーズンは、通常、2つの女子スラロームで始まります。今年は少し変わった年になって、また違った表情を見せてくれます。欧州極北でのレースは事前に中止になりました。すでにFISのグローバルネットワークでそれを読むことができます。ノルウェーのトリシルとクヴィットフィエルには暗雲が垂れ込めています。次の数日が重要で、レース運営という点では致命的な結果になる可能性があります。

ヨーロピアンカップにもいくつかの仮説があり、大陸規模でも噂のネタが沸き始めている。何でもかんでも聞いて、翌日には逆の場合もあり得る。レース数を減らしたり、シーズン開始を遅らせたり、コロナの影響でより思い切った決断をしたりと、今のところ言葉にすることはできないし、したくもない話もある。

バイアスロンにIBUカップがないのは、2つのレースシリーズに衛生面で高い水準のものを装備することができず、開催を保証することができないからです。IBUは一つの連盟であり、FISは別の連盟ですね。これは少しばかげているように聞こえるが、アルペンスキーレースでは、明日の若く才能あるスキースターがプレミアムを払わず、スキーワールドカップのためにヨーロッパカップが少なくとも1年間は中断されることが望まれている。アルペンスキーでは修復が困難なイメージのダメージを受ける可能性があることは、まだ予見できないし、確かに選択肢にはなりません。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

コロナ禍、国内でも全日本選手権、FEC、国体、全中、インターハイ、インカレ、ジュニオリと・・・、A級大会の行方はどうなっていくのでしょうか。
悩ましいシーズンとなりそうです。

Soldenは「2020年を開く」という挑戦に向けて準備ができている



Das Weltcup-Wochenende in Solden (17. & 18.10.) soll ein eindrucksvolles Statement des ⛷️ Ski- und Wintersports in alle...

Skiweltcup Soldenさんの投稿 2020年9月11日金曜日


スキーワールドカップ2020/21の開幕戦が行われます。10月17日と18日には、ソルデンのレッテンバッハ氷河で伝統的な男女のジャイアント・スラローム・レースが開催されます。そして、コロナの年2020年のよく知られた前兆の下でこのすべて:観客なしで、しかし、COVID-19パンデミックがさらに広がるのを防ぐために厳格な安全規制があります。

2020年10月17日〜18日
ワールドカップの週末に開催されるショーデンでは、全世界に向けてスキーとウィンタースポーツを印象的にアピールすることを目的としています。同じようなメジャーなスポーツイベントからすでに知られているように、ファンは現場に入ることができません。スキースターを熱狂的に応援する人たちが、いつものようにアイドルを応援することができなくても、ショーデンならではのレースの雰囲気を感じながら、テレビの写真やライブストリームを体験することができるはずだ。


<COVID-19 セキュリティコンセプト>
1:安全地帯としてのレッテンバッハ氷河
レッテンバッハの氷河には独占欲があります。参加者や従業員として適切な認定を受けた者のみが現場に立つことができます。同時に、ティーフェンバッハファーナーには、一般スキー場がオープンします。ただし、ティーフェンバッハ氷河からのスキートンネルはレース期間中は閉鎖されたままです。したがって、スキー客とワールドカップチームの「一体感」は除外されます。

2: フレームワークプログラムの放棄
氷河の上でもゾルデンでも、フリンジイベントは一切行われません。これには、会社のイベントや報道関係者のアポイントメントも含まれます。

3:1つのプレスセンターに制限
2020年には、メディア関係者はレッテンバッハの氷河に直接アクセスできるプレスセンターのみを利用できるようになりますが、通常通りのプロフェッショナルな品質のプレスセンターを利用することができます。

FISスキーワールドカップ開幕戦の詳細と、COVID19パンデミックの蔓延を防ぐためのイベントガイドラインの対応については、今後も継続的にお知らせしていきます。

プログラム AUDI FIS Ski World Cup Solden 2020
2020年10月17日(土):女子ジャイアントスラローム(10時、13時)
2020年10月18日(日):男子ジャイアントスラローム(10時、13時15分)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

2021solden

精神面は個々のアスリートによって発達することができる



“Consider the vital importance of the mind in ski racing. Motivation, confidence, intensity, focus, emotions,...

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月5日土曜日


Mental preparation is a missing piece of the ski racing puzzle
精神的な準備は、スキーレースのパズルの欠落した部分である

I would first like to express my appreciation to Dan Leever and Ski Racing Media for initiating this essential conversation about how the U.S. Ski Team can live up to its vision: “Best in the World.” I would also like to thank Dan and SRM for giving me the opportunity to contribute to this exchange of ideas in the area of my passion and expertise, namely, the psychological aspects of world-class ski racing performance.
まず最初に、アメリカのスキーチームのビジョンを実現するにはどうすればいいのかという本質的な会話を始めてくれたダン・リーバーとスキー・レーシング・メディアに感謝の意を表したいと思います。"世界最高のスキーチーム "というビジョンを実現するためにはどうすればいいのかという本質的な話を始めてくれたダン・リーバーとSRMに感謝したい。また、私の情熱と専門知識、つまりワールドクラスのスキーレースのパフォーマンスの心理学的側面という分野で、このような意見交換に貢献する機会を与えてくれたダンとSRMに感謝したい。

I’ve been involved in our sport for more than 50 years (yikes!), first as an internationally ranked competitor and, for the last 35-plus years, specializing in the psychology of ski racing. During that time, I have seen the U.S. Ski Team rise to remarkable heights and fall the great depths. And throughout its history, the USST has sought to identify all of the pieces of the ski-racing success puzzle that would lead our country to the top of the alpine ranks alongside, at various times, Austria, Norway, Switzerland, Germany, Italy, France, and Sweden. I truly believe that the collective passion, knowledge, and experience of the many stakeholders in our sport and an open and honest dialogue such as Dan has begun here can help us find those crucial pieces of the puzzle that will take us to the top of the mountain, metaphorically speaking, and down to the bottom faster than any country in the world.
私は50年以上もこのスポーツに関わってきたが、最初は国際的なランキングの選手として、そして過去35年以上はスキーレースの心理学を専門としてきた。その間、私はアメリカのスキーチームが目覚ましい高みへと上り詰めるのを見てきました。その歴史の中で、USSTは、オーストリア、ノルウェー、スイス、ドイツ、イタリア、フランス、スウェーデンと並んで、わが国をアルペンランキングのトップに導くスキーレースの成功のパズルのすべてのピースを見極めようとしてきました。ダンがここで始めたような、オープンで率直な対話のような、スポーツに関わる多くの関係者の情熱、知識、経験の結集が、世界のどの国よりも早く、比喩的に言えば山の頂上に、そしてどん底に落ちていくためのパズルの重要なピースを見つける助けになると、私は心から信じています。

With all that said, over the next month or so, I will be sharing a series of articles that explore why and how the psychology of ski racing performance should be a part of this important conversation. Just as U.S. ski racing is looking for the “secret sauce” for on-snow volume and intensity, technical and tactical development, physical conditioning, nutrition, and other contributors to our sport, I believe that mental training is another fundamental area that must be addressed in a systematic way to fully develop a large number of athletes who are prepared for consistent success on the world stage.
そうは言っても、これから1ヶ月ほどの間に、スキーレースのパフォーマンスの心理学がなぜ、そしてどのようにしてこの重要な会話の一部となるべきなのかを探る一連の記事を紹介していく予定だ。米国のスキーレースが雪上のボリュームと強度、技術と戦術の開発、フィジカルコンディショニング、栄養、その他の貢献者のための「秘密のソース」を探しているように、私はメンタルトレーニングもまた、世界の舞台で一貫した成功を収めるために準備された多くのアスリートを完全に育成するために、体系的な方法で取り組まなければならない基本的な分野であると信じています。

Consider the vital importance of the mind in ski racing. Motivation, confidence, intensity, focus, emotions, resilience, adaptability, patience, perseverance, coachability, attitude, collaboration, the list goes on. Yes, these mental “muscles” can develop on their own with individual athletes. At the same time, like any muscle, mental muscles will get their strongest fastest if trained in a systematic and consistent way from an early age. There are several benefits to pursuing this course of action. Such an approach would increase the chances of otherwise talented ski racers who lacked the inherent or self-developed mental strength to realize their fullest abilities. A programmatic approach to mental training would also impact the team culture, creating a team that is collectively imbued with these same mental capabilities. Along with this shared mental strength, whether an academy, club, or the USST, as the saying goes, a rising tide lifts all boats.
スキーレースにおける心の重要性を考えてみましょう。モチベーション、自信、集中力、集中力、感情、回復力、適応力、忍耐力、忍耐力、コーチング能力、態度、協調性、などなど。そう、これらの精神的な "筋肉 "は、個々のアスリートによって発達することができます。同時に、他の筋肉と同じように、精神的な筋肉も幼少期から体系的かつ一貫した方法で鍛えられれば、最速で最強の筋肉になります。この方法を追求することには、いくつかのメリットがあります。このようなアプローチは、先天的な精神力や自己開発した精神力に欠けていた才能あるスキーレーサーが、その能力を最大限に発揮できる可能性を高めることになる。また、メンタルトレーニングへのプログラム的なアプローチは、チーム文化にも影響を与え、同じような精神力を集団的に身につけたチームを作ることになるだろう。アカデミーであれ、クラブであれ、USSTであれ、このようなメンタルの強さを共有することで、「潮の満ち引き」という言葉があるように、すべての船を持ち上げることができるのである。

Importance of mental training in ski racing
スキーレースにおけるメンタルトレーニングの重要性

Over my years of professional involvement in ski racing, I’ve asked 1000s of racers, coaches, and officials this key question: How important is the mental side of ski racing compared to conditioning and technique? The results of this informal survey indicate that 99% of respondents believe that the mind is as or more important.
スキーレースに長年携わってきた私は、10000人ものレーサー、コーチ、オフィシャルにこの重要な質問をしてきました。スキーレースのメンタル面は、コンディショニングやテクニックに比べてどれだけ重要か?この非公式調査の結果、回答者の99%が「心」が重要であると考えていることがわかりました。

Consider the top-10 racers, male or female, on the World Cup. Are they all gifted? Yes. Are they all in exceptional physical condition? Yes. Are they all technically sound? Yes. Do they all have the best equipment? Yes. So, on race day, what separates Henrik and Alexis or Mikaela and Petra from the rest of the field? All of these other factors being equal, it must be what goes on in their minds. Yet, when I ask these same racers and coaches how much time and energy is devoted to mental preparation, they indicate not very much and certainly not as much as it deserves.
ワールドカップに出場する男女のトップ10選手を考えてみてください。彼らは全員才能がありますか?はい。全員が並外れた体調ですか?はい。技術的に問題ないか?はい 最高の機材を持っているか?はい。ではレース当日、ヘンリックとアレクシス、ミカエラとペトラを他の選手たちと分けるものは何か?他のすべての要素が同じならば、それは彼らの心の中にあるものに違いない。しかし、同じ選手やコーチに精神的な準備にどれだけの時間とエネルギーが費やされているかを尋ねると、彼らはあまり多くはないし、それに値するほどでもないと答えている。

One thing we can all agree on is that the mind is an essential piece of the ski-racing performance puzzle that is largely neglected at both the individual and organizational levels. And therein lies a powerful opportunity for U.S. ski racing.
ひとつ言えることは、心はスキーレースのパフォーマンスのパズルの重要な部分であり、個人レベルでも組織レベルでもほとんど無視されているということです。そして、そこには米国のスキーレースにとって強力な機会がある。

Current commitment to mental training in U.S. ski racing
米国のスキーレースにおけるメンタルトレーニングへの現在の取り組み

Across the different levels of development in U.S. ski racing, conditioning and on-snow training consumes a disproportionately greater amount of time, resources, and staffing than does mental training. The typical commitment of time devoted to the former is three-to-six hours a day. The typical commitment of time to mental training is close to zero. A few years back, I learned that the budget for mental training of one national team was about six percent of the conditioning budget. While the USST and every ski academy and club have full-time technical and conditioning coaches, none have full-time mental coaches. Moreover, when mental training is offered, its presence is vastly different from the physical conditioning and technical regimens that racers benefit from (more on that in a later article). In all cases, I’m not arguing that mental training should be on equal footing as conditioning and on-snow training. At the same time, given the professed importance of mental training in the U.S. ski racing community, some movement toward parity would seem reasonable.
米国のスキーレースにおけるさまざまなレベルの発達の中で、コンディショニングと雪上トレーニングは、メンタルトレーニングよりも不釣り合いに多くの時間、リソース、人員を消費する。前者に費やされる時間の典型的な割合は、1日3〜6時間です。メンタル・トレーニングに費やす時間の典型的な割合はゼロに近い。数年前、あるナショナルチームのメンタルトレーニングの予算はコンディショニング予算の約6パーセントだったことを知りました。USSTをはじめ、すべてのスキーアカデミーやクラブには専任のテクニカルコーチとコンディショニングコーチがいるのに対し、専任のメンタルコーチは一人もいない。さらに、メンタルトレーニングが提供されている場合、その存在は、選手が恩恵を受けるフィジカルコンディショニングや技術的なレジメンとは大きく異なります(それについての詳細は後の記事で)。いずれの場合も、メンタルトレーニングがコンディショニングや雪上トレーニングと対等であるべきだと主張しているわけではない。同時に、米国のスキーレース界でメンタル・トレーニングの重要性が公言されていることを考えると、同等性を求める動きは妥当であると思われる。

Based on feedback I have received in recent years from the many USST athletes I’ve worked with, consultants have sporadic contact with the athletes and it is focused primarily on individual athletes. Moreover, there is no mental training performance model, no programmatic progression or consistency, little incorporation of mental training into physical conditioning or on-snow training, and limited integration of mental training into the overall athlete development program (I’m open to being corrected if this information is inaccurate).
ここ数年、私が関わってきた多くのUSSTアスリートからのフィードバックによると、コンサルタントはアスリートと散発的に接触しており、主にアスリート個人に焦点を当てている。さらに、メンタルトレーニングのパフォーマンスモデルもなく、プログラムの進行や一貫性もなく、フィジカルコンディショニングや雪上トレーニングにメンタルトレーニングを取り入れることはほとんどなく、アスリート育成プログラム全体にメンタルトレーニングを取り入れることは限られています(この情報が不正確であれば、訂正されることを歓迎します)。

Current state of mental training in other ski teams and sports
他のスキーチームやスポーツにおけるメンタルトレーニングの現状

My above observations aren’t intended as criticisms of the USST. The reality is that no national team has figured out how to systematically and effectively incorporate mental training into their country’s long-term athletic development program. I have had discussions with performance directors and coaches from most of the leading alpine countries and the message has been the same: They haven’t been able to to fit mental training into their development systems, so the European teams generally leave athletes to their own devices when it comes to mental training.
私の上記の見解は、USSTに対する批判を意図したものではありません。現実には、どのナショナルチームも、自国の長期的な競技開発プログラムにメンタルトレーニングを体系的かつ効果的に組み入れる方法を見つけ出せていないのです。私は、アルペンの主要国のほとんどのパフォーマンスディレクターやコーチと議論してきましたが、同じようなメッセージを受けました。

This hands-off approach is, however, at odds with the best practices found in other sports. For example, more than 75% of NCAA Division I athletic departments have full-time sport psychologists (who address both performance and mental health issues). Almost every NFL, MLB, and NBA team has a full-time mental coach. And, not surprisingly, Red Bull has a full-time staff of sport psychologists doing what Red Bull does in everything it invests in, namely, push the envelope of conventional wisdom and practices in athletic development.
しかし、このような手をこまねいたアプローチは、他のスポーツのベストプラクティスとは相反するものです。例えば、NCAAのディビジョンIの競技部門の75%以上が、フルタイムのスポーツ心理学者(パフォーマンスとメンタルヘルスの両方の問題に対処する)を持っています。ほぼすべてのNFL、MLB、NBAのチームは、フルタイムのメンタルコーチを持っています。そして、驚くことではありませんが、レッドブルは、レッドブルが投資しているすべてのもので何をしているのか、すなわち、スポーツ開発における従来の知恵と実践の限界を押し広げる、スポーツ心理学者のフルタイムのスタッフを持っています。

I would suggest that the situation that I’ve just described offers U.S. ski racing an incredible opportunity to lead and innovate in an area that other nations haven’t and to provide that piece of the puzzle that everyone in our sport says is so important, yet has not been fully leveraged. My ultimate goal is to help U.S. ski racing to fulfill its vision by encouraging the development of a world-leading mental training program which is fully integrated into its overall athlete development system from junior programs up to the top of the USST and that develops athletes who are comprehensively prepared for success at the highest levels of ski racing.
私が今述べたような状況は、アメリカのスキーレースに、他の国が行っていない分野をリードし、革新する絶好の機会を提供していると思いますし、私たちのスポーツの誰もが非常に重要だと言っているのに、まだ十分に活用されていないパズルのピースを提供することができます。私の究極の目標は、世界をリードするメンタルトレーニングプログラムの開発を奨励し、ジュニアプログラムからUSSTのトップまでの選手育成システムに完全に統合され、スキーレースの最高レベルでの成功に向けて総合的に準備された選手を育成することで、アメリカのスキーレースがそのビジョンを達成するのを助けることです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

”技術系””高速系”の問題ではない!

I don’t want to frame this discussion as “tech versus speed.” Presenting it as an opposing choice sets the discussion up to be more contentious and overly simplistic. It’s really a question of how to best facilitate alpine development, especially at the younger ages.
この議論を "技術対スピード "という枠にはめたくない。対立する選択肢として提示することは、議論がより論争的になり、過度に単純化されることになります。それは本当に、特に若い年齢層のアルペンの開発をどうやって促進するのが一番いいかという問題だ。

You need to do it all, and you need to do it well. General skill development at a young age is critical, and this whole topic needs to be broader: How do we fit all the pieces together?
すべてを行う必要がありますし、それをうまく行う必要があります。若い年齢での一般的なスキル開発は非常に重要であり、このトピック全体を広くする必要があります。どのようにしてすべての要素を合わせていくのか?

It’s a fallacy to say that I’m anti-speed. When I coached men, 12 athletes made the U.S Ski Team; 10 of those went on to race World Cup downhill, including Doug Lewis, Jeff Olson and AJ Kitt. When I moved to coaching women, three of the first four were also World Cup speed skiers, including Shannon Nobis and Katie Monahan, who both achieved top-three World Cup placings.
私が反スピードだと言うのは誤りです。私が男子のコーチをしていたとき、12人の選手がアメリカのスキーチームに参加し、そのうち10人はダグ・ルイス、ジェフ・オルソン、AJ・キットを含むワールドカップのダウンヒルに出場した。私が女子のコーチングに移ったとき、最初の4人のうち3人がワールドカップスピードスキーの選手で、シャノン・ノービス、ケイティ・モナハンはともにワールドカップで3位以内の成績を収めました。

The sport of alpine ski racing has evolved, and when that happens, there are three tendencies: One is to be stuck in the history of what happened in the past — and obviously knowledge of history is important, but it’s critical to avoid being entrenched in an outdated system. A more progressive approach is looking at what top programs and athletes around the world are doing and trying to replicate those strategies. You can build a good system that way, but you’ll never be great. Instead, we should aspire to develop a solid understanding of what has proven successful in the past alongside current best practices while looking forward to anticipate new trends. What are the externals and what’s coming next? This represents visionary planning and leadership.
アルペンスキーレースというスポーツは進化してきましたが、そうなると3つの傾向があります。1つは、過去に起こったことの歴史にとらわれてしまうことです。歴史の知識は明らかに重要ですが、時代遅れのシステムにとらわれないことが重要です。より進歩的なアプローチとは、世界中のトッププログラムやアスリートが何をしているかを見て、それらの戦略を再現しようとすることです。そのようにして良いシステムを構築することはできても、決して素晴らしいものにはなりません。それよりも、新しいトレンドを先取りしながら、過去に成功を収めたものを、現在のベストプラクティスと合わせてしっかりと理解していくことを目指すべきです。外部要因とその先にあるものは何か?これは先見性のある計画とリーダーシップを表しています。

Downhill really changed in the ‘90s. If you read the recent article written by Tom Kelly about AJ Kitt, he talks about the two Val d’Isere courses, one being more of a glider‘s course and the Bernard Russi-designed course for the 1992 Olympics being more technical. Over time, change in skiing has largely come through two factors: one is equipment and the other is the maturation of the sport. The evolution of equipment has led to higher speeds. As a result, in downhill and super G, they had to create more technical courses and set to control the speed.
ダウンヒルは90年代に本当に変わりました。トム・ケリーが書いたAJ・キットに関する最近の記事を読むと、彼は2つのヴァル・ディゼールのコースについて語っています。時が経つにつれ、スキーの変化は主に2つの要因によってもたらされてきました。一つは用具の進化、もう一つはスポーツの成熟です。その結果、ダウンヒルやスーパーGでは、よりテクニカルなコースを作り、スピードをコントロールするためにセットしなければならなかった。

In the 1990s, Werner Margreiter took over the Austrian ski team at a time when they hadn’t won a World Cup men’s overall title since Karl Schranz in 1968. At the time, to receive a World Cup start on the Austrian team, you had to specialize in one event, but their goal and their strategy shifted. They sought to have an overall winner within five years. They did it in four, and they actually started dominating the top five. They did so by establishing a slalom-GS team, a GS-SG team, and a SG-downhill team to ensure multiple discipline-start opportunities necessary to win the overall. After the first year, Werner said the SG-downhill group’s time had passed due to the evolution in men’s downhill. In speed, it was ultimately the GS-SG group that shined with the new trend in speed: dominance by great giant slalom and super G skiers. For the U.S., Daron Rahlves is a great example from this period into the 2000s — being world class in giant slalom, super G and downhill.
1990年代、オーストリアのスキーチームは1968年のカール・シュランツ以来、ワールドカップ男子総合タイトルを獲得していなかった時期に、ヴェルナー・マルグライターが就任しました。当時、オーストリアチームでワールドカップの出場権を得るためには、一つの競技に特化していなければならなかったが、彼らの目標と戦略はシフトしていった。彼らは5年以内に総合優勝者を得ようとしたのです。彼らは4年でそれを達成し、実際にトップ5を支配し始めた。そのために、スラローム-GSチーム、GS-SGチーム、SGダウンヒルチームを設立し、総合優勝に必要な複数の種目でのスタート機会を確保したのだ。初年度を終えたヴェルナーは、男子ダウンヒルの進化により、SGダウンヒルチームの時代は終わったと語った。スピードの面では、偉大なジャイアントスラロームとスーパーGスキーヤーによる支配という、スピードの新しいトレンドで輝いていたのは、最終的にGS-SGグループでした。アメリカでは、ダロン・ラルベスは、この時期から2000年代にかけて、ジャイアントスラローム、スーパーG、ダウンヒルで世界クラスの選手として活躍していました。

That’s the context that you have to look at our current landscape: Things have evolved, and they’ll continue to do so. And now we’ve gotten to the point where many of the recent top speed skiers first emerged in slalom.
これが現在の状況を見るために必要な文脈だ。物事は進化してきたし、これからも進化し続けるだろう。そして今、私たちは最近のトップスピードスキーヤーの多くがスラロームで最初に出現したポイントに到達しました。

If you look at the Leever Study, it shows that athletes tend to emerge earlier at the World Cup level in slalom compared to giant slalom — the speed disciplines come later. For women (who mature earlier than men), they’ve pretty much emerged by second-year FIS; they’re ranked top 200 in the world, or starting to score World Cup points.
リーバー研究を見てみると、ワールドカップレベルでは大回転に比べてスラロームの方が選手の出現が早い傾向にあることがわかります。女子(男子よりも早く成熟している)の場合、FIS2年生までには、世界ランク200位以内に入っていたり、ワールドカップポイントを獲得し始めていたりと、かなりの確率で浮上しています。

To do that, you need a lot of time on snow at younger ages, developing a high level of general skill and high volume of slalom training. (Use 15,000-20,000 slalom gates trained annually as a benchmark). You see many top young slalom skiers develop their giant slalom somewhat later. Most of what we do — slalom, GS, SG and free skiing — benefits giant slalom. But slalom, on the other hand, is a very specific discipline requiring specific training and volume. Another positive point is, every ski program in the country can provide quality slalom training and most can provide speed-skill elements. (It’s important to distinguish between days on snow and aggregate time on snow, but we may talk about that in a later piece.)
そのためには、若いうちに雪の上で多くの時間を費やし、高いレベルの一般的なスキルとスラロームトレーニングの量を開発する必要があります。年間15,000〜20,000人のスラロームゲートのトレーニングを基準にしてください)。 多くの若いトップスラロームスキーヤーがジャイアントスラロームをやや後回しに開発しているのを目にします。私たちが行っていることのほとんど(スラローム、GS、SG、フリースキー)は、ジャイアント・スラロームに利益をもたらしている。しかし、一方でスラロームは、特定のトレーニングと量を必要とする非常に特殊な種目です。もう一つのポジティブな点は、国内のすべてのスキープログラムが質の高いスラロームのトレーニングを提供することができ、ほとんどのスキープログラムがスピードスキルの要素を提供することができるということである(スラロームとGSを区別することは重要である)。(雪上日数と積雪時間を区別することは重要だが、このことについては後ほど話すことにしよう)。

Other important takeaways from the Leever Study on this matter include:
この問題に関するリーバー・スタディーからのその他の重要な指摘は以下の通りである。

・Most top American speed skiers in the past 20 years were great tech skiers as juniors (Miller, Rahlves, Nyman, Weibrecht, Ganong, Vonn, Mancuso, Shiffrin)
・過去 20 年間のアメリカのスピードスキーのトップ選手のほとんどは、ジュニアの頃に偉大な技術を持ったスキーヤーであった(ミラー、ラールベス、ナイマン、ワイブレヒト、ガノン、ボン、マンキューソ、シフリン

・This is also true for the majority of top speed skiers from other countries
・これは他国のトップスピードスキーヤーの大半にも言えることです。

・Today, 75% of World Cup top-30 downhill and SG men were sub-30-point tech skiers as juniors. It’s sub-20 points for women
・今日、ワールドカップのトップ30ダウンヒルとSG男子の75%がジュニア時代にサブ30点テックスキーをしていました。女子はサブ20点台

So, what do you need to become a top speed skier these days? It’s more about speed skill development and training than speed racing. Most people don’t look closely enough at how super G skill development transfers to downhill. At the elite level, there might only be a three-second difference between a downhill and super G on the same hill. When you’re young, you need to develop speed skills.
では、最近のトップスピードスキーヤーになるためには何が必要なのでしょうか?それはスピードレースというよりも、スピードスキルの開発とトレーニングです。ほとんどの人は、スーパーGの技術開発がダウンヒルにどのように反映されているかを十分に見ていない。エリートレベルでは、同じ丘でもダウンヒルとスーパーGの差は3秒程度しかないかもしれない。若いうちはスピードスキルを身につける必要があります。

As Dan Leever has stated, “Many roads lead to Rome.” There is a wide range of how the top skiers develop skill. An athlete from Squaw will tend to free ski a huge amount in varied terrain; a Buck Hill skier will tend to ski tons of slalom gates, and an eastern skier will have a mix, which is more oriented toward gates. The one thing they have in common: The great skiers all tend to ski more.
ダン・リーバーが "多くの道はローマにつながる "と述べているように トップスキーヤーがどのようにスキルを開発するかには幅があります。スコー出身の選手は、変化に富んだ地形で大量のフリースキーをする傾向があり、バックヒルのスキーヤーは大量のスラロームゲートを滑る傾向があり、東部のスキーヤーはゲートをより重視したミックススキーをする傾向がある。両者に共通しているのは、偉大なスキーヤーは皆、より多くのスキーをする傾向があるということだ。

It’s not about tech versus speed; it’s about how all of it works together. I believe if you develop with the necessary training to become a great tech skier and have the speed-skill development, then you can emerge in super G and downhill later. If you look at Mikaela (and I know many people are hesitant to use her as an example, but bear with me), she did a good amount of speed training when she was 12 to 14, but she never raced more than two super Gs in a year when she was young. Now she’s winning downhills. She spent a significant amount of time doing general skill development (often 16-24 days prior to gate training), trained copious amounts of high-quality slalom and giant slalom, AND had enough quality speed training, including forerunning NorAm super G races as a J3. To allow for enough general skill and gate volume she raced very little. At 14, despite competing in both Topolino and Whistler Cup, she only had 11 races with one super G at Whistler.
それは技術とスピードの問題ではなく、すべての要素がどのように連動しているかということだ。偉大な技術を持つスキーヤーになるために必要なトレーニングを受け、スピードスキルを身につけていれば、後にスーパーGやダウンヒルで活躍することができると思う。ミカエラを見てみると(彼女を例に出すのをためらう人も多いと思うが、我慢してほしい)、彼女は12〜14歳の時にスピードトレーニングをしていたが、若い頃は1年間にスーパーGを2回以上滑ったことがなかった。今ではダウンヒルで勝っている。彼女は一般的なスキル開発にかなりの時間を費やし(多くの場合、ゲートトレーニングの16〜24日前に)、質の高いスラロームとジャイアントスラロームを大量にトレーニングし、さらにJ3としてNorAmスーパーGレースの前哨戦を含め、質の高いスピードトレーニングを十分に行っていた。一般的な技術とゲート量を十分に確保するために、彼女はほとんどレースをしなかった。14歳の時には、トポリーノとウィスラーカップの両方に出場したにもかかわらず、ウィスラーでのスーパーGは1回のみで、11レースに出場していた。

Another important point is the goal of avoiding injuries among younger skiers. I looked back at some of the history we’ve had with strong groups coming out of Vail. One of the limiting factors was injury, so now we’re trying to prevent injury through periodization and higher levels of technical development. It’s pretty simple: The faster you go, the higher the force resisted. Add jumps into the mix, and you’re exposing your body to a lot more force and, therefore, the threat of injury. Developing superior tactical and technical skill is another important factor in reducing injuries. The top young skiers I worked with who had later success, especially in speed events, tended to have very high finish rates in training.
もう一つの重要なポイントは、若い選手の怪我を避けるという目標だ。ベイルから出てきた強力なグループの歴史をいくつか振り返ってみた。だから今は、ピリオダイゼーションとより高いレベルの技術開発を通して、怪我を防ごうとしている。とてもシンプルなことです。速く走れば走るほど、抵抗力が高くなる。さらにジャンプを加えれば、より多くの力を体にかけることになるので、ケガの危険性が高まります。優れた戦術的・技術的スキルを身につけることも、怪我を減らすための重要な要素です。私が一緒に仕事をしていた若いトップスキーヤーは、特にスピード競技で後に成功を収めていて、トレーニングでの完走率が非常に高い傾向にありました。

Finally, it’s important to include consideration of college skiing. We had a long period in the U.S. when our national philosophy was four-event development, but many of our national team athletes weren’t strong enough in tech events to race for the top teams at the NCAA level after they left the ski team. And let’s be clear, college is a viable route, so it’s important to make sure our athletes are able to pursue the NCAA pathway. The majority of U.S. ski racing families tend to place a high emphasis on higher education.
最後に、大学スキーへの配慮を含めることも重要です。アメリカでは長い間、4種目の開発が国の理念だった時期がありましたが、ナショナルチームの選手の多くは、スキーチームを辞めた後にNCAAレベルのトップチームでレースをするのに十分な技術種目の強さを持っていませんでした。そして、大学に進学することは可能なルートであることを明確にしておきましょう。米国のスキーレースファミリーの大半は、高等教育を重視する傾向があります。

I hear all the time that we’ve “always done it this way” or “this is how other great nations are doing it.” And I say, “Well, maybe we need to rethink that.” I guarantee Bill Belichick isn’t looking around the league to mimic what other teams are doing. He’s trying to innovate, not replicate. The U.S. system needs to figure out what’s coming next. And when we figure out where we need to go, then we need to get there as quickly as we can.
私たちはいつも "いつもこの方法でやっている "とか "他の偉大な国がやっている方法だ "という話を聞きます。私はこう言う "考え直す必要があるかもしれない" ベリックは他のチームの真似をしているわけではない 彼は革新しようとしている 複製ではない 米国のシステムは次に何が来るかを 把握する必要がある そして、どこに行くべきかがわかったら、できるだけ早くそこに行く必要がある。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



In his second contribution to our ongoing development series, veteran coach Kirk Dwyer addresses the evolution of sport and the emphasis on tech and speed in alpine development.

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年9月4日金曜日

W杯スラローム開幕戦、レヴィは女子だけの開催の可能性



Starten in Levi nur die Slalom Damen in die Ski Weltcup Saison 2020/21? ++++

Charly Seidlさんの投稿 2020年9月5日土曜日


スキーワールドカップの2020/21シーズンはスラローム女子だけがリヴァイでスタートするのか?

フランスのスラロームスペシャリストがサースフェーでトレーニングしています。その後もベルギーでのトレーニングが続きます。そこで彼らはピアのドームで活動したいと考えています。ここで彼らは何よりも素材と微調整に専念したいと考えています。

フランスのスラロームカルテットのリーダーであるシモーネ・デル・ディオは、少年たちの仕事に満足している。イタリア紙によると、クレマン・ノエルはすでに非常に良い初期のフォームをしているという。しかし、ジュリアン・リゼルー、テオ・レティートル、ジャン・バティスト・グランジもトレーニングの目標を超えています。特に若い父親のグランジは、娘が生まれてからのモチベーションが高い。

フランス陣営から学んだように、スラローム男子がラップランドのレヴィでスタートするかどうかはまだ定かではありません。ヨーロッパの極北の主催者は、レースの実現に向けて頑張っています。しかし、内部情報によると、FISはフィンランドではレディースのみがスタートとなり、土日に1レースずつ行うことを考えているという。コロナの流行により、男子は12月21日までアルタバディアでのスラロームシーズンを開始しないことになった。

シモーネ・デル・ディオによると、シーズン開幕に向けて臨機応変に準備を進めているという。今のところリヴァイのレースはカレンダー通りですが、変化にすぐに対応できます。後発のシーズンだけでも、11月に北欧で合宿をしたい。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
第76回国民体育大会冬季大会スキー競技会
poster_white


Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2021年2月18日(木)〜21日(日)


livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan
お天気情報